丸2年

2年前の今日の夕刻、母は天に飛び立ちました。
そのときのことはこちらに書かれています。
激しい痛みを抑えるために鎮静剤を使い、最期の数十分は表情から傷みは全く感じていなかったと思います。斜め上の窓のほうを見て、天からの使いが迎えに来るのを懐かしいような気持ちで待ち望んでいるように見えました。たくさんの人が母を見つめていたのに、だれもその生と死の境に気づかないほど静かに、母はこの地上での生を終えて、地上では「死」と呼ばれる、しかし本当には「永遠の命」の世界に旅立ったのです。

この世のことでいっぱいいっぱいになりがちな私ですが、時折母のいる天に、永遠の世界に思いを馳せ、そこを目的地に今私は旅をしているのだということを思い出す必要がありますね。6月10日はそのよい機会です。

翌日、夕焼けの中執り行われた前夜式の甘美な空気は忘れられません。
そのときの写真はこちらです。

そして葬儀の日も、梅雨の晴れ間・・・喪服でいらっしゃっている会葬者の方々に申し訳ないほどカンカン照りでしたが・・・で、天と地をさえぎるような雲はひとつもなく、私たちは母のいる青空の下で、母の体と最期の別れをしたのです。

美しい葬儀の模様はこちら

お母さん、今日は天国で何をしていますか?讃美の歌を歌っていますか?讃美の踊りを踊っていますか?
いつか一緒に歌って踊りましょう!
[PR]
Commented by yoko at 2009-06-10 12:59 x
あれからもう2年になるんですね・・・。
marthaさんは、証ちゃんが産まれて、すごい変化のあった2年だったと思います。
私も、あと3カ月位で3回忌の法要です。
3回忌は、区切りの年といいますが、1年目と2年目って
やはりだいぶ気持ちの上で違うと思いませんか?

早く証ちゃんを連れてお母様のお墓参りができるといいですね。


Commented at 2009-06-10 17:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Chatty at 2009-06-10 21:21 x
心に染み渡る言葉です。お母さん、今日は天国で何をしていますか?母の死から2年、信仰の無い私は人は死んだら本当に天国に召されるのか、何もなくなってしまうのではと思うこともあります。まだ消化し切れていません。。。YOKOさんが仰るように証ちゃんを連れてお墓参りができるといいですね。あと、お婆さまとも会えるといいですね。
Commented by MIKU at 2009-06-11 01:47 x
過去記事読ませて頂き、苦しいさなかに「ありがとう」と言われたお母様の言葉に涙が出ました。
闘病中は本当におつらかったと思いますが、今はイエスさまの元に凱旋されて目の涙もぬぐって頂いて、marthaさんと証くん、ご主人のことを見守っておられるのだと思います。
私の母はもうじき70歳で、週3回透析をしています。
母も主を信じてmarthaさんのお母様のようにイエスさまの元へ行ってほしいと思いました☆
Commented by martha2nd at 2009-06-11 22:26
☆yokoさん
コメントありがとうございます。お互い、早いもので2年ですね。
そうですね、1年目と2年目は気持ちがだいぶ違います。1年目はもっとしんみりでした。今年は証がいるせいもあるかもしれませんが、頭ではしんみりしたいしそうすべきなのかもしれない、と思っているのに、心がいまいちついていかない感じです。母に申し訳ないような。でも母はもう天国で全然大丈夫だし幸せなんだから、しんみりすることもないのだよな、とも思います。お母様の法要が、きちんとできるといいですね^^
Commented by martha2nd at 2009-06-11 22:37
☆Chattyさんへ
ブログでたくさんの同志を得ながら、母親を侵している膵臓癌と闘っていたときからもう2年ですね。私も母が亡くなって直後、ときどき、「もし天国なんてなかったら」と不安になるときがありました。最近は不思議とそういう不安はなくなりましたが。最近の不安は、自分も膵臓癌で死ぬのかな。。。とか、そんなこと考えてます^^; 早く膵臓癌の早期発見と効果的な治療法が確立されてほしいですね。
Commented by martha2nd at 2009-06-11 22:40
☆MIKUさんへ
過去記事読んでくださったのですか。ありがとうございます!
そうですね、母は今頃目の涙をすっかりイエス様にぬぐってもらって、私たちを見つめてくれていますね。
お母様は透析をされているのですね。通院大変ですね。イエス様と出会って、通院中も透析中も、体は辛くても心に喜びがある日々が近いうちに与えられるといいですね。
by martha2nd | 2009-06-10 10:53 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(7)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd