<   2009年 08月 ( 49 )   > この月の画像一覧

心配かけました

捻挫の件、ご心配いただいた方、ありがとうございました。
当日は床に足もつけなかったのですが、友人たちの祈りと、患部冷却処置で、翌朝には松葉杖なしで歩けるようになりました。完全に治るまで無理はできませんが、育児と家事もままならないのではと思われる状態だったのに、夫が仕事に出かけてもなんとか活発な証と過ごせるまでに回復したのでほんとによかったです。

教会も投票もいけないかとおもったけど、行けました。
しかし私の貴重な一票が実を結んだことがありません。当選しそうな人に投票したことがないのです。。。センス悪いのかしら。

民主党さん、お手並み拝見、ですね。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-31 09:18 | Comments(0)

捻挫

a0107924_17235645.jpg

家族三人で最寄りのモールまでショッピングに来たのですが、私は途中で捻挫してしまい、歩くのも困難に。なんとか近くに接骨院を見つけて応急処置。松葉杖ついてます(|||_|||) 接骨院を出たら大雨が降り出し、バス停で雨宿り中。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-29 17:23 | Comments(4)

どーゆーつもり?

今日はベビーシッターさんに来ていただいて、仕事をしました。
今月中に仕上げなければならなかった仕事を全部終えて、まだ時間があったので、手紙を1通書くこともできました。ワールドビジョンで支援しているタイの男の子です。もうこの地区の産業(主に農業)がだいぶ発達してきたので、この地区の支援プロジェクトが終わろうとしているのです。それなのに私はまだお別れのお手紙を書いていませんでした。

さて、仕事も終わり、ずっと書かなきゃと思っていた手紙も書いてすっきりして、証に夕ごはんを食べさせたりお風呂に入れたりして、ほっと一息。メールチェックでもしようと、チェックしたら仕事メールが。。。9月は全く仕事が入ってなかったので、「9月も仕事にありつけそうだ」と喜んだのもつかの間、本文を読んで呆れてしまいました。

メール送信時間は18時半くらい。そして希望納期は来週月曜の15時。しかもけっこうな量と思われる。訳して欲しい原稿のデータを持ってないのでFaxしたいからFax番号教えてくださいと書いてあります。携帯の番号が書いてあったので電話したけどつながらず。。。

もう少し前向きで肯定的なメッセージを残したかったけど、「その希望納期だとかなり厳しいです」とネガティブなメッセージを残してしまい、自分のコミュニケーション能力にもちょっと幻滅。

どうせ読まれるのは月曜の朝と分かっていたけど、もうちょっと肯定的に9月2日くらいまで納期延ばしていただければ可能です、とメールに返事。

メールに原稿が添付されていたら(強引に金曜夕方にデータを送りつけて月曜仕上げを希望する人もいるのです)、週末返上で仕事するしかなかったけど、私の手元には原稿がないので仕事のしようがなく、週末は返上しなくてもよさそう。

いづれにしても、この仕事は納期を延ばしてもらえないなら断るしかない。

実は初めてやり取りする人で、しょっぱなからお断りするということは、もうこの人からは依頼が来ないだろうと思ったほうがいいかもしれない。それに今回の仕事をもし受注していたら、けっこういいお金になったのに。。。と、取らぬ狸の皮算用で逃がした魚は大きいような感じがして、ちょっと悲しいですが、でもやっぱりこんな非常識な依頼をしてくる人とは取引しないほうがいいかな。

翻訳者や通訳者を機械みたいに思ってる人がいるけど、人間ですから!
英語とか別の外国語にしても、多少できる人のほうが訳者の大変さを分かっていて、納期とか余裕見てくれるし、ねぎらいのことばもかけてくれるんですよね。

あーあ、せっかくの金曜日の夜にイライラしちゃったけど、リセットして週末は楽しくすごすぞー
[PR]
by martha2nd | 2009-08-28 22:34 | 仕事 | Comments(0)

何回目?

夫が職場から電話してきました。
たまにあることなのですが、「オレ、財布忘れてない?」と。
結果としては、確かに忘れてました。
お昼ごろ電話があったので、多分お昼ごはんを食べようとしたらお財布がなかったことに気づいたのでしょう。

「もう!また忘れたの?」と言いたいところをぐっと我慢しました。
多分一番凹んでいるのは夫だから。ま、凹んでもまたやっちゃうんですよね。
財布とか鍵とか、かばんの決まった場所に入れるようにしなよ、と前から言っているのですが、それが苦手みたいで。ポケットに入れるときも、ズボンのポケットだったり、上着のポケットだったり、その日の気分によって入れる場所が違うようです。

私も片付けは大の苦手なのであまり人のことは言えませんが。

私たちを反面教師にして証は整理整頓上手な人になってもらいたいなあ。
探し物に時間をかけるほど無駄で悲しいことはないですからね。
でも片付けすぎて見つからないのも痛いですね。片付けの時間と探す時間を無駄にしたことになるのだし。
結論: 証には整理整頓が上手下手に関わらず、何がどこにあるかはちゃんと把握している人になってほしい。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-28 15:57 | 恋愛・結婚・夫婦 | Comments(2)

最新画像

a0107924_946494.jpg

a0107924_9464919.jpg

最近、証の写真が少ない気がするので、今朝の写真をアップロードo(^-^)o 実は一歳の誕生日を前に、プライバシーの観点から、今更ながら実名や顔をワールドワイドに公開するのはどうかと悩んでいる今日この頃。。。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-28 09:46 | Comments(2)

来客

今日は友人が遊びに来てくれました。
アメリカに留学したときの日本人の仲間です。
彼女とはアメリカ東海岸から一緒にヨーロッパ旅行にも行きました。
バックパックをしょって、ユースホステルに泊まり歩く貧乏学生旅行です。
とはいっても彼女は全然貧乏じゃなかったけど、付き合ってくれました。
私の実家にも泊まりにきたことがあったっけ。。。

時期によっては連絡が希薄になるときもあったけど、今もつながっている気の置けない友人の一人です。
私の母よりも少し先に、彼女のお父様が難病で亡くなり、「親を亡くす」経験を共有していることが私たちを少し近づけたようにも思います。

彼女はもうすぐ結婚10年くらいになりますが、結婚する前から「私は子どもは生まない」と言っていたとおり、今も子どもを生んでいません。子どもが嫌いなのかなと思っていたけど、そうでもないみたいで、上手に証の相手をしていたので、なぜ子どもが欲しくないんだろうと改めて心の中で疑問を持ってしまいました。

彼女の証へのお祝いはベビーソープセット。
ちょうど切れそうだったのでホント助かりました^^

気遣って早めに帰って行きました。何もお構いできずなんか申し訳ない思いです。
また遊びに来て欲しいです。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-27 16:46 | 友達 | Comments(0)

ツクツクボウシ

ツクツクボウシ、ツクツクボウシと聞こえたので、これがツクツクボウシの鳴き声か、と改めて聞き入ってしまいました。そしてツクツクボウシってどんなセミだろうとウィキペディアで調べました。晩夏から初秋に出てくるセミだそうです。もう晩夏なんですね。いや、初秋なのでしょうか。朝晩、涼しくなってきましたよね。証の寝汗もほとんどなくなりました。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-26 15:51 | ニュース・社会 | Comments(0)

海苔弁

a0107924_11571048.jpg

お粥に海苔をちぎって混ぜてあげました。顔を私のTシャツにこすりつけたら、口の周りについてた海苔がほっぺたに引っ越しました(^_^;)。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-26 11:57 | Comments(0)

新型インフル対策

新型インフルエンザに震え上がっていましたが、
もうこうなったら新型インフルエンザに感染しても、
それに勝ちうる体力をつけるしかないと思い始めました。
証に新型インフルエンザに勝てるだけの体力が与えられますように。
特に肺が健康な子どもと同じくらい強くなりますように。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-25 10:55 | 息子の誕生後 | Comments(4)

80年代

今朝新聞折込の「伊勢丹通信」を見ていたら、今年のテーマは80年代とか。
ファッションは流転するとは聞いていたけど、60年代はかっこいいと思ってたけど、まさか80年代のファッションは帰ってこないと思ってました。だって変じゃないですか。肩パッドとか。でもやっぱり80年代も帰ってきたんですね~
先日20年以上前の服を50代の友人にいただいたのです。
ちょっとミリタリー風のボタンの、ちょっと肩が張ったジャケット。まさに80年代。
今引越し準備中で、服などをどんどん減らしたい彼女がもらって欲しいというのに断れず、内心「着れないよ・・・」と思っていたのですが、80年代復活なら着れるかも^^;
最近ほんとにワードローブが破綻しているので、新しい自分を発見して、新しい服装をしたいと思っているのです。似合わないものは捨てて。でも正直なところ、20代の頃から通してきたラフな恰好やポップな柄のTシャツとかが好きなんですよね。でも顔や雰囲気がついていかなくなったんですね・・・・ 悲しい現実です。それでも無理してそういう恰好してもいいんですけど、端から見て「若作り=痛い」と思われそうですね。私自身も、若作りの人見ると心が痛くなりますし。他人の心を痛めないためにも年相応の恰好をしたほうがいいかもしれませんね。
何を着ればいいのか、誰か教えて。。。
お手本にしたい芸能人・・・、誰かいたっけ。
夫の趣味に合わせるべきですよね。
夫が好感を持つ私くらいの年齢の女性タレントを聞いてみようっと。
[PR]
by martha2nd | 2009-08-25 10:05 | コスメ・ファッション | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd