癌研有明病院へ

東京に住む夫方の親戚が会社の健診で初期の胃がんがみつかり、
7月に胃の全摘手術を行うと聞いていたけど、病院のベッドが空いたのか、
急遽今日入院の月曜手術となったらしいので、
今日は夫の仕事が終わってからいっしょにお見舞いに行く。
健診で見つかったくらいだし、自覚症状もないということなので、
きっと超初期で、手術をすれば、王監督のように多少痩せるかもしれないけど、
元気になるだろうと期待している。
癌研有明病院って、よくテレビなんかで名前を聞くけど、
文字通り癌の治療には他の病院より優れているのでしょうね。
母も、こういうところで治療してたら、ちょっとは長く生きられたかな、
なんてちらっと思ってみましたが、膵臓癌はどこで治療しても
そんなに大差はないのかなあ。
さっき、癌研有明病院のホームページを見たら、「治療実績」を
誇らしげに書いてあるページがあったけど、その中に膵臓癌はありませんでした。
胃がん、大腸がん、乳がんなどは、発見が早ければ早いほど、
5年生存率が100%に近いのですね。
私たちが母の病気を知って、手術もできない状態だと分かると、
手術ができる癌になった人がうらやましかったものです。
でもそのときの気持ちは、今思えば間違っていたと思います。
手術をしても再発する人はいるし、実際母の看病で大学病院や
ホスピスに行ったり、母の死後も癌や死に関する勉強会に出かけたりしたとき、
癌で死に瀕している人、または実際に亡くなった人は、
膵臓癌だけとは限らないし、胃がんや大腸がんで亡くなった人の話も
たくさん耳にしたからです。

癌は本当に恐ろしい病気ですね。
癌研有明病院はじめ、各地のがんセンター、大学病院やその他の研究機関の方々に、さらなる研究をお願いしたいと思います。よろしくおねがいします。


ランキングに参加しています。1日1クリック応援、ギガントサンクス!です。

クリスチャンブログランキングでの私の順位はこちら
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
文鳥ブログランキングでの私の順位はこちら
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
[PR]
Commented by Chatty at 2008-06-21 01:14 x
カークさんのご親戚に胃癌が見付かったとのことお見舞い申し上げます。でも、有明癌研で手術できるのはラッキーです。私の知り合いの方も、近所の病院では余命まで宣告されたのに有明で開腹手術ではなく、腹腔鏡手術で順調に回復され、3年経った今は元気にしてらっしゃる方がいます!母も本当は有明を希望していたのですがセカンドオピニオンでさえ順番待ちに耐えられませんでした。。。
今も、近くの、あの病院でなく有明だったら、東大病院だったらなんて考えてしまいます。。。(涙)

マーサさんの周りは結婚ラッシュですか?めでたいですね!わたしもお友達のようにスピード婚をめざしたいです(笑)
Commented by martha2nd at 2008-06-21 08:01
☆Chattyさんへ☆
病院の差ってありますよね。でも癌研でも膵臓癌は実績がよくないのか公表してありません。膵臓癌の治療法はまだまだ発展途上ですね。
夫の親戚(いとこ)もセカンドオピニオンで癌研に飛び込んだみたいですが、元々行っていた病院の先生が良い先生で癌研への紹介状も書いてくれて早めに診察してもらえたみたいです。

スピード婚、かなうといいですね!
by martha2nd | 2008-06-20 08:07 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd