墓にはいない

昨日の日曜日、また私は夫に子守をたのみ、午前中に礼拝に行きました。私はそれほど礼拝に行きたかったわけではないのですが^^;、「私は大丈夫だよ」と言うと、「大丈夫とかの問題じゃない。礼拝は守るべき。来週は僕がどうしても教会に行かないといけないから、今週はマーサが行ったほうがいい」と言われました。私のほうが先にクリスチャンになったのに、やはり教会の役員とかやってると信仰が成長するものなのでしょうか・・・・。

信仰をリードしてくれる夫像は私の理想なので、お従いしました。

礼拝から家に帰るとき、ジャックのお墓のパトロールに行きました。
墓石は無事でした。石が積んであると、公園で遊んでいる子どもたちが崩したくなるんじゃないかと、いつもハラハラしていますが、守られています。
a0107924_1654595.jpg


余談ですが、ジャックのお墓がある公園には、猫アパートがあるんですよ。しかもトイレ付!
a0107924_1654465.jpg


さてこの日の礼拝はルカの福音書24章1~12節からのメッセージでした。
「イエスは墓にはいない」というタイトルでした。イエスが処刑ののち3日目によみがえられたことが、本当のことであることをあらためて確信しました。

4つの福音書に、イエスの墓石が動かされ、中が空だったことを最初に発見したのは女たちだったことが書かれています。当時のユダヤ人社会で女性には証言する資格がありませんでした。もしイエスが墓からよみがえられたことがでっち上げなら、でっち上げた人はその話の信憑性を高めるために、第一発見者を女とするような馬鹿な真似はせず、男にしたはずなのです。でも4人の福音書の記者が全員、この事件の発見者が女性だったことを記録しているのは、このことが本当のことにほかならなかったからだって。

もちろん信仰とは目の前で起きていないことを信じることなので、このように論理的な説明はいらないのだけど、論理的にも科学的にも、聖書って意外に説明つくものなのです。だって本当のことだから。
[PR]
Commented at 2009-02-16 19:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みみうさぎ at 2009-02-17 00:32 x
悲しい想いをしましたね。
証君との毎日で気持ちが紛れていることでしょう。
すももちゃんのお墓も、うちのバルコニーから見えるんだ。
今頃、ジャックは虹の橋を渡って、暖かく友達が沢山いる世界に着いたかな。
証君、日に日に可愛くなるね。
ご主人の写真、うけるよ~
Commented by martha2nd at 2009-02-17 13:45
☆Sさま
コメントくださってありがとうございました。土曜日に投函予定です^^
Commented by martha2nd at 2009-02-17 13:46
☆みみうさぎさんへ
ありがとうございます(;;)
今頃すももちゃんと遊んでるかなあ。天国は狼と子羊がともに伏すところだから、きっと猫と小鳥もいっしょに遊ぶと思います^^
夫の写真、うけるでしょ~(笑)
by martha2nd | 2009-02-16 17:20 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(4)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd