10年前

10年前の今日の夕刻、母が天に旅立ちました。膵臓がんです。

当時、夫も東京からしょっちゅうお見舞いに来てくれて、この日の午後いったん東京に帰ったのですが、羽田に着いた頃、母が亡くなり、熊本にトンボ帰りでした。急なことで熊本行きの飛行機に乗れず、福岡に行って、そこから高速バスで熊本に来てくれました。

まだ母が生きていたこの日の午前中、もう衰弱してほとんど動きもなく、眠っていることが多かったのですが、夫がもう母に会えるのも最後と思ったのか、「お義母さん、marthaちゃんを生んでくれてありがとう」と私の母に言い、私が「お母さん、いい息子ができて良かったね」と言った時、とても力強く母が頷いたのを覚えています。

そして夕方、もう最期の息をしているとき、母の目はずっと窓の外の空の方を見ていました。天からのお迎えが見えるのだろうか、と思うほどに。私が「お母さん、先に天国に行ったら、イエス様によろしくね」と言うと、このときも力強くうなずきました。

母は本当に衰弱しきっていたので、最期の日のこの2回の力強いうなずきは、私の記憶に強く残っています。

今頃、天国で何してるのかな(笑)

10年後の今日、私は今の今までしんみりする暇もありませんでした。なにしろ土曜日で、息子や夫の相手したり、畑仕事したり。

そういえば、息子が先日ヤゴを持ち帰り、結局玄関で飼うことになりました。釣具屋さんで赤虫を買って来て、与えてます。1人3匹持ち帰りのはずが、なぜか6匹も入っていて、唖然としてます。
a0107924_17061217.jpg

わかりますか?赤虫を食べるヤゴです。



[PR]
by martha2nd | 2017-06-10 16:45 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd