もしあのとき

今日は診察でした。入院翌日の月曜の診察でも羊水はほとんどなかったので私は不信仰なのかあまり期待はしていませんでしたが、やはり羊水が増えた様子はありませんでした。
今日の医師は周産期センター(身体に問題のある新生児と母胎の両方を診る)から週に一度来て、私のように大なり小なりトラブルを抱えた妊婦を診ているみたいです。大変誠実な医師だと感じています。正直だし、夫婦の今後のこともよく考えて時間をたくさん割いて話されるからです。この人が中絶をすすめる理由もひとつは私達が法的に許されている間に面倒なことから解放されるようにと思ってくださっていると思います。そしてもうひとつの理由は新生児医療に携わる立場として、正直なところ私達のケースのような児は助からないのに、もし22週を越えたら医師として最大限の努力をしなければならないのに報われない結果となり、また、医療機関としての治療成績を落とすことになるから、両親に権限がある間に生きる望みのない児は処分して自分達の責任を軽くしてほしいという本音があると思います。
でもこれは親が「うちの児を助けてください」と言った場合です。ほとんどの親がこう頼むので医者は辛いみたいです。
私たちは、児が生きている間はこちらから児の命を絶つことはしない意思を伝えました。医者は、児の生命力にかける、自然にまかせる、というのも1つの選択ですねとおっしゃいました。中絶して一生苦しむ女性のこともたくさん知ってるゆえに理解を示してくださいました。
そして自然にまかせるという延長で、生まれた児が助かる見込みのない場合、看とりという考え方もあることを教えてくれました。インターネットでちょっとかじってはいましたが、欧米ではホスピス同様進んでいて、末期がんのホスピスのように治る見込みがない新生児に積極治療をしないで安らかに看とるのだそうです。私たちは、子どもの状態によっては看とりたいと思いました。
今回のことを通しても産科の医師になる人が少ない理由がよくわかりました。こんなヘビーな話、夫婦の将来まで左右するような決断を迫らなければならない立場、治る見込みのない児をどうしても助けてほしいと言われる苦しい立場。この仕事を敢えて選んでいる医師たち、しかも報酬も開業医と比べれば少ないのに勤務医を続けている人たちはなかなか尊いと思いました。今日診てくれた医者は3日連続で同じ話をしているそうです。私と同じ症状の人が他にもいるんだなあと思いました。 私の行く末ですが、赤ちゃんが羊水がなくて窮屈で出てきたくなるまで病院にお世話になろうと思います。なんかあったときすぐに診てもらえますし。安心です。

ここからタイトルに関係する話に変わりますが、今回のように自分の意思に反して起こることってありますよね。原因不明かもしれないし、自分の不注意や努力不足かもしれないし、事故的なものかもしれない。相手あってのことかもしれない。人生をふりかえって「もしあのとき違う結果になっていたら」と思うこと、たくさんあります。
あの時あの人を好きになっていなければとか、あのとき良い成績をおさめていればとか、あの大学に受かっていればとか、あの会社に受かっていればとか。母がもっと長生きしてれば、とか。 でもそういったことの全てが、そのときは納得いかないことでも、今振り返れば、神様によって恵みに変えられてきたことに気付くのです。まず何より悩みを通して神様にそのたびに近付けられること。そして、若いころ思いえがいていた道通りに進めなかったおかげで、夫に出会えたと思います。お互い弱さもありますが、同じ信仰に立ち、私を愛してくれる夫です。毎日会社帰りに病院に寄ってくれます。私と子どものために祈ってくれます。家のことも多分頑張ってくれてると思います。私は寝てるだけだけど、夫が過労にならないか心配です。私としょうちゃんに加え、夫のことも是非応援してくださいm(_ _)m 今回のことも、後でふりかえったときに、恵みに変えられていたことに気付く日が必ず来ると信じます。
追伸 今日は介助の方に体を洗ってもらいました。足など、指の間まで洗ってくださって、心から感謝しました。また、お見舞いも二人ありました。私が暇だろうとパズルなどの本をいくつか差し入れてくださいました。昨日も三人、突然のお見舞いに驚きましたが嬉しかったです。産後で入院してる人より見舞い客が多いです(^_^)v
[PR]
Commented by N at 2008-07-18 07:15 x
おはようございます!しょうちゃん と 証ちゃんママ!!^^
ことばがないんです。 主を崇めます。 まさにそうできたらいいのにと思う最高の方法をすでに選んでおられて、すばらしいなぁ立派だなぁと思ったからです。 ついこの前私がまさにこういう記事を読んでいたから。 
主にあって大丈夫だと信じます。(導かれる道が!)
辛いでしょうけど・・・けど。。。きっと 「これでいいんだ」という思いでママさんとても平安な部分もかみしめておられると思います。
+m(--)m+ 祈ってます。大切な素晴らしいご主人さまのためにも もちろん 主よよろしくお願いします。
Commented by yoko at 2008-07-18 10:20 x
marthaさんらしい決断だし
それが、一番後悔しない選択でしょううから
応援したいです。
ただ妊娠中毒症とかの、母体のリスクもかかえるのでしょうから
marthaさん自身も自分を大切にする事を忘れないで下さいね。

私だったらどうだろう・・・?
marthaさんと同じ状況になったら・・・
怖くて中絶してしまうかもしれません・・・・(汗

marthaさんの強さは、お母様譲りでしょうか。
私は、キリスト教の祈り方を知りませんが
marthaさんと
しょうちゃんと
旦那さまの無事をお祈りしています。
Commented by kiyo at 2008-07-18 10:29 x
正直に(つらいことも)話してくださるお医者様でよかったですね。確かに産婦人科の先生はつらいだろうなと思います。親から訴えられることも多いそうですし・・・(どうしようもない場合でも)。それをこの状況で理解できるMarthaさんてすごいなと思います。

神様のお導きでしょうちゃんもMarthaさんもご主人も皆が前を向いて歩けますようにお祈りしています。
by martha2nd | 2008-07-17 21:36 | Comments(3)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd