他人の苦しみに神を見る

昨晩は教会で祈祷会がありました。初めて祈祷会に来られた方がいました。この方は日曜に初めて礼拝にもいらっしゃった方です。

駅前の街頭で、うちの教会の若者がイエス様を伝える歌を歌っていたようなのですが、そこを通りかかって、教会のことを知って来られたのです。

人が教会に行くようになり、神とイエスを信じるようになるには、それぞれ様々な背景がありますが、この方のようにある程度人生を歩まれて、人生も半分以上を超えた人が教会に来る時には、何か苦悶の中にいらっしゃる場合が多いように思います。一方若くしてクリスチャンになる人たちは、親がクリスチャンで、神様がいることもイエス様が救い主であることも、小さな頃から当然のように受け入れていたという場合もあるし、仲良しの子がクリスチャンの家庭で、いっしょに遊ぶためにその子にくっついて教会の日曜学校に行っているうちに神様のことを信じるようになったという人もいるでしょう。私はこの中間というところでしょうか。

昨日いらっしゃった方と同じグループで祈ることになり、今この方が置かれている状況をお聞きして、お気の毒に思うと同時に、そこに神様が必ず働かれるという確信を覚え、これからのことが楽しみになりました。





この方が教会に来たのはこの方の気まぐれや偶然ではなく、神様が導かれたのだと信じます。

単身赴任で週末だけ家族のもとに帰るという生活が4年続いているそうです。初めの頃は一生懸命子供たちとも話そうと努力したそうですが、子供たちも高校生や大学生になると、普段顔を合わせない分、余計に話題がつかめなくなり、週末家に帰っても会話もなく終わってしまうそうです。寂しさを忘れるために余計に仕事に打ち込んだりしてしまって、空回りの悪循環で、もう行き詰まりまで来ていたのでしょう。そんなときに教会の若者と駅で出会ったのですね。お子さんのことを思い出させる年齢だったかもしれません。

昨日この方とお話をしていて、「このままではいけないと感じている。自分のできるところから変えていきたい」とおっしゃいました。どうか自分の力に頼らずに、神様に知恵を求め、家族の絆を修復していってほしいと思います。続けて祈りたいと思います。

人がこのような苦悶や試練を与えられるのは、まことの神に立ち返るためだと思います。クリスチャンになったあとも、試練は次々にくるものですが、そこで神様に祈る時、力と解決を得ます。神様は私たちをご自分の近くに引き寄せたくて、私たちに祈らせたくて、試練を与えられると思います。神様も私たちを苦しめたくてそうしているのではなく、私たちは愚かなので幸せなとき、充足しているとき、本来なら神様に感謝して感謝の祈りをささげまくるべきところですが、そんなことはすっかり忘れて、充足感に1人浸ってしまい、挙句には浮き足立ってとんでもない失敗をしたりするのですよね(経験者談:苦笑)。だから試練の中にあることは喜ばしいことかもしれません。

この間の日曜の礼拝メッセージで「悪魔のブラックリストに載るようになりたい」ということを牧師が言ってました。聖書ではほんの数箇所ですが、悪霊がしゃべる場面があり、新約聖書の「使徒の働き」でも悪霊がしゃべる場面が出てきます。そこで悪霊が「私はイエスを知っている。パウロもよく知っている。だかおまえは何ものだ」と、信じてもいないのにイエスの名前でまじないをしようとしていた人に言うのです。悪魔は、イエスのことも、神様を信じて疑わない人のことも、名前で把握しています。悪魔のブラックリストに載っていれば、試練に逢っても変な誘惑をかけてはこないでしょう。たとえば、「このお守りが今の辛い状況を乗り越えさせてくれるよ」というようなでたらめな入れ知恵をしてこないのです。

昨日祈祷会に来たおじさんは、現状打開のためにさまざまな悪魔の囁きがあったかもしれませんが、最終的には教会に行くことを選びました。悪魔のブラックリストにまではまだ載ってないかもしれないけど、「脈薄リスト」には名前が加えられたかもしれません(笑)

間違っても「脈ありリスト」や「上顧客リスト」には載らないようにしたいものです。そのためには聖書を毎日少しでも読むことが大切だなと思います。今神の存在を証しするもので手にとって、目に見えるものは、聖書だけなのですから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
[PR]
Commented by しのぶ at 2008-02-22 21:08 x
見よ、わたしはあなたと共にいる。
あなたがどこへ行っても、
わたしはあなたを守る。
私は決して見捨てない。
(創世記より)

初めて教会に見えた方にも、、「脈薄リスト」にあるおじさんにも、marthaさんにも、神様の見守りがあります。
Amen
Commented by martha2nd at 2008-02-22 22:55
☆しのぶさんへ☆
励ましとみことば、ありがとうございます。
このように言ってくださる神様に
気づかないときがどんなに多いことか。。。
反省させられます。
Commented by julytirol at 2008-02-25 22:52
こんばんは。ちろるです。ブログへのコメント、ありがとうございました。

「ブラックリスト」「脈薄リスト」のお話、面白いです。
現在、私はうつ病のために、なかなか思うように教会に行けないのですが、
折々にイエス様が傍におられることを感じます。
私も「脈なしリスト」くらいには載っているでしょうかね。
Commented by martha2nd at 2008-02-26 10:53
☆ちろるさんへ☆
コメントありがとうございます!
病気、お辛いですね。休職されたとのこと、気晴らしがたくさんできて、回復が早まるといいですね。お祈りに覚えます。
でも辛い時、人は神様と一番近くに居られるように思います。「病気のときは恵みのとき」っていう本がありますよね。病も益としてくださる神様に感謝します。
by martha2nd | 2008-02-21 12:31 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(4)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd