<   2015年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

迫害

NHK連続テレビ小説「あさが来た」のモデル、実在の広岡浅子さんが書いた「一週一信」という本を
少しずつではありますが読んでいます。
今日読んだところで、キリスト教と日本社会の関係は平和なように見えるが、これは日本社会がキリスト教を受け入れているからではなく、無視無関心なだけである、これこそ迫害ではないか?というようなことが書かれていて(原文は古い日本語です)、思わずハッとしました。
今まで考えたこともない新しい視点であり、真実だと思いました。

そして自分を迫害する者のために祈りなさいというイエス様の言葉は、一見平和な状態でも、いつでも有効であり、信者はこの言葉に従う機会がいつでもあるということだと思いました。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-30 12:31 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

母の誕生日

今日は亡き母の誕生日です。
年を取ることをとても嫌がっていた美意識の高い母でしたので(笑)
何歳か計算するのはやめておこうとおもいます。亡くなったときの、63歳のまま、
いや、天国で新しい体を得て、もっと若々しくなっているかもしれません。
お母さん、
イエス様といっしょにこちらを見守っていてください。
よろしくお願いします。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-30 12:23 | 食べ物 | Comments(0)

ムクドリ

a0107924_23132765.jpg

この写真はムクドリの集団です。
息子がピアノを習っているマンションは大型で約千世帯が住んでますが、その中庭にある木々が、最近ムクドリのねぐらとなっていて、夕方になるとしばらくこんな風に集団で飛んだ後、ざーっと木に下りていきます。今日はピアノの日だったので、マンション敷地内から、この空を見ることができました。

[PR]
by martha2nd | 2015-10-27 23:10 | Comments(0)
今回の風邪は軽く済むかと思ったのですが、
これは終盤なのか中盤なのか、、
昨日から咳と鼻水が苦しくなってきました。
熱はなくてもなかなかきついですね。
子供のころや若いころは
「風邪気味」でもそんなにつらくなかったけど、
加齢にはかないません。

明日は息子の遠足みたいなものがあり、
一応授業の一環で、落ち葉やドングリを探す「秋探し」という名目ですが、
とにかくお弁当作りをしないといけないので、
風邪気味ですががんばらないと。

今朝はだいぶ冷えましたね。
皆さまもどうぞお体に気を付けて。
うがい手洗いですね。
40代でこれですから、高齢者の皆さま、健康が守られますように。

インフルエンザの予防接種もせめて息子に受けさせないと。
今年は料金高めですね。
昨シーズン、予防接種したのに息子も私もかかってしまったので、
なんか予防接種する意欲が低いのですが、やっておくとかかっても軽く済むというし、
私の風邪が治り次第、重たい腰を上げて、家族で注射してこようと思います。

頭が
ボーっとして
とりとめもありませんが、
皆さまよい一日を。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-26 09:25 | 暮らし | Comments(0)

畑の恵み

a0107924_20151958.jpg

今日は久々に家庭菜園に行き、里芋と落花生を収穫しました。夕ご飯に早速いただきました。落花生は塩茹でも美味しいのですね。

[PR]
by martha2nd | 2015-10-24 20:13 | Comments(0)

結婚祝い

a0107924_20090569.jpg

今朝は私の友人から誕生日に買ってもらった人生ゲームで、結婚したのにお祝いがもらえず、朝から泣いてた息子です。

[PR]
by martha2nd | 2015-10-24 20:07 | Comments(0)

あさが来た

a0107924_15502260.jpg



ヒロインの相手役が玉木宏さんだという不純な理由で見始めた「あさが来た」ですが、
調べてみると、あさのモデルである広岡浅子さんは、のちにクリスチャンとなり、
ご自身の信仰やキリスト教への思いを一冊の本にされていたようです。
私もクリスチャンですから、読まないわけにはいきません。
それにドラマ自体、とても面白く、興味深く、魅力的でひきつけられますね。
あさという女性の魅力がとてもよく描かれているなと思います。

この本を読むと、あのドラマの中のあさがそのまんま年を取って
あのまっすぐな情熱の向く先がビジネスではなくキリストになっただけという内容です。
まだ読み始めたばかりなんですけどね。

浅子は61歳で乳がんの手術をしたのが、神を意識する一つのきっかけだったようです。
亡くなったのは70歳。その10年にも満たない信仰生活ですが、
彼女のこと、どれだけ一生懸命聖書を調べたり学んだりしたことでしょうか。
私などもうすぐ洗礼を受けて20年ばかりになりますが、
とても足元にも及びません。
そして、彼女の燃えるような情熱と、鋭い視点は、
読み進めるのをためらうほどに耳や心が痛むのです。
自分の生ぬるい信仰が恥ずかしくなってしまいます。

神様は冷たいか熱いかでありなさい、と聖書でおっしゃっています。
生ぬるいのは吐き出したくなると。
浅子さんの「熱い」信仰は、どれだけ神様を喜ばせたことでしょうか。

針のむしろを歩くような覚悟で読まなければならない本ですが、
私も少しずつ感化されていきたいと思います。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-22 15:49 | ニュース・社会 | Comments(0)

薬物乱用防止講習

昨日息子の学校で薬剤師さんが来て、薬物乱用防止講習というのがあったようです。
小学一年生にまで必要かな?と思いましたが、全校生徒集めてあったみたいです。

どんなことを聞いたの?と帰ってきた息子にたずねてみました。
「持ってるだけで捕まっちゃう薬があるんだって」
とのこと。

あと
「薬は水で飲まないとだめだって。実験で薬をお茶と水に混ぜたら、お茶のほうは真っ黒になった」
そうです。

お茶で飲むくらいいかなと思ってましたが、やはり水で飲んだほうがよさそうですね。

私、実は風邪ひきました。喉と頭が痛いです。
そんなわけでお昼ご飯を食べたら薬を飲もうと思います。
水で。

子どもから学ぶことも多いですね。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-21 11:18 | 暮らし | Comments(0)

「空」という漢字を使って文を作りなさいという宿題で、私が助け舟を出し、「空が赤くなっています。」とかは?と言うと、「ゆうやけ」って言葉があるの知らないの?と怒って、違う文を自分で考えて書いたようです。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-20 21:19 | 息子の誕生後 | Comments(0)

童話作家の講演会

先日図書館でふと手にしたチラシに、童話作家の方の講演会の情報がありました。
詩人でもある方のようです。
私が無知でお名前を認識してなかったのですが、
私が息子に読み聞かせたこともある本をたくさん書いている方でした。
1924年生まれ?
そんな方がまだ講演会をできるのか?
しかし童話作家や児童文学者というのは、長生きな方が多いという印象を持ちます。
私が小学生のころ大好きで読んでいたコロボックルシリーズを書いた
佐藤さとるさんも90歳近くでご健在。
ここ数年で何人かの有名な童話作家が亡くなりましたが、皆かなり長生きでした。
例えば昨年亡くなった古田足日(ふるたたるひ)さんなども、今調べてみましたが1927年生まれ。
子どもの心を失わずに齢を取っていった人たちは、長生きの傾向があるのかもしれません。

さて、私も子どもたちに読み聞かせなどをすることもあるので、
この講演会にぜひ行きたいと思い、申し込みの電話をしました。
まだ席は空いていたようでほっとしました。

しかし最後に受付の方が「先生は90歳を超えていらっしゃいますので、
その日の体調によっては突然キャンセルになる可能性もあるので、
ご了承ください」とのこと。

はいもちろん了承します。
しかしぜひその日をお元気に迎えられて、
私たちに長年の経験から良いお話をしてくださいますように。
楽しみにしています。
[PR]
by martha2nd | 2015-10-20 11:20 | 暮らし | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd