すべてのものが

詩篇29
9 主の声は、雌鹿に産みの苦しみをさせ、大森林を裸にする。その宮で、すべてのものが、「栄光」と言う。

私、この箇所好きなんです。
人間が認知していないところでも、野生の動物が産みの苦しみをしていたり、森林火災が起きたりしているわけですが、神様はそのすべてをご存知で、また、野生の動物たちも神様を知っていて、自然災害が神様によるものだということも知っていて、抵抗するわけでもなく、そこで生きたり死んだりしていく。人間は神様を知らなくなってしまったけど、大自然や動物たちは、神様を知っていて、神様の「栄光」を讃美しているのだなあ。
[PR]
Commented by にわ at 2010-07-07 23:58 x
この箇所に目を留めた事なかったです。なるほど。。。
昨日使徒の働きなのに、こんな記述あったけ。。。と想ったり。。。
ここ数年ほとんど読めてなかったですし。。
その前は自分の受けるところだけ必死で探していただけの感じだったし
そんな私にも神様の栄光がわかったからいいか。
最近はデボの「なな」はハバククで、神様の理解できない部分も再臨のときに全て解決するという部分に「なるほど」と想っていました
あっ。メールします;
Commented by martha2nd at 2010-07-08 21:59
☆にわちゃんへ
私も「こんな箇所あったっけ?」と何度か読んでるはずの新約聖書でも思うことたくさんあるよ。神様のことばは、そのときそのときの私たちの状態に合わせて、響きが違うし、心に残る箇所も違うんだよね。みことばは生きているから!
私たちもどんなときも、空を見て「栄光」と言える者になりたいね^^
by martha2nd | 2010-07-07 23:12 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd