2017年 12月 04日 ( 1 )

最近読んでいる本に、
女性ホルモンを牛などに投与することで、
30%少ない餌で太らせられ、
早く成熟する、と書いてありました。
だからそういった肉には女性ホルモンがかなり残留していると。
さらに調べると、ホルモン剤投与で、
肉が赤身になりやすい、とのことです。

私は愕然としました。
私は肉の脂身がきらいで、牛肉などはできるだけ赤身を選んできました。
輸入肉に赤身が多いので、国産牛より安いし、
輸入肉を買うことが多かったように思います。
今年になってほとんど肉は食べていませんが、
去年までの数年間は、
息子が肉好きだし、しかもミートソースとか、
タコライスとかが好物で、
牛ミンチを使ったものをしょっちゅう作っていました。
息子を大きくしたくて、子供の身長を伸ばすための本とかも読むと、
赤身の牛肉がいいとも書いてあるじゃありませんか。

だから、私も家族も、ここ数年でかなり赤身の牛肉を食べたと思います。

私の乳がんは女性ホルモン受容体陽性です。
女性ホルモンを餌にするタイプで、乳がんの多くがこのタイプです。
乳がん、卵巣がん、前立腺がんなど、ここのところ増えているがんはほとんどホルモンが関係するがんです。

なんと、私は女性ホルモンが多く残留している肉を何年も食べ続け、
ガンを育てていたようなものです。冷や汗。
私は今、毎日ノルバデックスという抗女性ホルモン剤をのんでいます。
これをのみながら肉を食べ続けていたら元の木阿弥でした。
病気になってからお肉食べないことにしていてよかった。

だからホルモン受容体陽性のがんの方に、
食べるならできるだけ国産の肉を選ぶようにお勧めします。

でも牛や豚や鶏も感情があり、恐怖心を持ったり、喜びを感じたり、眠っているときには夢もみる。
殺して食べるというのは、確かにお肉っておいしいんだけど、
本当に人間のわがままですね。
かわいそうなことをしてきました。
8年ほど前購入したうちのソファー、牛か豚の皮でできてます。2匹分くらい使ってあるかも。
この皮の持ち主が、そのうちに殺されるなんて知らずにのんきに生きていたとき、
どんな夢を見て眠っていたのだろうと思うと、
本当に、ごめんね、としかいえません。
次にソファーを買うことがあったら、布製にします。




[PR]
by martha2nd | 2017-12-04 11:53 | 食べ物 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd