ダビデの遺言

今日のメッセージで牧師がダビデの遺言に触れ、
心に留まりました。
ダビデが死ぬ日が近づいて、息子ソロモンに残したことばです。

第一列王記2:2~4
「私は世のすべての人の行く道を行こうとしている。
強く、男らしくありなさい。
あなたの神、主の戒めを守り、モーセの律法に書かれているとおりに、主のおきてと、命令と、定めと、さとしとを守って、主の道を歩まなければならない。あなたが何をしても、どこへ行っても、栄えるためである。
そうすれば、主は私について語られた約束を果たしてくださろう。すなわち『もし、あなたの息子たちが、彼らの道を守り、心を尽くし、精神を尽くして、誠実をもって私の前を歩むなら、あなたには、イスラエルの王座から人が断たれない』

I am about to go the way of all the earth. So be strong, show yourself a man, and observe what the LORD your God requires: Walk in his ways, and keep his decrees and commands, his laws and requirements, as written in the Law of Moses, so that you may prosper in all you do and wherever you go, and that the LORD may keep his promise to me: "If your descendants watch how they live, and if they walk faithfully before me with all their heart and soul, you will never fail to have a man on the throne of Israel.

ソロモンへの遺言ですが、私にも語られていると思います。心を尽くして、精神を尽くして、誠実に、クリスチャンとして歩むことが今の私に求められているなと感じる今日この頃です。
[PR]
by martha2nd | 2010-05-23 23:31 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd