生命線

この夏受けた神学講座はすべてカトリックベースのもので、
私はカトリックの一般の信者が、ほんの50年ほど前まで自由に聖書を読めなかった、
というのをこの夏初めて知りました。
ま、でも、キリスト教の初期から、いや、旧約聖書の時代から、
聖書は預言者とか司祭が解き明かすものであったわけで、
民衆は字も読めなかったし聴いて理解し、生活に適用していたんですよね。
カトリックのミサにも出てみたんですが、思っていたような豪華で派手な儀式的なものではなく、
初代教会はこんな感じだったのかなと思う、シンプルで簡素なものでした。
歌に伴奏もなく、誰からともなく(シスターたちが多いですが)歌い出し、
他の礼拝者も合わせて斉唱するというもの。

さて、聖書を50年前までカトリックでは一般信者は読めなかった、という話を
うちの教会の牧師にしたところ、
「カトリックは組織がしっかりしているからそれでもいいけど、
プロテスタントは信徒が成熟していないといけない。みんなちゃんと聖書通読しているのかなあ。
プロテスタントにとっては聖書通読が生命線でしょ」
と言われたんです。
はい、確かにプロテスタントは「聖書のみ」を主張していますから、
その信仰の土台である聖書を毎日よく読み、調べ、勉強するべきなのです。

私は聖書通読ははっきりいってしてなくて、牧師の言葉にはっとしつつも、
実は今日まで始めていませんでした。
でも今日から心入れ替えて聖書を通読しようと通読表に従って読むことに。
今日の箇所はイザヤ55-58.
私の心にとまったのは、形式だけの断食をしているイスラエルの民に神が言ったことば。
記録として。

イザヤ58章6-8節

わたしの好む断食は、これではないか。
悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、
しいたげられた者たちを自由の身とし、
すべてのくびきを砕くことではないか。
飢えた者にはあなたのパンを分け与え、
家のない貧しい人々を家に入れ、
裸の人を見て、これに着せ、
あなたの肉親の世話をすることではないか。
そのとき、暁のようにあなたの光がさしいで、
あなたの傷はすみやかにいやされる。
あなたの義はあなたの前に進み、
主の栄光が、あなたのしんがりとなられる。
[PR]
Commented by Niwa at 2013-09-08 16:30 x
当日読んで、落ち着いて書き込みしようと思っていたのが、その日もその日からもダメダメで(^ ^)
私が訪れたカトリックは豪華だったから、そういう素敵なところもあるんだって、気づかされました。
プロテスタントにもいろいろあるようにカトリックにもあるんだね。
ああ、最近マジダメダメなの。
今日もみ言葉貰えたけど、
お お互いがんばろ(*_*)
Commented by martha2nd at 2013-09-09 14:35
☆にわちゃん
豪華なカトリックもあるんだね。私はそっちはまだ未経験で。私もダメダメだよ。そういう自分を愛せるようになるのが課題かな。甘やかすんじゃなくて受け入れるっていうのかな。またランチしよ~~
by martha2nd | 2013-09-03 12:17 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd