なんか最近

なんか最近きゅーんとするなあと思っていたら、
一年のこの時期は、ちょうど母がもう最期の闘病をしていた時期と重なるからですね。
肌に感じる気温や湿度、忙しそうに飛び回るツバメなどが、
当時を思い出させます。
なにより、私自身ががん闘病中の身になってしまいましたし。。。

今年は母が亡くなって10年です。
昨日のようであり、遠い昔のようであり。
先に逝った人は、天から遺された家族を見て、
どんな風に感じるのかな。
きっと天から見たら、地上の私たちが苦労に感じていることなどは、
ちっちゃなことだと文字通り俯瞰できるのでしょう。

私は自分はもう治った!
今やってる投薬は再発予防、と思っているんですが、
気持ちには波があります。いろいろ不安になることもあります。

それで私は今朝、この聖書のことばにこれから頼っていくことにしました。
ピリピ4:6-7
何も思い煩わないで、あらゆる場合に、
感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、
あなたがたの心と思いを
キリスト・イエスにあって守ってくれます。

[PR]
Commented by chatty at 2017-05-25 00:06 x
私達の母が旅立って10年になるのですね。
Marthaさんが仰るように昨日の事のようであり遠い昔の事のようであり、独身の私はどちらかと言うと悪い夢の続きのようでもあります。10年前に千の風になってと言う歌が流行り死を連想するこの歌をどうしても好きになれませんでした。
母は暑い夏が嫌いで、その暑い夏に逝きました。私はどちらかと言うと暑さには強く寒い冬が嫌いです。
今年は酷暑になるそうです。どうぞ身体に気をつけて心安らかに感謝して過ごしましょう。私はクリスチャンではありませんがこの回のブログでMarthaさんが教えてくれた、何も思い煩わないで、あらゆる場合に感謝の祈りをと言う言葉が胸に沁みます。
Commented by martha2nd at 2017-05-26 15:51
Chattyさん

この聖書の言葉がChattyさんの心に響いてうれしいです。

千の風になって、私も苦手でした。死というものを明るい気持ちで受け止めることは今もできません。

今年、母たちをしのんで、久しぶりに会いましょうね!
by martha2nd | 2017-05-24 15:17 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd