親の祈り

夫は昨日からまた出張です。今頃広島にいます。
さて、昨日息子の保育園からのお便りに「親の祈り」というものが紹介されていました。
これは玉川聖学院の理事長、バートン宣教師が提唱しているものだそうです。

親の祈り

天のお父様、
私を良い親にしてください。

子どもたちをもっとよく理解できるように。

子どもたちが言おうとしている事を辛抱強く聞くことができるように。

そして、子どもたちの質問のすべてに親切に答えることができるように。

子どもたちの言葉をさえぎったり、否定したりしませんように。

礼儀正しくしてほしいと子どもたちに望むように、私自身が子どもたちに礼儀正しく接することができますように。

子どもたちの間違いを笑うことがありませんように。

そして子供たちに嫌な思いをさせられたとき、子どもをあざけったり子どもに恥をかかせるような対応をすることがありませんように。

利己的な満足のために、あるいは権力を誇示するために子どもたちに罰を与えることがないように助けてください。

正直さが幸せのもとであることを私の行いや言葉で示すことができるよう、いつも導いて下さい。

私の内にある意地悪さが少しでもなくなるようにと祈ります。そして、自分が不機嫌な時、主よ、どうぞ口をつぐんでいられますよう助けてください。

子どもたちがまだ子どもであり、子どもに大人の判断力を求めてはならないということをいつも心に留めていられますように。

子どもたちが時間をかけて自分で解決する機会を奪い取ることがありませんように。

子どもたちの正当な要求をすべて受け入れることのできるおおらかさと、子どもたちの害になると分かっている特権を否定することのできる勇気を与えてください。

どうぞ私を構成で親切な者としてください。どうぞ、主よ、子供たちに愛され尊敬され、そして手本にされる親となれますよう導いて下さい。

イエス様の御名によって祈ります。アーメン


子どもたちの害になると分かっている特権、ってなんだろう。。泣けば親の心が折れるとか?バートン先生はブログをお持ちのようなので、聞いてみようかな。

Exciteブログって中央ぞろえの機能がないのでしょうか。祈りの部分だけでも中央ぞろえにしたかった。。
[PR]
Commented by りぼにあん at 2012-04-27 00:26 x
いつも拝読しています。ファンの一人です。
たぶんその特権とは...親の欲とか期待とかそんな心の部分から知らず知らずに言動してしまうことではないかしら...と私は思いますよ。親は子育ての中で特権を持ってますからね。害とならない特権だけならいいんですけどね。
Commented by martha2nd at 2012-04-27 13:45
☆りぼにあんさま
いつも読んでくださっているのですか。ありがとうございます。この特権の意味、りぼにあんさんがおっしゃる意味かもしれないですね。バートン先生のブログは直接コメントが書けないようなので、これを紹介した保育園のほうに訊ねてみたいと思います。また、親戚の娘が玉聖に行っているので、バートン先生に機会があれば質問してほしいと頼んでみます^^
by martha2nd | 2012-04-26 09:32 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd