<   2009年 11月 ( 53 )   > この月の画像一覧

待ちに待ったコンサート

昨日は、教会でコパン(ご夫婦のゴスペルフォークデュオ)のコンサートがありました。
待ちに待っていたんですよ、私。もう5年位前、「くじらのほっぺ」というコパンのCDと絵本(みなみななみさん作)のセットをいただいて、コパンの音楽が気に入ってファンになっていたので。
コパンのブログもよく読ませていただいているんです。奥様のしょうこさんの生活することへの姿勢、子育ての姿勢から、たくさん学ばされています。お子さんのかずおくんとも直接会えて、お話しできて、すっごく嬉しかったです。いつも写真で見るだけだったけど、写真以上に可愛い男の子です。
生まれて間もないかずおくんが九州から飛行機でお二人の待つ羽田にやってきたと聞いて、九州人の私はますますかずおくんに親近感を持ってしまいました。
13年間子どもが与えられなかったお二人に、3年前の12月、「クリスマスプレゼントです」とかかってきた1本の電話。育てられないと分かっていても産む決心をしてくださったかずおくんの産みのお母さんに感謝します。だってそのおかげで今かずおくんはコパンのお二人にこんなに愛されて育てられているのですから。
「小さな命を救う会」がもっともっと祝福されますように。

素敵な歌と歌の間に、お二人それぞれの、また夫婦としての、そして親としての証しが織り交ぜられて、多くのことを教えられた素敵なコンサートでした。

かずおくん、来月3歳になるんですが、ブログでキュウリを切ったりしてお手伝いしている写真を見たことがあったので、私が「かずおくん、キュウリ切れるんでしょう?すごいね」って言うと、「こんどかずおくんのおうちに遊びに来て。そしてきゅうりを買って、きゅうりを切って食べさせてあげる」ってお誘いを受けました(笑)。うれしい!!

いつかまたプライベートでかずおくんとEliを一緒に遊ばせることができたらうれしいです。
昨日もいっしょにベビーベッドに入っていたけど(笑)。その写真、私の宝物になりそうです。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-30 16:55 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

今日の日記

今日はいくつか特筆すべきこと(コンサートや映画について)があったのですが、イベント続きで疲れたのでもう寝ますzzz
また明日(^^)/
[PR]
by martha2nd | 2009-11-29 22:42 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(4)

ランニング講座

a0107924_14594292.jpg

夫がランニング講座を受講しています。仕事で疲れているときに一番ストレス解消できるのが夫にとっては運動なのですが、そのわりに痩せないのが痛いです(>_<) 今朝はお父さんの勇姿を見せようと講座開催場所の陸上競技場まで見学に行きました。道に迷って、講座は解散してました(ノ_・。) さあ、写真のどこにEliのパパがいるでしょうか(笑)
[PR]
by martha2nd | 2009-11-28 14:59 | Comments(0)

プールの帰り

a0107924_12492848.jpg

駅ビルで買ったパンを駅ビルの赤ちゃん休憩室で食べました。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-27 12:49 | Comments(0)

夫が守られますように

最近夫がものすごくハードスケジュールです。
結局また部署の残業体質が復活して、なかなか帰れないみたいだし、
実際遅くまで準備しなきゃいけない仕事が多いみたいで。
今日は日帰りで札幌出張です。
昨日はその準備のため会社で遅くまで仕事をして帰りは朝2時すぎ。
もう会社からタクシーを使うしか交通手段がなかったみたいです。
先週も日帰りで札幌に行きました。前日はやはりかなり遅かったです。
そして月曜も日帰りで札幌。。。。

それが終われば出張関係は落ち着くのでしょうけど、よくため息ついてるので鬱にならないか心配です。
転職するにも求人の少ないこの時期、好ましい会社が求人を出しているとは考えにくいですね。
今の会社の体質が変わるように願っています。
NHK教育「知る楽」に出ていた東レの佐々木常夫さんの持論に私は大賛成です。
つまり、残業はしない、重要度の低い仕事に時間ばかりかけない、ということです。
佐々木さんは奥様が肝臓病の末に鬱になり、長男も自閉症で、その下に2人のお子さんもいて、家庭のこともほとんど自分できりもりしなければなりませんでした。そんな中で仕事と家庭の両立のために行き着いた持論なのです。部下たちにも残業をさせないようにしました。残業するなというと、「自分はこんなに重要な仕事をしているんですよ」と言ってくる部下が多かったそうですが、上司である佐々木さんにしてみれば、部下の仕事は別に重要なものではなかった(笑)。

大切なものに時間もお金もかけたいものですよね。あと、体力も。大切なものってやっぱり家族じゃないでしょうかね。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-27 08:56 | 恋愛・結婚・夫婦 | Comments(2)
新型インフルワクチンですが、軽めの基礎疾患があっただけに国と都と、そして医療機関に翻弄された結果となりました。今も息子にワクチンを接種させてあげられてないのは私が怠け者の母親だから、と昨日まで思っていたけど、記憶をたどればそうではないと思いなおしました。

これは私の立場を正当化したいのではなく、国や都の判断と実行の仕方の誤りを明らかにするものです。

国や都はワクチン不足のため重症化しやすい妊婦、乳幼児、基礎疾患のある人を優先して摂取させるように以前から発表していたので、私はEliの主治医にこの子も基礎疾患があると認められるでしょうか、と聞いたところ、「人工呼吸器に1ヶ月以上つながっていて、4ヶ月も入院していたのだから、多分基礎疾患に認められるでしょう」と言われたので、てっきりこの大学病院で優先的に打ってもらえると思っていたわけです。

ところが、都からこの大学病院に配布されたワクチンの量は(どこの医療機関もそうですが)非常に少なく、結局この病院はまず基礎疾患がある入院患者からワクチンを使っていくことにしました。そしてEliのように出生時に大きな問題を抱えていた子も入院が6ヶ月以上だった子だけに対象が限定されました。このような決定がなされたのは、都が優先接種者に解禁した11月9日以降のことだと思います。

この時点で健康な子のお母さんたちはあまり病院には縁がないので、区市町村が発表したワクチン接種できる医療機関に手当たりしだい電話をするしか方法はなかったと思いますが、結局はそのほうが断然予約しやすかったと思います。そういう方法は、大きな病院にかかっている私(正確には息子)などは考えもせずに、ただ素直に大学病院でワクチンが打てるようになる日が遠からず来ると信じて待っていたわけです。でも蓋を開けたらワクチンが全然足りなかった。

それで、乳幼児の予防接種でのみお世話になっていた近所の小児科に聞いてみたら、「基礎疾患がある方に案内を出しますので、お待ちください」という返答。うちの子には案内が来るでしょうか、と聞いたら、「シナジス(風邪ウイルスの一種RSウイルスで細気管支炎や肺炎になりやすいとされる心臓疾患の乳幼児や早産児に対して保険適用で行われる予防接種)を受けているのだから案内があると思います」と言われ、ここでまたちょっと安心してしまった私。

しかし、やはりここでもワクチンが足りず、喘息の子やシナジスを打っている中でも症状が重い順に上から選んで案内を出したそうで、Eliはその中に入りませんでした。

こうしている間にも、ほかのクリニックや診療所は健康な子がウェイティングリストを占めていきます。保育園や幼稚園に子どもを通わせてる親はワクチン予約に必死です。保育園幼稚園のママたちの集められる情報量ははんぱじゃないですし。

私もこうしてはいられない、という状況でしたが、注射ならどこでも同じとは思えず、市が発表したリストを見ても、片っ端から電話をする気持ちになれませんでした。考え抜いて乳児検診をしている病院(赤ちゃんに慣れている)を選んで数件電話をかけました。うち1件、一般の子が100人待っているけど、肺が弱めという証明書を大学病院から発行してもらえば早めに受けさせてあげるというところがありました。それ以外のところは「未定」として断られました。

で、大学病院の主治医に電話したら、証明書を書いてくれるというのですが、証明書を発行するには病院に直接来て窓口で申し込まなければならない、発行までに2,3週間かかる、というのです。それなら一般枠でウェイティングリストにのっても同じだろうと思い、市のリストの中から一つ一つホームページを見ていったところ、一件受付日に来院先着順で受け付けるというクリニックを発見し、そこに並ぶことにしました。

でもやはり念のために大学病院で証明書はもらっておきたいと思い、今日夫が申し込みに行ってくれたのです。そしたら、すんなり「優先接種対象者証明書」を書いてもらえるようで、それならどうしてもっと早くにこの証明書をもらっておかなかったのだろうと逆に悔しい思いもします。

「うちのワクチンの量じゃ、Eliくんにまでは回らないから、近くの開業医で受けて。優先接種対象証明書を出すから」とか連絡をくれるほど大学病院は暇じゃないと思うし、こういうとき行動力(電話力)のある人が新しい情報を早めにゲットしていくわけですね。。。。

証明書を持ってきてと言ったクリニックの医者が言うには、基礎疾患があるにもかかわらず掛かり付けの大病院ではワクチンが足りず、一般の開業医にそういった人が殺到しているとのこと。

私がもっと必死になって電話をかけまくれば多少ものごとは変わっていたかもしれないけど、乳児がいて仕事もしていて、なかなかつながらない回線が空く瞬間をとらえられたでしょうか。

今日もひとつ、「今日の夜8時から12月分をうけつけます」という診療所があって、8時数分前からスタンバイしてインターネット予約、電話予約、両方ほぼ同時に何度もトライしたのですが、どちらもなかなかつながらず、つながったと思ったらもう空きがありませんでした。

あー疲れた。
ワクチンよりも祈りのほうが絶対に効き目があるので、日々祈りたいと思います。
また、今日夫が「優先接種対象者証明書」を申請に行ったときに病院から言われたそうですが、「ワクチンより手洗いうがいをしっかりして、外出をできるだけ控えたほうが効果が高い」とのこと。原始的ですが、このような方法で積極的にウイルスを寄せ付けないようにするしかないのですね。

それにしても国も都もいったいどういう計算をしたのでしょうか。
基礎疾患の範囲をもっと具体的に設定してほしかったし、その人たちや妊婦や子どもが今何人くらいいるのか、数えることもできなかったのでしょうか。。。足りないのを分かっていて、次々に接種時期を前倒しにしたり対象者を広げたりして、いったいどういうつもりなのでしょうか。病院だってこんなにワクチンが足りてないとわかっていたら、私たちに「かなり不足しているから、近所の開業医を早くからあたってみたほうがいい」と言ってくれたかもしれないのに。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-26 22:56 | ニュース・社会 | Comments(2)

公園に行きました

a0107924_13322553.jpg

a0107924_13322519.jpg

午前中、公園に行きました。たくさん遊んで、だいぶ砂も食べちゃいました(>_<) こぶしの花がつぼみをつけはじめていました。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-26 13:32 | Comments(0)

洗濯王子2

a0107924_10275086.jpg

a0107924_10275077.jpg

干そうと思ってた洗濯物をカゴから引っ張り出してます(><;) 洗濯物関係が大好きです。服装は勇ましくトレーニング中のボクサー風にしてみたんですが。このパーカーには強そうなサイのアップリケと文字通り「RUFF N' TUFF(荒っぽく強い、の意味)」の文字が(笑)
[PR]
by martha2nd | 2009-11-26 10:27 | Comments(0)

デイケア

a0107924_84788.jpg

ブンは夜暗くなってくると小さいカゴでバタバタ暴れて逆に危ないので、夜は眠りなれたブランコのあるカゴに戻し、昼間だけ小さいカゴに入れてます。ちょっとしたデイケアですね。脚、だいぶ良さそうに見えますが、土曜まではデイケアを続けようと思います。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-26 08:47 | Comments(0)

The 700 Clubとインフル予防

Twitterでマックス・ルケードさんというアメリカの牧師さんをフォローしています。もう彼は牧師さんというより、クリスチャンの世界では有名な著作家です。日本では「たいせつなきみ」という絵本が有名ですね。彼の今朝のTwitterの書き込みに「700クラブのインタビューを受けた」というものがありました。700クラブ、正式にはThe 700 Clubというアメリカのテレビ番組です。クリスチャン向けですが、日本みたいにクリスチャン人口が少なくないアメリカではレアな感じのしない番組で、クオリティも非常に高いです。

この番組、私が高校生のときにホームステイした家のホストマザーが毎日のように見ていたのが今も印象に残っています。ホストはパット・ロバートソン。当時から初老な感じでしたが、今もご健在です^^

ホストマザーは700クラブを今も毎日のように見ているのだと思います。Eliがお腹にいて私が入院しているとき、Eliの命が危険だと分かっていたので彼女は700クラブに電話をかけて、電話に出た全く知らないクリスチャンとEliのことを祈ってくれたのでした。話し方から黒人の女性のようだったと彼女はメールに書いていました。700クラブという番組は祈りのパートナーを得るプログラムも持っているのでしょうね。私たち家族のことをまったく知らない黒人の女の人が、私のホストマザーとともにEliの命が救われるように祈ってくださったこと、今も感謝しています。

さて、マックス・ルケードさんの書き込みを見て、久しぶりに700クラブがなつかしくなり、そのHPに行ってみると、ちょうどあるクリスチャンのイケメンドクターであり健康番組のホストでもある方が、インフルエンザの予防の仕方について語っていました。

手を20秒間洗うこと、そして、手を洗ったら鼻や目に触れないこと。鼻水や目の粘膜には菌がたくさんいるのでしょうね。

Eliはまだ新型インフルエンザの予防接種を受けていません。私がぼーっとしていたばかりに、まだ予防してあげられていないのです>< 未熟児ママの友達の1人に久しぶりに連絡とってみたら、彼女はしっかりもので、1時間半電話をかけまくって今月すでに1回目を接種。来月2回目もちゃんと予約できてるとか。。。私は電話をかける手間を惜しんだばかりにこんな状態です。今度夫が先着順に受け付けるという病院に朝から並んで予約を取る予定なのですが、どうか先着40番までに入りますように。そしてワクチンを接種しなくても、できる限りの予防策(手洗い、うがい、鼻や目に触らない)を励行できますように。

とびましたが、700クラブには有益な情報がたくさん。これからときどき訪れてみようと思います。
[PR]
by martha2nd | 2009-11-25 15:15 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd