迫害

NHK連続テレビ小説「あさが来た」のモデル、実在の広岡浅子さんが書いた「一週一信」という本を
少しずつではありますが読んでいます。
今日読んだところで、キリスト教と日本社会の関係は平和なように見えるが、これは日本社会がキリスト教を受け入れているからではなく、無視無関心なだけである、これこそ迫害ではないか?というようなことが書かれていて(原文は古い日本語です)、思わずハッとしました。
今まで考えたこともない新しい視点であり、真実だと思いました。

そして自分を迫害する者のために祈りなさいというイエス様の言葉は、一見平和な状態でも、いつでも有効であり、信者はこの言葉に従う機会がいつでもあるということだと思いました。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-30 12:31 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd