お賽銭

そういえば、スピリチュアルケアの研修でもう一つ心に残った講師の言葉があります。
それは、日本はご祝儀や香典など、何重にもお金を紙や封筒に包む文化があるのに、
初詣で神社に行き1年間の無病息災を祈るとき、そのときに払うお金はいわば「1年間の保険」ともいえる重要な意味を持つものなのに、裸の小銭をポイッと投げるだけのか、と。
確かにそうですよね。目からうろこでした。外国人だから気づけることですね。
[PR]
Commented by にわ at 2012-05-19 19:22 x
ずっとみてると気づかないもんだけど、本当、ポイ投げだね(爆
&
超小銭が大半だよね。行っても千円?なんの表しなのかっ。私もしてたけど、元夫は神全否定だったから初詣も手も合わせない。それがある意味正しい。(笑

葬儀は親族の気持ち重視だけど、
初詣とかは神様に向かうといえど、たいていは自分からの一方通行の願いだけだものね。
普段は無神論なのに死を目前にすると天国の話ししたり。。。
本当日本人って不思議ですね。
Commented by にわ at 2012-05-19 19:26 x
信仰はないけど、神様にはいてほしいてっていうひとがいるの。職場に。
とっても努力家で、尊敬できるひとです。
そういう人に神様が本当にいるの知って欲しい。
難しいけど。
Commented by martha2nd at 2012-05-20 07:12
☆にわちゃんへ
元ご主人、確かに一本筋が通っている!!(笑)

でも大半の日本人が何の疑問も抱かずにお願いは神社にしにいき、結婚式はキリスト教、お葬式はお寺、っていうのがほんと可笑しいよね。
職場のお友達、神様がいることを実感できるといいね!
by martha2nd | 2012-05-16 22:37 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(3)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd