<   2008年 11月 ( 46 )   > この月の画像一覧

甲乙つけがたい

今日はたくさん喜ばしいことがありました。

大の仲良しの友達が、オメデタだということ、昨日ナイショで教えてくれました。早い時期に教えてくれて、とても嬉しかったです。まだ不安定な時期だし、妊娠ってコワイってことも身を持って学んだので、彼女と赤ちゃんのために一生懸命祈りたいです。その彼女と今日は顔を合わせられることができるので、朝からウキウキでした。「おめでとう」と言ったら、周りにバレてしまうので、その話題には触れず、普通どおりに接したつもり^^

そして、今日は教会で婚約式がありました。これも喜ばしいこと。

それから、知人の教会が、これまで日曜だけ場所を借りて礼拝していたのですが、このたび中古物件を教会に改築して、今日、新しい会堂で第一回目の礼拝だったのです。それも喜ばしいこと。

それからそれから、今日教会で知ったこと。私が英語を教えていた高校生が、推薦で大学に合格しました!!!推薦を狙って、1年生からずっと頑張ってきたのです。私が急に入院してからは英語を見てあげられなくなったけど、自力で頑張ってくれたようですね。申し訳ない気持ちがどこかにあったのですが、彼の合格でそんな気持ちも払拭されました。

今日は嬉しいことがたくさんでした。
甲乙つけがたいけど、私の独断と偏見でしいてつけるなら、オメデタ>大学合格>献堂式>婚約 かな。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-30 23:39 | 友達 | Comments(2)

16週の奇跡

証君が生きていること、そして成長が順調なことが、奇跡的なことだということを、今一度思わされることがありました。

一昨日、ほかのママさんとお茶をする機会があったのです。その人の赤ちゃんは、以前NICUで証君の隣の保育器で、証君と同じように人工呼吸器を入れて、肺の成長を促すため眠らされて小刻みに振動をかけられていました。証君もまったく同じ状態で隣同士に並んでいました。今でもその子は人工呼吸器を入れています。主治医が「肺がきれいになるには、2、3年かかるでしょう」と言っているのが聞こえてきたことがあります。

あの子はどうして肺が弱く生まれたのだろう、前期破水かなと、かねてから思っていたのですが、そのお母さんとそこまで立ち入った話をする機会が今までありませんでした。一昨日ちょうどロッカーで2人になったときに、「どうして肺が弱いのですか」と聞いてみました。

「私、早くに破水してしまって・・・」と言われました。やはり破水は胎児の肺の成長にかなりのダメージを与えるのですね。。。やっぱり、と思って、「私も前期破水です」と言って、お互いもっと話したかったので、お茶しに行きました。

彼女は23週で破水し、10日持ったのだけど、赤ちゃんの心音が弱ってきたので24週で帝王切開で出産したそうです。私が16週で破水し、10週間ももったことを知って、「そんな話、初めて聞きました。証君は、ものすごい生命力なんですね」と驚いていらっしゃいました。「うちの子より、全然肺の状態がいいですよね」と、うらやましそうにもされました。

23週まで羊水があったなんて、出産前の私にはうらやましく思えたことですが、23週の破水でも、赤ちゃんの肺の状態にそんな悪影響を及ぼすと知って、私は証君が今ここまで成長していることは奇跡なんだということを思い知りました。

彼女の赤ちゃんは、600グラム台で生まれたそうですが、今では3000グラム近くまで大きくなっていて、私が近くで見ていたときには沈静されていて動きがなかったですが、今では人工呼吸器のせいで声は出ないけど、手足を元気に動かしているそうです。肺の成熟には、時間がかかっているようだし、あと2,3年はかかると言われているみたいだけど、それでも長い人生の最初の2,3年です。その後は、元気に外を駆け回るお転婆ちゃんに成長してくれますように。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-30 23:33 | 息子の誕生後 | Comments(0)

生後83日

今日は昨日より62グラムも増えました。ちょっと大きくなりすぎたみたいです。
2466グラム。この分だとあと数日で2500グラムを超えそうです。
今日からちょっと大きめではありますが、新生児用のオムツになりました。

今日は私は2回哺乳瓶でミルクを飲ませましたが、夕方の回ではかなりお腹がすいていたのか、目を剥いてすごい勢いで吸うのですが、飲み込むのを忘れるようで、口に溜まってきてむせてしまいました。吸いながら飲むというのも、練習が必要なようですね^^;

毎日成長が著しいので、会うのが楽しみです。翌朝に起きるのが楽しみなんて幸せなことですね。

昨日撮った証君の写真です。
眠っているところを無理に撮影場所に連れて行ったので眠そうです。
保育器から出ると、デジカメでの撮影は決まった撮影場所に連れて行ってしなければならないのです。

おめざめ
a0107924_2301327.jpg


あくび
a0107924_2303458.jpg


ギプス
a0107924_2305972.jpg

[PR]
by martha2nd | 2008-11-30 23:02 | 息子の誕生後 | Comments(0)

生後82日

体重、2404グラムになりました!
ギプス込みですが。。。
でも昨日から44グラム増えました。

今日は昼間友達とランチしてから病院に行きました^^
久しぶりのおしゃべり、楽しかったし、ランチもまあまあ美味しかった。

今日は夕方からも用事があったので、病院をちょっと早めに退散。
教会でカップル会をしました。
その内容はまた別の機会に。
今日も寝るのが遅くなったから、これから明日の礼拝に備えます。
明日・・・といっても正確には今日ですね。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-30 01:05 | 息子の誕生後 | Comments(2)

生後81日

昼間、ミルクの消化がよくなかったので心配で、病院近くで暇をつぶして夕方からの面会にも行き、そのまま面会時間が終わるまで入り浸っていたので、夫と食事をして帰り、今日は遅くなってしまいました。夕方以降は、ミルクの消化もよく、安心しました。

体重はギプスが重たいので、一気に2360になりましたが、今日の体重は参考になりません。。。

いろいろ書きたいことがあるけど、疲れたので寝ますzzz
おやすみなさ~い
[PR]
by martha2nd | 2008-11-28 23:31 | 息子の誕生後 | Comments(0)

mono モノ 物

最近成功した買い物。
バッグです。合皮です^^;
4000円。
6月にアメリカから遊びに来てくれたナヨンの妹ケイトがくれたテリアのキーホルダーをつけて。
このキーホルダー、退院してからよく見てみるとマーク・ジェイコブズのものとわかりました。
マーク・ジェイコブズがデザインする服は、アメリカにいた頃からけっこう好きだったんですね~。手が出ないし、着こなせないだろうから買おうと思ったこともないけど。キーホルダーなら身の程にあってるかな。嬉しくなってバッグにつけちゃいました。

a0107924_23113697.jpg
a0107924_23115197.jpg


それから最近落雁をいただきました。
砂糖の塊だからと、なかなか口に入れる気になりませんが、落雁ってこんなに芸術的なものとは知りませんでした。お盆の頃に売られているでっかい菊の花の形のものしか見たことなかったのです。

小さな箪笥型の入れ物に入っているんですよ。すてきですね。一つ食べてみたのですが、思ったより砂糖砂糖してなくて、繊細な味でした。
a0107924_2314121.jpg
a0107924_23142823.jpg

[PR]
by martha2nd | 2008-11-27 23:28 | コスメ・ファッション | Comments(0)

生後80日

2298グラムになりました~!

今日は午前中に整形外科の先生に診てもらって、
がっちりギプスで固定されていました。
今まで足首から先だけはいていた装具は、
日に日に小さくなっていくのです。というか、証君が
日に日に大きくなっていくのです^^
毎週木曜にギプスを取り替えるそうです。

足の太ももから足先までをグイッと外側に向けた状態で固定されているので、
右側のつま先も外側を向いています。今までは内側を向いていたのです。
これで足もまっすぐになってくれるといいなあ。
そういえばセバスチャンも足の固定をしているようでした。
ずいぶん前ですが、セバスチャンのおばあちゃんにもメールをして
証君の誕生のこと、お知らせしたんですよ。
お返事がきて、とても喜んでくださっていました。
セバスチャンの話には、本当に勇気付けられましたから。
また、たくさんの知恵を与えていただきました。
セバスチャンのお母さんはなんと12週で破水してしまったのです。

アメリカでも治療的中絶という名前で、早期破水の患者には中絶が施されることが多いみたいですが、セバスチャンの両親はそうすることを選びませんでした。私がこの話を見つけたとき、どんなに勇気付けられたことでしょうか。セバスチャンが生きているという事実にも勇気付けられましたが、同じケースで選択をした夫婦がいたことが一番の慰めでした。

携帯電話の小さな画面でインターネットをして「前期破水」や「Premature Rupture of Membrane」で検索してもいい話はほとんどありませんでした。たまにいい話があっても、それは私のような完全破水の例ではなく、卵膜に小さな穴が開いて羊水がちょっとずつ漏れてはいるものの、赤ちゃんの周りには羊水が残っているような、軽い破水の例なのでした。また、宗教的に中絶を絶対にしないユダヤ教の一派の人たちばかりを対象に前期破水後の経過の統計をとった論文もありましたが、赤ちゃんが助かったケースは少数でした。

だからセバスチャンと証君が生きているのは、奇跡にほかならないのです。
そのことを忘れずに毎日生きていきたいものですが、
証君が元気なのが当たり前になってきて、神様への感謝が少ないことを反省させられます。
日々、神様を賛美していけますように。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-27 18:37 | 息子の誕生後 | Comments(4)

生後79日

今日の体重は2270です。明後日には2300を超えそうですね。

今日は証君を私がお風呂に入れました。左手で首を支えて右手で洗ってあげるのですが、洗っているうちに左腕が疲れてきて、証君を浴槽に落っことしてしまうのではと思いました。もっと左腕を鍛えなければ。。。それから爪も切ってあげました。

証君はお尻がかぶれてしまったようです。母乳だとウンチの回数が多くなりがちで、証君も面会時間内だけでも2、3回ブリブリいっていることがあります^^; お尻かぶれの薬も出してもらっているようです。お尻がかぶれたら、使い捨てのお尻ふきは使わず、湿らせたガーゼなどで拭いてあげるのだそうです。やっぱり使い捨てのシートは化学繊維だし肌にはよくないのですかね?退院してきたら、エコ的観点からも布オムツでがんばろうと思います。布オムツで頑張った人のブログなどを見ると、お尻ふきは、番茶で湿らせたサラシがよいそうです。

今日は証君の足のリハビリをしてくれている人がいて、足だけじゃなくて赤ちゃんの体のことをいろいろ教えてくれました。未熟児は頭が後ろに長くなっているので、これからは真上を向かせて寝せることが大事になってくるとか、両手を合わせる動作は4ヶ月くらいでできてくるのに、証君はすでにそれができていてすごいとか。足は、甲の外側を刺激してあげると自分で足首を外側に反射的に動かしたりするので、筋力や神経には問題ないそうです。

明日は整形外科の医師が診てくれるそうです。前回証君の足を無理やり外側にまげて泣かせた・・・。リハビリの人も看護師さんも、ちょっとひどいと思ったみたいです。というのは、今日証君に、「明日がんばってね。整形外科のお医者さんは足しか見てないから。でもそれが仕事なの。わかってあげてね」と言っていたからです。

ミルクは15cc哺乳瓶で飲みました。昨日の夜夫が面会に行ったときには、35cc全量を哺乳瓶から飲んだそうです。看護師さんによると、証君は夜のほうが元気でギラギラしているとか。夜は哺乳瓶から全部のめるほど元気なんですね^^ そのうち夜に面会に行ってみようっと。

ミルクのあと、椅子に座った私の腿の上で腿と腿の間の谷間を使って顔がまっすぐ上を向くように寝せて、両手を握ってあげて、主われを愛す、主が私の手を、いつくしみふかきの3つの歌を交互に歌ってあげていると、眠ってくれました。昨日は私のあやし方では大暴れだったので、今日はちょっと母親としてはご満悦です。明日も子守唄で寝てくれるといいな。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-26 21:34 | 息子の誕生後 | Comments(0)

生後78日

今日の証君の体重は2242です。

昨日から顕著なのですが、お腹がすくと大声で泣くのです。看護師さんに「おにいちゃんになってくると、~してほしい、というのが増えてくるんですよね」と言われました。証君の場合、酸素をもらっているので、あまり酷く泣くと、呼吸が苦しくなるからあまり泣かないでほしいのですが。。。でも声は元気だし、泣いても唇が青くなったりはしなかったからよかったです。ひとしきり泣いた頃、看護師さんがミルクを用意してきてくれました。哺乳瓶を勢いよく吸って、15ccくらい口から飲んだら落ち着いたようでした。残りは鼻から入れてもらいました。この看護師さんはGCUだけが担当のようで、NICUにいた頃の証君を知りません。それで他の人たちから聞いたみたいなのですが、「最初に比べたら、考えられないくらい元気になったそうですね。みんなが言ってました」と話してくれました。

お腹がいっぱいになって落ち着いたら今度は眠たくなって泣き始めました。まだ私の抱き方が下手で、気持ちよく眠らせてあげられません。あんまり泣くので、看護師さんにバトンタッチしたら、すぐにすやすや寝てしまいました。複雑な思いです^^;そのうち抱っこも上手にできるようになるかな。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-25 19:12 | 息子の誕生後 | Comments(2)
夫の2週間の研修期間が終わり、今日から普通の勤務体系に戻りました。
研修期間は夜遅くなるということで疲れるんじゃないかと恐れていたけど、実際は、その分出勤が遅く、私が病院に行くのよりも遅く家を出る日もありました。きっちり9時間の拘束時間だったのです。夜11時、12時、深夜1時に帰ることもあったけど、その分、朝はゆっくりでした。私もすっかり夜型になりました。

でも今日からは朝型に復帰です。夫は6時前に家を出て行きました。そして残業があれば、夜11時に帰ることもあるでしょう。研修中のほうが夫の体にとっては断然楽でした。もともと朝に弱く夜更かしするタイプなので、研修中は生き生きしてましたよ(笑)

すっかり夜型になっていたので、昨日の夜は今朝の早起きに備えて早く布団に入ったものの、なかなか寝付けない様子だったので、私はクリスチャンとして不謹慎にも「聖書でも読んだら?すぐ眠くなるんじゃない?」などど言ってしまいました。神様ごめんなさい。でも本当に眠くなるような箇所があるのですよ・・・^^; もちろんそれは聖書のせいではなくて、私たちの心構えのせいですが。

さて、夫はめでたく眠りに付き、私は早起きする必要もないので、レンタルベビー用品のカタログとか見て、けっこう遅く寝てしまいました。

そして不思議な夢を見ました。戦争が始まって、収容所みたいなところに集められて、「背の順に並べ!」って、先日自衛隊をクビ(といっても定年退職扱いだけど)になった田母神さんと同じ顔をした軍人が言っていました。みんないろんな人と背比べしながら、整列していきました。そこに会社に行った夫も連れてこられ、少し話したのですが、朝もたせた弁当を食べる暇もなく連れてこられ、収容所でも食べ物は食べられそうになかったことから「こいつは捨てなきゃいけないな」とたいそう真面目な顔で言っていました。

今朝私も夫が早起きしたのと、胸が張って痛かったのとで目覚め、とりあえず夫を送り出しました。ネクタイを締めていた夫に、上記の変な夢の話をしていて弁当のところまで話すと、「あ!弁当!!!」と、昨日私が作って冷蔵庫に入れていた弁当のことを思い出し、無事に弁当を忘れることなく出勤していきました^^

戦争の夢はとても不快だったけど、夫がお弁当を忘れずにすんだので、あの夢を見たこともちょっとは報われたかな。

ああ、それにしても私は遅く寝たので、5時間くらいしか寝てないです。なんだか目が冴えてしまってもう二度寝はできそうにありません。せっかく自分ひとりの時間ができたので、少しは家の掃除などを進めようと思います。
[PR]
by martha2nd | 2008-11-25 06:57 | ニュース・社会 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd