待ちに待ったコンサート

昨日は、教会でコパン(ご夫婦のゴスペルフォークデュオ)のコンサートがありました。
待ちに待っていたんですよ、私。もう5年位前、「くじらのほっぺ」というコパンのCDと絵本(みなみななみさん作)のセットをいただいて、コパンの音楽が気に入ってファンになっていたので。
コパンのブログもよく読ませていただいているんです。奥様のしょうこさんの生活することへの姿勢、子育ての姿勢から、たくさん学ばされています。お子さんのかずおくんとも直接会えて、お話しできて、すっごく嬉しかったです。いつも写真で見るだけだったけど、写真以上に可愛い男の子です。
生まれて間もないかずおくんが九州から飛行機でお二人の待つ羽田にやってきたと聞いて、九州人の私はますますかずおくんに親近感を持ってしまいました。
13年間子どもが与えられなかったお二人に、3年前の12月、「クリスマスプレゼントです」とかかってきた1本の電話。育てられないと分かっていても産む決心をしてくださったかずおくんの産みのお母さんに感謝します。だってそのおかげで今かずおくんはコパンのお二人にこんなに愛されて育てられているのですから。
「小さな命を救う会」がもっともっと祝福されますように。

素敵な歌と歌の間に、お二人それぞれの、また夫婦としての、そして親としての証しが織り交ぜられて、多くのことを教えられた素敵なコンサートでした。

かずおくん、来月3歳になるんですが、ブログでキュウリを切ったりしてお手伝いしている写真を見たことがあったので、私が「かずおくん、キュウリ切れるんでしょう?すごいね」って言うと、「こんどかずおくんのおうちに遊びに来て。そしてきゅうりを買って、きゅうりを切って食べさせてあげる」ってお誘いを受けました(笑)。うれしい!!

いつかまたプライベートでかずおくんとEliを一緒に遊ばせることができたらうれしいです。
昨日もいっしょにベビーベッドに入っていたけど(笑)。その写真、私の宝物になりそうです。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-30 16:55 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd