<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

久々の発熱

先週少し咳をしていたEli、
金曜の夜に38.8の熱が出て、
土曜の午前中は37度台で元気だったうえ、
当初からの予定の「つくしのおみまい」に行きたがったので、
小児科によって診察してもらって、お薬をもらって、
それから家族で「つくしのおみまい」に行きました。
また、その後ホームセンターに行って、つくしを入れるためのケージを作るため、
メッシュネットを買って、夫が家で立派なケージを組み立てました。

売ってあるものは立派ですが、猫用だと中が2階建てとかになっていて、
つくしはジャンプができないので、2階建ての必要もなく。。
まあ、1000円くらいで出来上がったそうです。

そんな買い物にもつきあわせたせいか、また夜にEliが発熱。

今日は食欲もかなり戻り、ほっとしています。熱も下がった様子です。

昨日のつくし。
a0107924_16411585.jpg


獣医さんに術後のレントゲンなども見せてもらい、
説明を受けました。
つくしは去勢済みの男の子で、年齢は1歳になるかならないか、くらいだそうです。
私の見立て、正しかった!
[PR]
by martha2nd | 2013-04-28 16:41 | 息子の誕生後 | Comments(2)

最近の野鳥など

ダイサギはこの間までクチバシが黄色だったのに、もう夏仕様の黒に変わっていました。
a0107924_135426.jpg


思いっきり逆光ですが、近くで撮れたさえずるモズ。
a0107924_1355589.jpg


これは昨日撮影。初めてカメラを持っているときにオナガに遭遇しました。しかし、これも逆光。
a0107924_1361324.jpg


そしてこれは鳥ではなくカエル。きれいな水の池を最近発見しました。
a0107924_1375342.jpg


これも鳥ではなくカメ。後ろ脚を両方とも伸ばして日向ぼっこ。
a0107924_1391186.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-04-26 13:10 | 動物植物 | Comments(0)

つくしちゃん

保護した猫、拾ったところの近くにつくしが生えていたことや、
その毛色や、つくしのような生命力を期待することから、
「つくし」と呼ぶことにしました。

過去のカメラデータを見ていたら、今年の初めごろ、まだ中子供の猫たちの中に、
つくしらしき赤いキジ猫がいました。
a0107924_1249161.jpg

私は、毛が長い子猫たちが何匹かいることは気づいていて、
優しい人ならこういう見た目が良い子猫だけでも保護して、
里親を探してあげるのだろう、とか思って、自分の行動力のなさを嘆いていました。
そしてこのつくしらしき見栄えのぱっとしない子猫にはまったく注目していませんでした。

今月初めのデータに、またもつくしらしき猫。
近所の空き地にいるところを私が写真に撮ったようでした。
a0107924_1252147.jpg


そして怪我をして、歩道の脇にいるところ。通り過ぎて、歩道橋を上って、
やはり気になるので歩道橋から見下ろして撮った写真です。
a0107924_1253493.jpg


そして昨日病院に面会に行ったときの写真。
上から背骨を開けて、圧迫された神経を解放し、背骨を固定する手術をしたそうです。
潰れていた部分の神経は、かなり色が悪くなっていて、多分復活できないので、
残った神経をどれだけ生かせるか、というのがこれからの課題みたいです。
おそらくこれからのリハビリで回復度が変わってくると思います。
がんばってリハビリしてあげようと思います。
点滴もしてもらって、しばらくは絶対安静のつくし。
a0107924_12562060.jpg


ちゃんとカメラ目線。
a0107924_12564157.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-04-26 12:58 | 動物植物 | Comments(2)

勇気を振り絞りました

a0107924_23151564.jpg

昨日、息子を保育園に送る通り道に、優雅に日向ぼっこをしているような、赤毛の猫がいました。でも、歩道とはいえ自転車がビュンビュン通る道です。ふだんこんなとこに猫なんかいません。

おかしいなとよく見ると、その場で排便もしていて、どうもそこから動けないだけのようです。腰とか背骨の怪我だと瞬間的に思いました。私はこういう子を見ても、その後に自分にふりかかる責任や面倒を考えると、何もせずに見て見ぬふりをして通りすぎます。でもそこは毎日通る道で、このまま誰も何もせずにいれば、この子は自転車に気づかれずに踏まれるか、飢えて干からびてそのまま死んでしまうでしょう。私と息子は毎日その様子を嫌でも見なければいけない。

目付きにはまだ力があり、息も弱くない。だれもが気づかないのか、知らんぷりなのか、通りすぎていきます。朝の忙しい時間ですしね。悩みに悩んで、夫にも電話で相談して、「助けるなら、その後の覚悟を決めないとね」と念を押され、もう既に誰かに助けられてることを期待しつつ、ダンボール箱を持って現場に再び向かいました。息子は保育園に送り届けたあとです。

まだいました。私をみてファーっと威嚇しました。前足だけで逃げようとしました。でもなんとか捕まえて箱に入れ、動物病院に連れていきました。5日間入院費なしで預かってくれることになりました。それまでに里親を探すなりしてほしいということだと思います。

うちの文鳥もみてもらったことがある、大きな動物病院で、獣医も何人もいます。昨日診察した若い獣医さんの見解では、背骨が折れていて、下半身麻痺になっているので、一生前足で這うような生活になるだろう、整形外科の専門の獣医さんがいて、その人が手術しても治る確率は高くない、とのことでした。そしてその専門医が手術するとかなり高いと。

我が家で飼うなら、鳥もいるし、下半身付随のほうが都合がいいと思った薄情な私もいました。

今日病院から電話があり、昨日休んでいた整形外科の獣医が診たところ、もしかすると治るかもしれないから、できれば手術をしてあげたい、と言うのです。野良猫ということで、研究的な意味合い、後身の指導という意味合いもあるみたいでした。手術料も、背中に入れる金具などの材料費だけでいいと。治らないかもしれないのです。私はしなくてもいいかなと思いました。しかし、夫や親しい友は、治るかもしれないなら手術してみたら、乗り掛かった船だから、と、意外に優しく気前がいい考え方でした。私が一番ケチで薄情でした。

そういうわけで、明日手術です。歩けるように、なりますように!!
[PR]
by martha2nd | 2013-04-23 23:15 | 動物植物 | Comments(6)

多摩川にクレソンが

a0107924_2073361.jpg

河原に生えてるこの草、わさびのように根っこは川の水の中にあり、葉っぱがクレソンに似てたので、食べられる草かなと思ってたのですが、調べてみるとホントにクレソンでした。何度か袋いっぱい採って帰る人を見かけて気になってたのです。夫はもっと上流のものでないと食べたくないと言ってますが。。とりあえずひと枝、採ってみました。野生だから強いのか、もうかなり長い根っこが伸びてます。
[PR]
by martha2nd | 2013-04-19 20:07 | Comments(0)

繭と墓

三好達治の詩を読んでみたくて、図書館に行ったときに、
詩集のところに三好達治のものはなかったのですが、
金子みすゞのはあって、
詩なんて私なんかが理解できるような分野ではなく、興味もそこまでなく、
彼女の名前を知ったのも、息子と「にほんごであそぼ」という
子供向け番組を見ていたときで、
彼女の詩はその番組で取り上げられたものだけしか知らなかったので、
今回彼女の詩集を借りてみました。

彼女はクリスチャンではないと思いますが、
詩人という人たちの感性で世界を見ると、真理を悟るのだろうなと思いました。
聖書を解き明かされなくても。

もう今日が期限で本をかえすので、一つだけ、メモとして、
彼女の詩をここに書いておきます。

繭と墓

蚕は繭に
はいります、
きゅうくつそうな
あの繭に。

けれど蚕は
うれしかろ、
蝶々になって
飛べるのよ。

人はお墓へ
はいります、
暗いさみしい
あの墓へ。

そしていい子は
羽が生え、
天使になって
飛べるのよ。
[PR]
by martha2nd | 2013-04-19 10:45 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

久々の通訳

久々に通訳を頼まれて、なんとなく断れない雰囲気で、
土曜日丸一日その仕事に出かけます。
かなり緊張しています(笑)

その大仕事が終わったら、5月2日から参加するパストラルケアの研修のために
大量の予習が待っています。

Eliには「お母さん、どうしてお仕事するの?」と言われ、
「Eliにピアノを買うためだよ」ともっともらしい口実を言っておきました。

実際家計に余裕を持たせるためでもありますが、
幼稚園だと子供の帰りが早く、子供と過ごす時間が多くなるので、
私にとってものすごくストレスなんですね。
仕事をすれば保育園に預けられるので、子供との時間が減る。
あまり長くいっしょにいると、優しいお母さんではいられなくなるんですね。
ほんとに、あまり子育てに向いてない女ですね。

でもほんとにそのうちに働いたお金でピアノを買ってあげたいです。
Eliが黄色のピアノがいいと、もっと小さいころに言っていたので、
めったにない色のピアノだとは分かっていますが、
できれば黄色のピアノを入手したいです(笑)

親ばかかもしれませんが、ピアノの先生のところのグランドピアノをEliが弾くと、
ほんとにしっかりした良い音が出せるんですよ。指の力もついてきたし、
小学生くらいになったらピアノを買ってあげられるといいですね~

最近はハーモニーを作るのに興味が出たみたいで、
よくいろんな音を同時に弾いて、和音の研究をしているようです。
鉄道オタクですから、駅の発車メロディーなども弾いてます^^;
[PR]
by martha2nd | 2013-04-18 23:46 | 仕事 | Comments(0)

八重桜散る

a0107924_13345671.jpg

八重桜というくらいだから、1つの花に40枚くらい花びらがあるのでしょう。散ると、地面がピンクの絨毯です。
[PR]
by martha2nd | 2013-04-17 13:34 | Comments(0)

二輪車に挑戦

a0107924_13323345.jpg

早い子は何ヵ月も前から二輪車に乗ってましたが、うちの子は慎重派なので、三輪車でスピードを楽しむタイプでした。でも昨日保育園に迎えに行ったら、初めて二輪車に挑戦していました。1日目は全然乗れなくて、見ての通りの悔し泣きです。
[PR]
by martha2nd | 2013-04-17 13:32 | Comments(0)

カワセミとヒバリなど

金曜日、河原の土手に行ってみたらカワセミが飛んできて枝にとまり、
魚を物色し始めました。
a0107924_11325692.jpg

そして捕まえました。水に潜ったところは写真に撮れず。。。
a0107924_11333347.jpg

石に打ちつけて魚が動かなくなるようにして、くわえたまま飛んでいきました。

今朝同じところに行ってみましたが、カワセミはおらず、
私にとっては初めて見るアオジという鳥に出会うことが出来ました。
a0107924_11351519.jpg


川下の対岸にトビが下りたのですが、遠すぎて望遠でもこんな感じ。。
a0107924_11355280.jpg


仕事もたくさんあるし、こんなことしてないで早く帰らなきゃ!と自分に鞭打って家に帰っていたら、
ヒバリがさえずりながら砂浴びしていたので、またそこで時間をくってしまいました。。
a0107924_11365622.jpg


仕事や子育てで忙しい時期に、こんな老後の楽しみにとっておけばよいような趣味に走ってしまった私はいったいどうすればいいのでしょう。時間のやりくりが目下の悩みです。
[PR]
by martha2nd | 2013-04-16 11:38 | 動物植物 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd