星野富弘さんの最新本

昨日、星野富弘さんの最新本『ことばの雫』を買った。
星野さんって、犬を飼っているんですね。
電動車椅子で、犬のみしんちゃんと散歩してるみたいです。
嬉しくなりました。
首から下は全く動かないので、あごや額で操作する車椅子の生活が、
もう30年以上。死に瀕したこともあるのに、星野さんがこんなに長く生かされているのは、
口に筆をくわえて描かれる美しい絵と、飾り気のないことばで心を洗われ励まされる必要のある人たちがたくさんいらっしゃるからなのだろうと思います。

そんな星野さんがこの最新本で書かれていた文章で、星野さんがどれだけ謙遜な人かがわかり、久しぶりに心が洗われる気がしました。
ちょうど30ページにこのように書かれているのです。
「これで人を励ましてやろうという高ぶった気持ちが
湧いてくることもある、そういう気持ちがちょっとでも
あったときは、それが消えるまで待つしかない。
消えないときは、いつまでも白紙のままです」

よく歌手やスポーツ選手や作家や今では一般のブロガーの人たちでも、
「少しでも皆さんを励ませたら」というような発言をするのだけど、
そして私自身、ブログに記事を書く時、そんなことを思うこともあったりするのだけど、
星野さんは、そんな気持ちがあるうちには、描かないし書かないのですね。
星野さんの絵や文章が人の心を打つのは、このような姿勢でいらっしゃるからなのですね。

a0107924_2252837.jpg

ランキングに参加しています。1日1クリック応援、ギガントサンクス!です。

クリスチャンブログランキングでの私の順位はこちら
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
文鳥ブログランキングでの私の順位はこちら
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
[PR]
by martha2nd | 2008-06-08 22:52 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd