献児式

このブログ、ブログ村の「クリスチャンブログ」ランキングに参加しているのですよ、実は。入院以降、リンク貼るのが面倒になって、幽霊部員みたいになっているのですが^^
「子育てブログ」ランキングに参加したほうがよさそうな内容になってきていますが、今もキホンはクリスチャンブログに分類されるつもりでおります(笑)

それでたまにはそれらしく・・・・一昨日の礼拝メッセージのメモを残したいと思います。
聖書箇所はテモテへの手紙。テモテへの手紙を通してパウロがテモテにさまざまなことを教えているが、その根底に貫かれている最も重要な教えは「ゆだねられたものを守りなさい」ということ。ゆだねられたもの、とは、イエス様が与えてくださった福音のこと。

自分のオリジナリティを出そうと、聖書の教えに自分の考えを混ぜた人たちがこれまでにいて、いわゆる新興宗教とか異端というものになったのだけれど、ゆだねられたものは変えていいものではない。足したり引いたり曲げたりして伝えていいものではない。ゆだねられたままを守って、後世に伝えていかなければならない。パウロがテモテに教えたように、次の世代、次の世代へと、ゆだねられたものを守って伝えてきた人たちがいたから、2000年前の教えが今日本にいる私たちにも正しく伝わっている。

オリジナルはイエス様。ゆだねられたものを守ることは、消極的なことではない。私たちもゆだねられた福音を忠実に次の世代に伝えよう!!

私たちの信仰が証君にも継承されますように。

次の日曜日、ちょうど子どもの日や男の子の節句の時期でもあり、この節句の由来や宗教的な意味はよく分からないし、親として私たちは全然意識してなかったのだけど、私の父も、夫の両親も、「初節句」を重んじているようなのでその気持ちも酌みまして、「クリスチャンは節句はお祝いしない」とか堅苦しいこといわないで、初節句に合わせて「献児式」をしようと思っています。もう一人の4ヶ月の赤ちゃんもいっしょに^^

献児式とは、読んで字のごとく児を献げる式。とはいっても、この式をすると証君が自動的にクリスチャンになるというものではありません。これは親側の信仰告白で、「この子は私たちの家庭に与えられた子どもですが、与えたのは神様であり、この子は私たちの所有物ではなく、この子の命、人生は、神様の御手にあります」という信仰を改めて明らかにするものです。5分くらいの短い式です。

私たちが、神様に与えられた親としての責任を、日々祈りつつ果たしていけますように。証君が神と人に愛される子どもに成長する手助けをすることができますように。
[PR]
Commented by MIKU at 2009-04-28 18:51 x
礼拝メッセージのシェアをありがとうございます^^
「ゆだねられたもの」=福音なんですね。
最近「聖書の教えに自分の考えを混ぜた人たち」に何人か会いました。本人達はそれに気付いていないようで・・・でしたし恐ろしく感じていました。
「ゆだねられたものを守って伝えてきた人たちがいたから、2000年前の教えが今日本にいる私たちにも正しく伝わっている。」
本当にそうですね。子ども達にも正しく継承していきたいです☆
長男の時に始めて献児式をして頂きましたが、とても感慨深かったです。楽しみですね^^
証くんが神さまと人から愛される子どもに成長されますように心を合わせて祈ります☆
Commented by けろちゃん at 2009-04-29 10:58 x
献児式、楽しみですね! いつも献児式の度に、ハンナがサムエルをエリに託した時の気持ちを思い出します。どうか、証ちゃんが、これから、神と人とに愛される人生を歩んで行きますように。また、彼の親としての役割を神様からいただいたお二人が、ますます証ちゃんとともに、祝福されますように! 
カテゴリー、「キリスト教育児」もどうぞよろしく(笑)。人数、少なすぎなので(笑)。
Commented by martha2nd at 2009-04-30 10:11
☆MIKUさんへ
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます。
信仰の継承は親にとって一番の願いですよね。
自分ではなかなか聖書や祈りを生活の中で第一にできないのに、子どもにはしてもらいたいと思ってしまいます。それが一番の幸せへの道だと分かっているからです。ということは、自分もそうしなければ、また、神様も私がそうすることを願っておられる、ということに気づかされます。
証の献児式のためにもお祈り感謝です^^
Commented by martha2nd at 2009-04-30 10:18
☆けろちゃんさんへ
そうですね、ハンナのような気持ちで献児することができますように。
「キリスト教育児」・・・。あまりキリスト教っぽい育児してないので気後れします^^;
たくさんカテゴリを増やすと、ポイントが分散されてランキングが下がっちゃうし。自分自身はランキングは気にしていないけど、もしこんなブログからでも神様のことに興味を持ってくれる人がいるなら。。。と思うので、人の目に留まるくらいの位置にはいたいのですよね。それならリンク貼れって話ですが^^;

けろちゃんさんは、たくさんカテゴリに参加しているのに、常に上位にいてすごいなあって、いつも思います。祝福ですね!証しのために用いられますように。
by martha2nd | 2009-04-28 11:37 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(4)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd