<   2014年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

新しい都

a0107924_1136463.jpg

教会でお墓を購入し、先日の日曜日が奉献式でした。
長らく議論されていた墓地の購入ですが、予算などのめどもつき、購入に至ったというわけです。
これまではいくつかの教会の合同墓地でしたが、この辺に住んでいる人が行くには
とても遠くて辺鄙なところにあったのです。
墓石の周りに敷いてある砂利は、黒か白か五色という選択肢だったようですが、
五色が選ばれました。
私はこれは聖書にある天国の描写を思わせるのでいいなと思います。

私は黙示録が好きですが、ここ数年読んでないような気がするので、
改めて、その天国の描写の箇所を開いてみました。

少し長いですが引用してみましょう。
黙示録21:19~23
都の城壁の土台石はあらゆる宝石で飾られていた。
第一の土台石は碧玉、第二はサファイア、第三は玉髄、第四は緑玉、
第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、
代休は黄玉、第十は緑玉髄、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。

また十二の門は十二の真珠であった。どの門もそれぞれ一つの真珠からできていた。
都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。
私はこの都の中に神殿を観なかった。それは、万物の支配者である、神であられる主と、
小羊とが、都の神殿だからである。

都には、これらを照らす太陽も月もいらない。というのは、神の栄光が都を寺師、
小羊が都のあかりだからである。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-30 11:35 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

詩人

今日の息子の語録

神様はどうやって草とかつくったの?
草を作ったとき、神様の指は緑になったんじゃない?
空を作ったとき、神様の指は青くなったんじゃない?
夕焼けを作ったとき、神様の指はピンクとオレンジと紫になったんじゃない?
[PR]
by martha2nd | 2014-09-27 23:36 | Comments(0)

特別な日

a0107924_865251.jpg

a0107924_865516.jpg

a0107924_8657100.jpg

a0107924_873494.jpg

a0107924_8244453.jpg

a0107924_8244514.jpg

昨日は保育園で9月生まれの誕生会があり、9月生まれの子の親も招かれました。先生から影絵のプレゼントがあったほか、給食もいつもより豪華で、誕生日の子には手作りケーキが毎月プレゼントされます。また、誕生会の日は親が仕事を休んで来ていることが多いので、給食後たいていの子が親と帰ります。
うちの子も昨日は早帰りして、京王れーるランドというところに行き、閉館近くまで遊びました。シミュレーターで電車の運転したり、模型の運転をしたり。
その後、帰宅。
保育園からおみやげにもらったアイスやケーキを食べました。
保育園での誕生会、祝ってもらうのはこれが最後。

保護者の間でもだんだん卒園の準備が始まってきました。私は卒園アルバム係になりました。大変そうですが、思い出作りにがんばりまーす!
[PR]
by martha2nd | 2014-09-27 07:59 | Comments(0)

りえママ

りえママこと女優宮沢りえの母上が亡くなったとのことですね。
私は宮沢りえが好きですね。女優として本物と思います。
女優として本物ということは、彼女の内面もかなり豊かで、柔軟性があって、
人としてものすごく素敵なんだろうと思います。

これまでいろいろ報道されましたが、なんといってもそんな宮沢りえを形作る基盤となったのが、
宮沢光子さんだったのでしょうし、つまりはお亡くなりになった光子さんも偉大な方といえるでしょう。

宮沢りえさんがお母さんの訃報について発表した直筆コメントは
「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に、私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」
というものでした。

私には彼女のような言葉の豊かさがないので、母が亡くなった時こんなにうまく言い表せなかったですが、
りえちゃんの言葉をお借りできるならば、7年前に亡くなった母に対して同じように思います。「役者として」という部分は私は「人として」とでも入れ替えようかと思いますが。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-25 12:12 | ニュース・社会 | Comments(0)

最高の1日

a0107924_221589.jpg

あわただしく準備していたので、また動物病院に連れていかれるのかと怯えて隅っこで固まってるつくし。

a0107924_2215953.jpg

公園の遊具で遊ぶEli.

a0107924_2215931.jpg

公園の「みんなの原っぱ」という場所。ここにシートを敷いて、売店で買った焼きそばお稲荷さんとカレーを食べました。

a0107924_222085.jpg

公園から帰り、私は一人多摩川へバードウォッチングに。

a0107924_222038.jpg

バードウォッチングから帰り、ベランダの洗濯物を入れるときの夕暮れ。

今日は、最近自転車が大好きな息子の経験を積むために、家族で2キロほど離れた国立公園にそれぞれ自転車に乗って行き、中のサイクリングコースも周って、合計10キロくらい自転車に乗りました。息子は、最高の1日だったと言ってます。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-23 21:58 | 暮らし | Comments(0)

ピアノの発表会

a0107924_1313350.jpg

a0107924_1313420.jpg


昨日は息子のピアノの発表会でした。
生徒さんがたくさんいるので、3時間半もの長丁場でした。
会場の近くの老舗喫茶で夕ご飯を食べて帰りました。
お花は、見に来てくださった、以前ベビーシッターをしてくださってた方から。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-22 12:58 | Comments(2)

語録

最近息子の話すことが面白くて、記録に残しておかないとと思っていたのに、
ちゃんとメモしてなかったからいくつも忘れてしまいました。
とりあえず覚えているものだけ。。

(1)
私: お母さんが子供のころ使ってた部屋から、夜中になると天の川が見えたんだよ。
息子: えー、いいな。僕もお母さんが子供の時に子供だったらよかった。
私: そしたら私はEliくんのお母さんじゃないことになるよ。
息子: そしたら熊本のじいじの子供になってたんじゃないの?
私: あ、お母さんときょうだいだったってこと?でもね、熊本のじいじは怒りっぽくて怖いから、じいじの子供じゃないほうがいいと思うよ。
息子: 熊本のじいじより、お母さんのほうが怖いと思うけど。

(2)
ピアノのレッスンの帰り。
私: Eliくんの後に弾いてたお姉ちゃん、全然間違わずに上手だったね。
息子: お母さんは僕のお母さんなんだから、僕を信じて!

(3)
息子: 神様はどうしてお母さんを怖く作ったの?
私: え?私、怖い?神様、間違っちゃったのかもね。
息子: 違うよ、神様はお母さんが僕のこと好きだから怒るように作ったんだよ。

(4)
寝る前に絵本を読む時間。
私: 寝る準備が遅くなったから今日は1冊しか読まないよ。
息子: お母さん冷たいなあ。
私: そうだよ、お母さんは冷たいんだよ。

(息子、私の体をべたべた触り、)
息子: 熱いだろ~~~~~!(と言いながらベッドに倒れる)
[PR]
by martha2nd | 2014-09-18 14:52 | 息子の誕生後 | Comments(0)

サシヨリ

a0107924_14341928.jpg


9月8日~14日、熊本の実家にお世話になりました。
というのは、以前にも書きましたが、9-13の5日間、スピリチュアルケアの研修があったからです。
今回私は6回目の研修になります。
今回7回目を迎えた研修生が2人いました。
7回目には人生の振り返りを全研修生と講師たちの前でしなければなりません。
で、2人のうちの1人がこの学びを始めた理由というのが、
ほんの数年前に、信じていた人に騙され、生活の基盤をめちゃくちゃにされて、
死にたいと思っていたときに、この学びにたどり着いたとのことです。
この研修生に、研修先の病院ですでにパストラルケアをお仕事として実践されている方から
「熊本弁にサシヨリという言葉があります。とりあえず、という意味ですが、
人間にはサシヨリ今日を生きる力がある。あなたはサシヨリその日その日を
生きてきて、この学びに出会えた。死ななくてよかったですね」
というお言葉がありました。

私も、そういえば、息子を妊娠して入院しているとき、この先どうなるのだろうと
不安な毎日だったけど、とにかくサシヨリ一日一日を過ごしていたなあ。
先のことを考えると押しつぶされそうになるけど、とにかく余計なことを考えずに
その日その日を生きることが、時には必要なのかもしれませんね。

そういえば、この病院の「人間国宝」とも呼ばれている患者さんと
1対1でお話しする機会がありました。
80代の車椅子のおばあちゃんです。手足が不自由で言葉もはっきり話せません。
頭はしっかりしているようです。
その方が、会話の最後のほうでおっしゃったのが、
「心でよかったあ!と思えば、何でも良いほうに行く。頭でいろいろ考えてもわからん」
という名言。
あまりにも満面の笑顔なので、「幸せですか」と訊いてみたら、
やはりまた満面の笑みで「幸せ」と答えが返ってきました。

サシヨリ、今日を、心で「よかったあ」と思いながら、頭でくよくよ考えることをせずに生きていくことを積み重ねれば、幸せな1か月、幸せな1年、幸せな一生となっていくのかな。。

写真は熊本空港の搭乗口近くの壁に書いてある熊本弁。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-16 14:34 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(2)

公道デビュー

a0107924_1318985.jpg

保育園のお友達は、もう公道を走ってる子もけっこういるのですが、我が家は親に度胸がなくて、先送りしていました。そして、一昨日河原の歩道で練習し、公道もいけるかもと、夫が後ろからジョギングする感じで、昨日3キロ離れた市民プールまで、初めて公道を自転車に乗って目的地まで行きました。夫は、行き帰り文字通り走って、その間にプールにも入って、と、クタクタになり、帰ってから昼寝していました。

小学校に上がったら、自転車の免許制度があって、毎年テストに合格しないと公道を走ったらいけないことになってるらしいです。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-16 13:12 | Comments(0)

ドーピング疑惑

a0107924_10552290.jpg

ウタが、私が留守にしてた間に、かなり元気になっていたのですが、これは夫の自然体な接し方と、たまにカゴから出す名どの、適度な運動が功を奏したと思ってましたが、もちろんそれも大きいとは思いますが、薬を2倍の濃さで与えていたことが判明しました。
もともと弱めにしてあったので、2倍でかなり元気になったということは、これからもこの濃さでいいのかもしれないです。今度、獣医さんにきいてみよう。
[PR]
by martha2nd | 2014-09-15 10:52 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd