<   2009年 10月 ( 45 )   > この月の画像一覧

オフ会記念写真

今日は夫の仕事の関係で普段あまり縁のないセレブ地区二子玉川に行くことができました。
そして、近くにお住まいのmakiさんご一家とお会いすることができました。Eliと予定日が近かった双子の息子さんと、優しそうなご主人ともお会いできました。前期破水と切迫早産で入院中だった頃から、makiさんにはブログのコメントを通して励ましていただきました。あのときは、お会いしたこともない多くの方々に、ブログを通して支えられていました。

そんな方に実際にお目にかかれるなんてとても不思議ですね。

双子の息子さんたちは本当にかわいくて、まだ10ヶ月なのに上手に歩いているのです。
ちょうど同じ頃、それぞれのママのお腹にやってきた赤ちゃん3人のオフ会記念写真です^^
a0107924_23374723.jpg


産後のmakiさんのブログで見る育児の様子といったら、双子ちゃんなのに本当に手を抜かず立派で、また、お出かけもよくされているし、ほんとにパワフルだなあと感心するばかりでした。今日お会いして、ブログで感じていた以上の若さとパワーに、「私も見習わなければ」と強く思いました。私はすぐに疲れて何もやる気がおきなくなってしまうのです。でもmakiさんのような姿勢で育児にも生活全般にも取り組むことが大切だなあと思いました。

また春になったころ、お会いしましょうと、お約束をしました。
その頃はEliも歩けるようになっていると思うし、男の子3人で元気に原っぱで遊べるでしょう^^
[PR]
by martha2nd | 2009-10-31 23:44 | 友達 | Comments(4)

ひとり寝記念

a0107924_11432259.jpg

今朝親の私たちもいれいろ支度があり、いやがるエリをベビーベッドに置いてひとりで遊ばせていたら、いつの間にか眠ってました。こういうことは初めてです。ほうっておいても眠くなればひとりでに寝るものなんですねo(^-^)o 夜もこうやって寝てくれたから楽だなあ。練習させようと思います。理想は親と別室でひとり寝できることだけど、今まで負けてしまっていたのです。
そういえば、昨日私が「は〜い」と言うと挙手できるようになりました。なぜか拳は握ってるし、その後必ず「あわわ」がセットになっているのですが(笑)
あわわと言えば、今朝から自分で声を出しながら手を口に当てたり離したりして本物のあわわが出きるようになりました。
今日はこれからお出かけです。なんとブログ「HAPPYに暮らそう」のmakiさんと双子ちゃんと急遽会えそうなのです。
ミラクルベビーの結集ですo(^▽^)o
[PR]
by martha2nd | 2009-10-31 11:43 | Comments(0)

誕生日

今日は亡き母の誕生日です。地上では年とるのを嫌がっていた母だけど天国ではどんな姿でいるんだろう(笑)。楽しいことには間違いないと思います。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-30 08:22 | Comments(0)

あわわ

そういえば、今朝突然、Eliが「あわわ」ができるようになりました。
手を口に当てたり離したりするやつです。声を出しながらやるのが正しいのですが、それはまだつかめてないみたいです^^;

今まで私が「あわわ」をやってみせても全然興味なさそうだったのに、今朝鏡の前に連れて行ったら突然自分で「あわわ」のポーズをしたのです。おもしろいですね。

それから昨日「ふるさと一番」の最後に「ではまた明日。さようなら~」とアナウンサーといとうまいこと青森の方々が手を振ると、Eliも「ばばば」と言って手を振っていました(笑)
[PR]
by martha2nd | 2009-10-29 14:37 | 息子の誕生後 | Comments(0)

新型ワクチン

Eliは予定日ごろ生まれていたらまだ新型インフルワクチン接種の対象にはならないのですが、3ヶ月早く生まれたので、今1歳1ヶ月です。もうすぐ1歳2ヶ月。お腹にいたときには、「生まれても肺が育っていないので呼吸ができないのではないか」と言われていましたが、生まれてから2ヶ月人工呼吸器のお世話になり、その後自力で呼吸できるまでになりました。でもやはり肺は普通の子より弱いはずなので、肺炎を起こさせやすいといわれている新型インフルエンザには絶対に絶対にかからせたくないので、このワクチンを心待ちにしていました。

昨日東京都が、妊婦と基礎疾患がある人は来月9日から、1~3歳は16日から、と発表したので、Eliは2ヶ月人工呼吸器に繋がっていたことから、医学的な定義としては慢性呼吸疾患ということになるらしく、基礎疾患のある人とみなされ、少しでも早くワクチンを接種できるのではないかと期待していたし、先日病院の先生にも、「多分基礎疾患があるとみなしていいので、ワクチン接種のときに証明書が必要なら書きますよ」と言われたので、今朝さっそく病院に電話してみたのですが、この大学病院に今朝届いた東京都の資料によると、ぜんそくの発作をたびたび起こすとか、人工呼吸器に今もつながっているとか、酸素を使っているとか、そういう人じゃないと基礎疾患があるとは認められないそうです。。。ま、普段Eliがこれらの肺の治療を必要としておらず、呼吸器の発作もいまのところないのは本当に本当に感謝なことなのですが。

最優先で受けられるグループからは外れたものの、1~3歳には自動的に入るわけで、来月16日からは受ける資格を得るわけです。でも、この大学病院では、まだ東京都からどれくらいワクチンが供給されるかわかっていないし、最優先でうけるべき人たちが何人くらいいるのか把握できていないので、今のところ新型インフルエンザのワクチンの予約は受け付けていないのだとか。

東京都の発表をうけて、問い合わせの電話が殺到しているのか、予約センターには朝から電話がまったく繋がらなくて、苦労しました。

東京都の発表で私もちょっとあせってしまったけど、本来なら12月にならないと受けられないと思っていた注射。情報に踊らされず、落ち着いて、自分でできる予防を心がけ、また、神様に祈りつつ日々すごすようにしたいと思います。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-29 13:46 | 息子の誕生後 | Comments(4)

結果オーライ

いつも午前中は掃除選択であわただしく過ぎるのですが、
シッターさんに、朝は公園とか連れて行ったほうがいいよ、とかねがね言われていたので、
今朝は思い切って家事を中断し、公園へ。
ひととおり遊具で遊んで、地面を触らせたり、水道で手を洗ったり、して、
少し回り道をして家に帰りました。
体をたくさん動かしたわけではないのに、やはり目新しいものを見て疲れたのか、
帰ってからお昼近くまで寝てしまいました。
おかげで午後はなかなか寝なくて、お昼ねとは言いがたい夕方にやっと眠りに落ち、
夜の8時くらいまで寝ていました。
おかげで今日の夕ご飯は私にしては時間をかけて作れました。

へんな時間に寝ちゃったから、夜は寝てくれないかもと心配していたら、
お風呂からあがったらあっけなく眠ってくれて、
胸をなでおろしています。

私もそろそろ寝ようっと。
おやすみなさい。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-29 00:13 | 息子の誕生後 | Comments(2)

忘れてた!!!

もう冬が近いのですかねー。寒いです。
特にこの仕事部屋は。
今日の空は青く高いですね。遠くの低いところに白い雲がもくもくしていますが。
今その雲の近くを赤いヘリコプターが飛んでいます。

この仕事部屋を暖かくしたいなー。
この冬、オイルヒーターをEliとシッターさんにゆずって、
仕事部屋にもまたオイルヒーターを買いたいのですが、
夫がオイルヒーターは電気を食うからやめたほうがいいって。

でもオイルヒーターは空気汚さないし、ぬれたタオルとか掛けるとすぐに乾くし、マグカップを載せておくと中身が冷めなくて、一石何鳥でもあるのですけどね。

あ、文鳥を飼う者として、一石二鳥とか、それをもじったような表現を使うのはどうかと、今思いました。
ちょっと、そういえば、大変大変!!!!
なんと今年は文鳥の日をすっかり忘れていました。
私としたことが。かわいそうな文鳥たち(TT)
文鳥の日は10月24日だったのです。
なんということでしょうorz
あとで文鳥たちにたくさん好物のカナリーシードをあげようっと。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-27 15:26 | 仕事 | Comments(0)

最近のEli

体重は7.1Kgを「もうそろそろいいじゃん」と思うくらい長いことキープしています^^;
「ばばば」と言いながら手を振る以外に
こちらが手を叩いてみせると(テレビで拍手しているところを見ても)、
パチパチします。こちらがしてみせなくても「パチパチは」と言うとします。

それから「糸をまきまき」が上手にできるようになりました。
私の真似をする以外に、「糸をまきまき」の歌を歌い出だすとするし、
「かいぐりかいぐり」とか「ぐるぐるは?」と言ってもします。

実はこの動作は、特にこちらが「やってみて」と促さなくても
1人でときどきやっているほか、眠っているときも無意識にしていることがあり、
それを教会の人に言ったら「ママ、見て。僕をほめて」って思ってるんじゃない?
と言われ、私はそんなに「糸をまきまき」を仕込んだ覚えはないのに、
今朝もまだ目覚めてないのに仰向けのまま腕をぐるぐるしているEliをみて
哀れになりました。
犬に芸を仕込むように息子に仕込んでしまったのでは・・・と^^;

それからお気に入りの絵本が数冊あるようで、
絵本を入れている箱から、気分によってその中の1冊を私のところに持ってきて
「読め」といわんばかりに私に渡します。
7割がたは「なーらんだ」という絵本です。
残りは「きんぎょがにげた」と「がたんごとん」という絵本。
読み終わって本をEliに返すと、また「読め」と私に戻します。
10回くらい読むまで飽きずに聞いています^^;

以前は絵本の中身にはあまり興味がなく、すぐに口に持っていっていたのに、
中身に興味が出てきたようです。

先日のリハビリで言われた課題は、手の親指と人差し指で小さなものを上手につまめるようになること。
ボーロなどを自分で食べることはできるのですが、親指をまだ上手に使えないみたいで、手のひらから食べているのです。ま、ほとんどのことは教えずにできるようになってきたので、これも個人差で、この子もそのうちできるようになると思うのですがね。

この子のペースを大事にしてあげられるようになりたいです。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-26 22:55 | 息子の誕生後 | Comments(7)

手作りぼうろ

a0107924_1053781.jpg

a0107924_1053746.jpg

昨日、教会の同じ月齢の子を持つママが手作りぼうろをエリにも作ってきてくれました。ラベル付き。本格的〜。彼女は離乳食も手抜きせず、立派です。私はちょっと落ち込みます(笑)。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-26 10:53 | Comments(0)

聖霊に触れられました

今日は、うちの教会では、特別な日でした。
創設35周年を記念する礼拝だったのです。
35年前、この地で伝道を始められたアメリカ人宣教師を
アメリカからお呼びして聖書の解き明かしを聞くという
特別な日だったのです。
もう84歳になられたこの宣教師は、
6月に手術を受けて万全の体調ではなかったと思いますが、
やはり80代になられた奥様といっしょに、
日本に来てくださったのです。

この教会が設立されたときには私はキリストのことなど知るよしもなく、
35周年という節目に対して大きな思い入れもなかったつもりですし、
またEliがいると実際問題礼拝には半分も集中できないのですが、
今日の礼拝堂に身を置いていると、そこに臨在されている神様の聖霊を感じました。
はからずも心が震えて始終目の表面に涙の膜がかかっているような、
そんな状態でした。
神様が、この日を喜んでいらっしゃるのを覚えました。
宣教師も牧師も信徒の私たちも、誰一人罪人でない者はいませんが、
そんな罪人を用い、また影で祈られる罪人の祈りを聞き、
神様は35年、この地でこの教会を守ってくださったのだと思いました。

礼拝の中でも、午後のお祝い会でも、
神様を讃える歌がたくさん歌われました。
ほめたたえられるべき方がほめたたえられるというのは
気持ちのいいものですね。

とこしえにほむべきかな
くすしいわざを行われる主
その栄光は地に満ちわたれ
その栄光は地に満ちわたれ

とこしえに御栄えあれ
父子御霊の大いなる主に
その栄光は地に満ちわたれ
その栄光は地に満ちわたれ

アーメン アーメン アーメン

私の国籍がある天に帰ったとき、
先に帰った数え切れないほどの聖徒たちとともに、
御座におられる炎のように輝いている主イエスを
ほめたたえる歌を歌うのが
とてもとても楽しみです。
[PR]
by martha2nd | 2009-10-25 21:08 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd