<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

死が近づいた人

私はスピリチュアルケアというものを学んでいますが、
私が学んでいるスピリチュアルケアの教育機関は日本に唯一のものではなく、
他にもいくつか団体があります。
そして今日は他の団体で同じようなことを学んでいる友人の誘いで、
そちらの公開講座を受けに行ってきました。
講師はケアタウン小平の山崎医師。
大学病院の消化器外科医を経て、病院で死んでいくことのシステムに疑問を感じ、
船医を経て、ホスピス医となられた方です。

様々なことをお話しくださいましたが、私が一番印象に残ったのは、
山崎先生が14年のホスピス病棟での勤務、在宅ホスピスを開業して現在8年。
この24年間におそらく数えきれないほどの死に瀕した患者さんに接してこられたと思います。
そして余命いくばくもない状態で体が弱り、死が近くなったときに、
「死んだらどうなると思いますか」という問いに「無になる」という方はほとんどいないそうです。
ほとんどの方が、この世の続きの世界がある、と感じているそうです。
また、死が非常に近くなると幻覚が見えるようになり、たいていの人が「先に行った人」を見ているのだそうです。
それで「お迎えが来た」とか言うのだそうです。

山崎先生は現在のところ特定の宗教は持っていらっしゃいませんので、これまでそういう患者さんに「そうだと良いですね」と答えていたそうなのですが、最近はもう本当にそうなんじゃないかと、つまり死の向こうにも続いている世界がある、と、思ってきたそうです。

私自身は聖書からそのことを信じますが、信仰を持っていない山崎先生が経験に基づいたうえで、その見えない世界、天国というようなところの存在を信じていいのではないかと思っていらっしゃることに、自分の信じる聖書への裏付けをいただいたようで、より大きな希望を持つことが出来ました。

この見えない世界の存在は、おそらく考古学とかいった科学の確かさ以上のものがあると思います。
始祖鳥より原始的な鳥の化石が見つかったとか、現代科学の確かさというものに首をかしげますね。
[PR]
by martha2nd | 2013-05-30 15:03 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

つくしにあいさつ

保育園に行く前につくしに行ってきますを言うEli
つくしは入って遊ぶように与えていた紙袋をびりびりに破っていました(笑)

だいぶ自分の意思を表現したりするようになりました。
動物にも「自分」というもの、「心」というものがあるんだなと思います。
a0107924_1332896.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-05-28 13:03 | 暮らし | Comments(0)
私が近所の河原でバードウォッチングを始めたとき、
一番見たかったのがトンビの狩りのシーンでした。
未だにその瞬間を目撃したことはないけど、
いつも結局何も獲物を取ることなく、旋回しながらどこかに消えるのに、
今日は獲物を持ったトンビを2回も見ました。
かなりおなかが空いていたみたいで、
カワウにまで襲いかかろうとしたほどです。

獲物が一体何なのかが明瞭ではないですが、
カエルとか野ネズミとか魚とか鳥の雛とかでしょうか。。
a0107924_12522672.jpg


a0107924_12524473.jpg


トンビにも狩りに成功してほしいですが、
近くにいたカルガモの親子にはどうか手を出しませんように。
a0107924_12542736.jpg


河原にはオニグルミや桑の実が実り始めています。
a0107924_12553324.jpg

a0107924_12554583.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-05-28 12:56 | 動物植物 | Comments(0)

日本侵略的外来種

先日美しい鳥を見ました。
野鳥のフィールドブックに載っていないので、
私は新種の鳥を発見したかと思いました(笑)
しかしよく調べると(今はネットがあるので便利ですね)、
「ガビチョウ(画眉鳥)」という中国からペットとして輸入されたものが
逃げて野鳥化したものだそうです。
中国ではよくペットとして飼われていているとか。

a0107924_21362215.jpg

ところがこの美しい鳥、「日本侵略的外来種」に指定されているのです。
かわいそうに。。元々渡り鳥として来たものではないけど、
鳥なんて国境とか関係なく渡りをするものが多いし、
渡り鳥の中でも留鳥化している種もあるのだから、
そんな侵略的とか言わなくてもいいのじゃないかと思います。

侵略的外来種といえば、もう一つ。
これも最近発見したもので、イタチハギというそうなのですが、
おそらくとても甘い蜜を出すもので、ミツバチやカナブンが群がっていました。
マメ科の植物のようです。
a0107924_21364349.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-05-26 21:36 | 動物植物 | Comments(0)

新しいお友達

a0107924_13314876.jpg

亡き母が買っていたトラのティッシュケース、つくしのお友達にしてみました(笑)
[PR]
by martha2nd | 2013-05-24 13:31 | Comments(4)

オニヤンマなど

今日は久しぶりに河原に行って自然を撮影しました。
おもに鳥を撮るために行ったのですが、バサバサっという音がして見回すと草むらにいたのは大きなトンボ。オニヤンマと思われます。10センチはあったでしょうか。近くにサナギの殻もあり、羽化仕立てで羽を乾かしている様子でした。
a0107924_12304152.jpg
a0107924_12302764.jpg


そしてスッポンもいました。
a0107924_1231881.jpg


鳥はオオヨシキリ(たぶん。逆光はなはだしいですね^^;)とトンビが撮れました。トンビはめずらしく民家の屋根で休んでいました。
a0107924_1232870.jpg

a0107924_12323388.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-05-23 12:33 | 動物植物 | Comments(0)

最近のEli

毎朝毎晩、「つくしのおしっこさせてあげた?」と心配するEli。
でも私たち親があまりつくしにかまっていると、やきもちを焼いてつくしの上をまたいでみようとしたり、下に兄弟が生まれた子供のような行動をしようとします^^; 
よろけて、つくしの背中でも踏もうものならつくしの体はもうボロボロになってしまいますので、コラッ!!と怒りますが。

a0107924_1223676.jpg


河原で石投げするのが楽しいようで、保育園帰りに河原に寄った時の写真。今日も帰りに石投げしたいと言っていたなあ。ちょっとめんどうですが、付き合ってあげましょう。
a0107924_1224157.jpg

[PR]
by martha2nd | 2013-05-23 12:24 | 息子の誕生後 | Comments(2)
まとめられるかわかりませんが、前回の研修から帰ってきて、とりあえずスーツケースから本やノートやファイルを出して机に積んでいたものを、今片づけまして、その下の方からノートが出てきて開けるようになったので(笑)
ノートを見ながら備忘録的に書いてみたいと思います。箇条書きになるかもしれません。

☆人間は輝いている、と言われるのはなぜ?
ダイヤモンド原石は輝いていない。カットの仕方で光ってくる。
カット面の数がたくさんあればあるほど、そこから光が入り込んで乱反射して光が外に出て輝いて見える。

同様に人間も多面的な存在だから輝く。このことを忘れると人間を一面からしか理解できない。
「あの人は~~だ」「私は~~だ」と一面的に見るのではなく、人間は多面的であることに気づくことが重要。
そしてまずケアをする私自身が多面的な存在であることに気づかなければ、相手(患者さん)の多面性に目を向けることができない。

☆人間のことをヒトというが、これは大和ことばの「日・霊(いずれもヒと読む)」のある「所(ト)」という意味。
「日」は光と熱を発している。光は何かアイデアなどを思いついたときにマンガで電球が光る絵が描いてあったりすることにもみられるように、真理を表している。
また、熱は「熱中する」などというように好きであること、つまり「愛」を表している。
つまり人の霊というものは光と熱、真理と愛がその性格である。
古代大和の人たちは聖書など知らなかったであろうが、重要な真理に気づいていた。
つまり、聖書に「神は真理である。神は愛である」と書いてあり、人間はその神の似姿に造られた、とあるので、人間の霊が真理と愛を持っているという、大和の人たちの考えは、聖書と矛盾しない。

☆人間は体、心(思考、社会性)、霊(精神性)によって成り立っており、真の健康はこのバランスが保たれているとき。
研修中2人組で1分間「あなたは身体的にどういう人ですか?」「私は身体的に~~です」というように、問答し続けるワークを実施した。このほか「あなたは社会的にどういう人ですか?」「あなたは精神的にどういう人ですか」という質問も行った。

私は「身体的」「社会的」にはまあまあ答えることができたが、「あなたは精神的にどんな人ですか」と聞き続けられると、最初の数問は答えられても、その後答えに困った。つまり、私は自分の精神的な面について、意外に知らないでいるということがわかった。

☆人間に基本的に与えられているものは自由意志(大切なものを選ぶ意思)と合理性(真理に基づいて考える)。私たちはよく考えずに行動していることが多く、その行動の裏にある「欲求、動機、意思、願望」などを良く見つめてみると、そこからスピリチュアルな領域に入っていくことができるかもしれない。私たちのスピリチュアル(霊的)な状態が私たちの行動には現れるということ。愛+真理=行為

☆スピリチュアルケアは生活そのものでなければならない。
「知ってるよ」ではなく「やれるよ」という状態でなければならない。

☆自分の経験、体験を根本的に振り返り、その中の意味を見出す。これがそれぞれの「哲学」というもの。このように自分の経験に精通することは、結果的に自分の経験を手放すことになり、これによって、患者さんの話を聞くときに、患者さんの経験を自分の経験と重ねて理解するのではなく、それそのものを受け入れることができるようになる。

☆和解とは、相手との話し合いに基づくものではなく、自分の心の中にいる相手をゆるせる、ということ。

☆ホスピスには癌患者はいない。つまり患者さんに接するとき「がん患者」というくくりにしない。それぞれの患者さんが唯一無二の存在。それぞれ個別の人生を歩んできた人。その唯一無二の人の霊やたましいに寄りそうことがスピリチュアルケア。また同時に私たちケアをする人たちもそれぞれが唯一無二の存在である。

☆「聴く」ということ。聴くという姿勢が相手へのプレゼントになる。相手に解答を与えることが目的ではない。解答は相手がすでに持っていると信じる。私たちが十分に聴いてあげたときに、相手は自らの解答に気づくもの。

☆役割が存在意義を造るのではない。存在意義が役割を造る。
患者さんの存在意義(生きているということ)に寄りそう。そうすることで私自身が生かされていることに感謝できる。

☆昏睡や重い痴呆で脳が正常に機能していない人について。脳はその人そのものではない。脳はその人を表現するシステムであり、それが壊れているだけ。魂、霊、私、愛というものは、脳がシステムが壊れていて画面に映らなくても確実に「在る」。霊、私、愛は、死の瞬間まで成長する。

☆赤ちゃんに戻った老人が教えてくれること。私たちが学ぶべきこと。それは私たちも赤ちゃんのときに父母や世話をしてくれる人に同じようにしてもらっていたこと、赤ちゃんを育てることの苦労を知る、思い出す、ことができる。

☆スピリチュアル(霊的)なことに気づく、ということは、プレゼントされているもの(すでにそこにあるもの)に気づくこと。「相手は私の中にあるものを見せてくれる鏡」

☆何度も同じ話をする人がいるが、その人がなぜその話に何度も帰らなければならないのか、まだ解決されていない問題、傷、がそこにあることにその人が気づいてないから。そのことに気づいたときに、その人はその話をやめる。

ざっと箇条書きになってしまいました=3

息子のお迎えに行ってきます。今日は保育園からピアノのレッスンに直行です。
[PR]
by martha2nd | 2013-05-22 16:04 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(2)

事故から1か月

つくしを保護してから約1か月です。
今朝ちょうど同じ保育園の子のパパとばったり会ったので、
話しながら歩いていて、つくしを保護した場所をとおりかかったときに、
つくしを保護した話をしたら、その人がちょうどその日の朝車を運転しているときに、
つくしらしき猫が車道の脇にいるのを、誰かが歩道の脇まで寄せてくれた
と教えてくれました。
私はつくしが外傷のない背骨の骨折だったし、居たところが歩道だったので、
自転車とぶつかったのだと思ったのですが、
自動車だったのですね。
けっこう車の通りが多い道路ですが、よく外傷もなく済んだと思います。
まあ、下半身まひになるほどの骨折をしてしまいましたけど。

今日は獣医さんに経過を診せに行ってきました。
大きな問題はないようです。
自分で排便する力がないので、どうしても便秘気味で、
腸を動きやすくする薬を処方してもらいました。
あと、ワクチンも打ちました。外猫なら5種混合だそうですが、
他の猫と接触することはまずないと思われるので、3種混合です。

やさしい獣医さんで、「前足で歩いている動画などがあったら、そのうち見せてください、嬉しいので。」
と言っていました。つくし、と命名したことを話すと「ほんとだ、模様がつくしの傘に似てますね」と。

私は鼻があまり濡れないのが気になっていたのですが、
それはあまり気にしなくていいそうです。緊張すると濡れる子とかいるそうで、
つくしはけっこう怖がりで、病院では緊張していたのか、鼻が濡れていました(笑)
[PR]
by martha2nd | 2013-05-21 15:21 | 動物植物 | Comments(0)

探検中

a0107924_157401.jpg


なんとも散らかっている部屋ですみません。
このパソコン部屋で私が仕事をしていることが多いので、
つくしのケージは私のデスクの後ろに置いてあり、
ケージの中から私が仕事をする背中を見ることができます(笑)

いつもケージから出すと、ケージに戻りたがるのですが、
今日は冒険心が出たのか、部屋を探検し、夫のデスクの下に行って(写真)しばらく熟睡していました。

なんとも痛々しく背中の毛が剃ってあります。
足もなえているのがよくわかる写真ですね。
本人は自分のことを惨めとか思ってない様子。何よりの救いです。
状況の変化を受け入れ、柔軟に対応する賢い子だと思います。
私にはだいぶ心をゆるしています。

私もつくしの膀胱をしぼって排尿させるのがとても上手になりました。

それにしても綺麗な猫です。
顔もハンサムだし、毛並はこれまで触ったことのある猫のなかで一番ソフトです。
もちろん保護したときはそんなことまったく考えずに保護したんですよ。
[PR]
by martha2nd | 2013-05-17 15:07 | 動物植物 | Comments(4)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd