捨てる前に

2005年のカレンダーをまだとっています。
それは書いてあることがためになるから。
でもそろそろ捨てたいと思います。
だってもうすぐ2009年になるんですからね。
でも捨てる前に、そのためになる内容をメモっておきたいと思います。
みなさんにもきっと役立つと思うのでこの場でシェアしますね。
まずは出典をはっきりさせないといけないですね。
小牧者出版「『幸いな人』カレンダー2005 心いやされる7エッセンス」より。

要旨のみメモります。
心癒されるための3ステップ
1.気づき
 傷ついた自己イメージはないか。
 触れられると過剰反応して怒りが噴出す部分はないか。
 不安と恐れにかられることはないか。
2.いやし
 そのような反応の出所を知り、神様にいやしを求める。
3.新しい生き方の選択
 神様の愛に包まれながら、新しいライフ・スタイルを築き歩み始める。

みことば:神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷ついた道があるかないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。(詩篇139:23-24)


正しい自己イメージを持つ3原則

1.ガンバリ人生をやめる
2.自分はダメでもそのままの自分を神様が愛してくださっているからOK!(自己弁護、弁解をしない)
3.神の子どもとしてのプライドを持つ。

みことば:わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(イザヤ43:4)

悲しみを乗り越える4ステップ
1.過去の悲劇から目をそらさず事実と向き合う
2.気持ちを偽らないで十分に悲しむ
3.怒り、恨みを解決する(災いを招いた人、自然、自分自身を責め続けているなら、十字架のゆえにゆるす。すべては計り知れない神様のご計画の中で起こったことだから)
4.神様がすべてのことを益としてくださることを信じて新しい歩みを始める

みことば: 悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。(マタイ5:4)

不安と恐れを乗り越える3ステップ
1.不安と恐れのきっかけを探す
2.私たちが不安と恐れの中にいたときにも、神様が守ってくださっていたことを再確認する
3.今まで恐れて逃げていたことに、あえてチャレンジする。「神様がいてくださるから大丈夫」という体験を通して、恐れを克服する。

みことば: 主は私の味方。私は恐れない。人は、私に何ができよう。(詩篇118:6)

感情をコントロールする3ステップ
1.自分の感情を認める
2.自分の反応パターンを知る
   どのような出来事がきっかけでその感情がわきあがったのか、
   それはその出来事をどのように考えたためか、
   その結果、どんな感情にとらわれてしまうのか。
3.新しい反応(自分で勝手に解釈して感情を作っていたことを認め、新しい解釈・反応をする決心をする。)

みことば: 怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。(エペソ4:26)

気持ちを伝える4つの方法
1.自分の気持ちを抑制しない。(気持ちを隠していると、ことばの端々で嫌味や意地悪な表現になってしまう)
2.怒りにまかせて気持ちを伝えない
3.言葉遣いや態度において素直に、肯定的に、自分の気持ちを伝える
4.相手の反応の一喜一憂しない

みことば: 良い返事をする人には喜びがあり、時宜にかなった言葉はいかにも麗しい。(箴言15:23)

ゆるすための4つの指針
1.自分も罪人であり、自分も神にゆるされた存在であることを知る。
2.相手が変わるかどうかは主にゆだね、その人を神様が愛していることを覚える。
3.その人を、自分の信仰と人格を練るために神様が遣わしたトレーナーとして見る。
4.自分こそ相手に対してわだかまりを感じ、さばいていたことを悔い改める。

みことば: 神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。(エペソ4:32)
[PR]
Commented by にわ at 2008-11-18 22:22 x
めも、ぎくっ。。としたところがありました。
過剰反応するところがあったから`。。
その他のところも、よくまとまっていて、改めて
自分に置き換えて考えやすいですね。
私はコピペしてトイレに張ろうかな。。。

Commented by martha2nd at 2008-11-19 23:00
☆にわちゃんへ
ぎくっとしますよね。
3年間、捨てられずにいたのもわかるでしょう?
私たちは感情に流される弱い者ですよね。
神様がいつも必要です。
私もコピペしてトイレに貼っとこうかな。
Commented by まりりん♪ at 2008-12-30 10:46 x
☆はじめまして、み言葉ありがとうございました。 わたしの心のなかにも そのような勇気づけられる言葉が あふれんばかりに いつもいつもあったらなあ と そうねがっています。ありがとう2008 そして2009に おおくの しあわせを。☆
Commented by martha2nd at 2009-01-01 00:19
☆まりりん♪さんへ
コメントありがとうございました。まりりんさんの2009年が祝福されますように!
by martha2nd | 2008-11-17 22:04 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(4)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd