8年前

a0107924_09340935.jpg



八年前の今日の夕刻、母が天に凱旋していきました。
この写真は翌日の早朝、母が闘病していた部屋を撮ったものです。
この部屋には、亡くなる前の1週間は母はいませんでした。
最期の1週間は激しい痛みをコントロールするために緩和ケア病棟で過ごしました。

もうこの部屋に、この家に、動いている母を見ることはないのだなあとハッとさせられて撮った写真。
写真の写真だから粗い画像ですが。。。

母ががんになったこと、最期に緩和ケアでお世話になったことなどが
私がスピリチュアルケアを勉強しようと思ったひとつのきっかけではありました。
もう一つのきっかけは、息子を妊娠中に、キリスト教系病院のチャプレンに出会ったこと。
後者のほうがきっかけとしては大きいかな。

ま、でもその学びは一時中断という感じです。
息子が小学校に上がり、いろいろと親としての責任があり、
また大事な時期だと思うので、この時期は息子のために時間を使おうという思いがあります。

再び学べる機会を期待しつつ、目の前の責任を果たしていこうと思います。
孫を直接見ることができなかった母も、天で、孫が立派に成長することを願っているでしょうから。
[PR]
by martha2nd | 2015-06-10 09:33 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd