<   2017年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ゆっくりと気長に

たまは、我が家でのポジションを確保したいのか、人間にはものすごく甘え、つくしにはめちゃくちゃ攻撃的です(^^;) そしてつくしが悲しいくらい逃げ腰(T ^ T)
a0107924_08545776.jpg


つくしが危険な時もあるくらいなので、別々の部屋で過ごさせてます。お互いの匂いに慣れるように、部屋を昼夜で交換したり。成猫同士が慣れるには数ヶ月かかるらしいです。

今日は2回目のハーセプチン投与。つくしをリビングに、たまを寝室に閉じ込めて、家を出て来ました。たまが、ドアを開けられる猫じゃなくてよかった(^o^)

a0107924_08545706.jpg


a0107924_08545833.jpg


[PR]
by martha2nd | 2017-05-16 08:50 | Comments(0)

ヘアドネーション

先日投稿の100歳まで元気に生きてぽっくり死ねる眠り方の本、ななめ読みで十分な内容でした(^^;
頭に残ってるのは、寝てる間に体が温まったほうがよい、しかも電気の力ではなく赤外線のようなもので温まるとよい。医療用の赤外線パッドなど。
でももう夏になって、体を温めながら寝るなんてできませんよ~
それができないにしても、夜はちゃんとお風呂で体を温めなさい、ということでした。
また、血流が重要で、ふくらはぎは第二の心臓ですから、貧乏ゆすりならぬ幸せゆすり体操がよいと。
つまり、貧乏ゆすりを体操としてやるということです。人前でやると感じ悪いので、一人で体操として。

さて、タイトルのヘアドネーションですが、
昨日久しぶりに教会に行ったら、友人の髪の毛がとても伸びていて、伸ばしている理由を聞いたら、医療用のカツラのために髪の毛を寄付したいから、と。私の病気のことを知って、髪を伸ばして髪の毛を寄付する(ヘアドネーション)ことを決意したようです。感謝!!

彼女自身も乳がんサバイバーで、今年で5年です。
彼女は手術以外、一切の補助療法は拒否して食事療法と漢方薬と湯治のみでここまできました。
私にも抗がん剤はやめたほうがいいんでは?と言われましたが、私の細胞タイプは抗がん剤が必須だということを説明すると、理解してくれたようで、このようにヘアドネーションも決意してくれていた次第です。

私もいつになるかわからないけど髪が長く伸びたら、ヘアドネーションしようかな。

[PR]
by martha2nd | 2017-05-15 13:52 | 友達 | Comments(0)
今日図書館に行ったら、こんな本があって、つい借りてしまいました。後ろの足は風呂上がりに裸でソーラン節を踊る息子です(^^;)

a0107924_21322972.jpg


100歳を目指す私としては、一応読んでおかねば。そして、やはり死ぬときはぽっくりがいいですよね(^^;)

1つ前の記事に書いたご婦人の死は、今日葬儀に行った夫から聞きましたが、心筋梗塞とのこと。本人は長く苦しむことはなかったのではないかと思います。

ただ突然すぎてご遺族にとっては悲しみはいかばかりかと思います。
[PR]
by martha2nd | 2017-05-13 21:23 | Comments(0)

明日の命の保証

2月に友人のお父様が突然の脳出血で亡くなりました。
とても気さくな方で、だれにでも話しかけられていました。
友人が実家に来た新聞の集金屋さんに、「きっとお父さんはこの人ともいろんな話をしたんだろう」と思って、
お父様が亡くなったことを伝えたら、その新聞屋さんはその場で号泣されたそうです。
この友人のお父様の葬儀で、久しぶりにお会いした方がいました。
その60代の女性は、2年前に30代の息子さんを突然の病気で亡くされました。
今でも息子のことを考えると涙が出る、とおっしゃっていました。
でも息子さんの葬儀の翌日、娘さんが出産され、
2歳になるお孫さんを息子さんの生まれ変わりのようにかわいがっていらっしゃる様子でした。
そしてこの方が今週突然に天に帰られ、明日告別式です。
私はどうしても明日は告別式に行くことができず、きちんとお別れできず残念なのですが、
夫が行きます。

私もがんになってしまい、時々先のことが不安になります。
今一番ほしいのは、「あなたはがんの再発なく、これからも元気に生きていけるよ」と、
誰か信頼できる人に太鼓判を押してもらうことです。
でも誰が太鼓判を押せるでしょうか。
医者には絶対太鼓判は押せません。
だってがんが再発するかもしれないという前提で予防や治療をするのが医者の役目だから。

しかしもし私ががんを患っていなかったとしても、
明日の命の保証はどこにもないのですよね。
私だけでなく誰にとっても。
一日一日が大事なんだなあと思います。




[PR]
by martha2nd | 2017-05-12 12:34 | 神・キリスト・聖書・十字架 | Comments(0)

発芽の嬉しさ

小さな種が発芽するとうれしいですね。
私は最近食べたものの種を蒔く、「食べまき」に凝ってます。
ゴールデンウィーク前に、食べたピーマンの種を蒔いたら、ほぼ全部発芽しました。1つでも発芽すればいいや、苗に育てて、市民農園に植えようと思ってましたが、十数個苗ができそうです(^^;) 友達にあげればいいか!

a0107924_15262835.jpg

a0107924_15262953.jpg




[PR]
by martha2nd | 2017-05-11 15:22 | Comments(0)

形成外科

今日は抗がん剤中は受診をお休みさせてもらっていた形成外科のほうに、
受診しました。4か月以上ぶりです。

大病院の形成外科といえども、胸の再建手術を専門とする形成外科医師はそんなにたくさんいません。
外来を担当しているのは一人です。

一人の先生で再建手術をする乳がん患者を全員診ているので、大変そうです。
予約時間に呼ばれたこともないし、午後は手術だからといつもバタバタしています。

私は今、エキスパンダーというもので胸の皮膚や組織を伸ばしています。
少しずつ水を入れて、エキスパンダーという水風船を膨らませるのです。
次はエキスパンダーをシリコンに入れ替える手術をします。
術後に胴体に巻くバンドが真夏だと暑いので、秋に手術する人が多いと先生は言ってました。

夫やファミリーサポートの方の都合を聞いて、次の入院手術の予定を立てたいと思います。
今度の入院は長くて1週間くらいだそうです。

乳房再建が保険適用でなければ、私は再建はしなかったと思いますが、
数年前に保険適用になりました。
乳がん経験者の方が署名活動などをしてくださって、
保険適用になったと病院に置いてあった乳がん雑誌で読みました。
ありがたやありがたや。。



[PR]
by martha2nd | 2017-05-11 14:51 | Breast Cancer | Comments(0)

たまちゃん

新入り猫のたまちゃん、強気です。
つくしは、取っ組み合いになれば自分が負けることがわかっているのか、逃げるが勝ち、と逃げます。でも唸り合いはつくしの方が声も低く、たまちゃんはそのうち後ずさりします。つくしは基本的にはたまちゃんに関心がありそうです。

成猫同士だと、なれるのに数ヶ月かかることもあるらしいです。気長に見守ろうと思います。

しかし、普通の猫って、こんなにジャンプできるの?って、毎日驚きます。よくピアノに乗ってます(^^;)
a0107924_10331863.jpg


[PR]
by martha2nd | 2017-05-10 10:29 | Comments(0)

新入り猫のたまちゃん

昨日の夜、友人が猫をつれてきました。
彼女の娘も一緒に来ました。うちの息子と同じ保育園だったので、
小学校は別ですが、お友達です。2年ぶりだからお互い照れてましたけどね^^;

たまちゃんもつくしも、お互いを警戒中です。
成猫同志だと、1週間から1か月は慣れるのに時間がかかるみたいです。
でもどちらとも人間には甘えん坊の性格だから、
いったん気を許せば、お互いに毛づくろいしたり、
お互いの甘えん坊の性格を満たしてあげられるんじゃないかと思います。
でもまだまだ時間はかかりそう。

ビビりのつくしもかわいそうですが、ここはつくしの家なので、
つくしはたまに対してけっこう強気です。
たまはつくしがいないときは出てきて人間に甘えますが、
つくしがいると、隅っこに隠れっぱなしです。
一番の心配は、たまがまだトイレに行ってくれないことです。
新しいトイレだからだと思います。

離婚は本人も弁護士事務所や市役所など回って大変そうだけど、
子どもも、ペットも、環境の変化を経験しなければならず、
大変そうです。。保育園の運動会のときとか、夫婦仲よさそうだったのにな。。


[PR]
by martha2nd | 2017-05-08 15:17 | 動物植物 | Comments(0)

元同僚がお見舞いに

今日は、元同僚の韓国人の友人がお見舞いに来てくれました。私たちは某企業の国際事業に関わる部署で、日英、日韓の翻訳や通訳をしながら、それぞれフリーの通訳として1人立ちすることを夢見て勉強してましたが、私は実力なく断念(笑) 彼女は今ではバリバリの通訳者です。

でも、夢に見た仕事も、慣れてしまえば毎日そんなに充実感を感じるものでもなく、ひたすら頑張ってここまで来たけど、今死んだら自分には何も残らないなあというのが最近の1番の思いだとか。結婚もしたい。できれば、子どもも欲しい。だれか彼女に素敵な人が現れないかなー。

お見舞いにもらったお花。
a0107924_16192638.jpg



[PR]
by martha2nd | 2017-05-07 16:02 | Comments(0)

熊本三泊四日

熊本への帰省が終わり、東京の家に戻りました。
到着翌日は犬の散歩をしたり、お世話になってる人にお土産を届けたり、母のお墓に行ったり、回転寿司に行ったり、近場で過ごしました。
a0107924_17570668.jpg

a0107924_17570653.jpg


その翌日は人吉市に足を伸ばしました。特急いさぶろうで行き、帰りはSL人吉でした。
球磨川、綺麗ですね。
a0107924_17570725.jpg


国宝青井神社のニワトリと。
a0107924_17570756.jpg



帰りのSLの車窓から、沿線でSLを待っていてとてもいい笑顔で大きく手を振ってくれるたくさんの人たちを見ました。今回カメラを持って行かなかったのですが、今度乗った時には、手を振る見ず知らずの人たちの笑顔を撮りたいと思いました。SLって、親しみを感じる存在なんですね。汽笛もロマンチックですよね。現代はスピード勝負だけど、昔のようなゆったりした旅も良いものだなと思いました。
a0107924_17570860.jpg


[PR]
by martha2nd | 2017-05-06 17:43 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd