<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5years

5yearsという癌患者の団体の事務局を夫の友人がやってる関係で、先日そのクリスマス会に行きました。

様々な癌の人たちが集まっていました。難しそうな部位の癌でステージ4の人でも、元気そうにしていたり、再々発の治療中に癌が消えて現在経過観察の人とか、とにかく元気でパワフルな人が多い印象でした。

病後にフルマラソンを何度も完走したという人も一人二人ではありませんでした。

5年生存率という嫌な言葉を乗り越えて、元気に社会に帰っている人たちが、後に続く人たちに希望を与えることができる団体です。

私も後20年くらいしたときに、知り合いが乳がんになって不安そうにしていたら、「乳がん?私も20年前にやったよー。大丈夫、治るよ!」と、元気に笑って言ってあげられるようになりたいな。

[PR]
by martha2nd | 2017-12-13 15:12 | Comments(0)

マンション忘年会

昨日はマンション忘年会でした。
100世帯近くある中で、10世帯も参加しない毎年の忘年会ですが、ご近所づきあいも兼ねて、極力出ています。管理人さんご夫妻ともいろいろお話できますし。

昨年は、私は入院中で欠席しました。

息子は友達家族も出席していたり、初めて会う子どもたちともすぐに友達になって、楽しそうにしていました。

a0107924_10193497.jpg


夫も初めて会うご近所さんと気が合ったみたいで、話が弾んでいました。同じ福島出身の人がいたり。

そういえば、管理人さんが、夜中に赤ちゃんの泣き声か猫の鳴き声がすると住人から言われていて、虐待とか心配されてる、とのことでしたが、タマの声じゃないかと内心思いました。よく夜中に鳴いてるから(^_^;) 

a0107924_10182693.jpg

a0107924_10183193.jpg


[PR]
by martha2nd | 2017-12-10 10:08 | Comments(0)
最近読んでいる本に、
女性ホルモンを牛などに投与することで、
30%少ない餌で太らせられ、
早く成熟する、と書いてありました。
だからそういった肉には女性ホルモンがかなり残留していると。
さらに調べると、ホルモン剤投与で、
肉が赤身になりやすい、とのことです。

私は愕然としました。
私は肉の脂身がきらいで、牛肉などはできるだけ赤身を選んできました。
輸入肉に赤身が多いので、国産牛より安いし、
輸入肉を買うことが多かったように思います。
今年になってほとんど肉は食べていませんが、
去年までの数年間は、
息子が肉好きだし、しかもミートソースとか、
タコライスとかが好物で、
牛ミンチを使ったものをしょっちゅう作っていました。
息子を大きくしたくて、子供の身長を伸ばすための本とかも読むと、
赤身の牛肉がいいとも書いてあるじゃありませんか。

だから、私も家族も、ここ数年でかなり赤身の牛肉を食べたと思います。

私の乳がんは女性ホルモン受容体陽性です。
女性ホルモンを餌にするタイプで、乳がんの多くがこのタイプです。
乳がん、卵巣がん、前立腺がんなど、ここのところ増えているがんはほとんどホルモンが関係するがんです。

なんと、私は女性ホルモンが多く残留している肉を何年も食べ続け、
ガンを育てていたようなものです。冷や汗。
私は今、毎日ノルバデックスという抗女性ホルモン剤をのんでいます。
これをのみながら肉を食べ続けていたら元の木阿弥でした。
病気になってからお肉食べないことにしていてよかった。

だからホルモン受容体陽性のがんの方に、
食べるならできるだけ国産の肉を選ぶようにお勧めします。

でも牛や豚や鶏も感情があり、恐怖心を持ったり、喜びを感じたり、眠っているときには夢もみる。
殺して食べるというのは、確かにお肉っておいしいんだけど、
本当に人間のわがままですね。
かわいそうなことをしてきました。
8年ほど前購入したうちのソファー、牛か豚の皮でできてます。2匹分くらい使ってあるかも。
この皮の持ち主が、そのうちに殺されるなんて知らずにのんきに生きていたとき、
どんな夢を見て眠っていたのだろうと思うと、
本当に、ごめんね、としかいえません。
次にソファーを買うことがあったら、布製にします。




[PR]
by martha2nd | 2017-12-04 11:53 | 食べ物 | Comments(0)

普通の社会人

今日から12月ですね。
11月に入ってからの時間の流れが速すぎます。
私にはめずらしくほとんど毎日予定が入っている。

最近息子が面白いことを言いました。
書き留めておこうと思います。

「お母さん、俺、大人になったら本当は何になると思う?」

「え?ピアニストになりたいんじゃないの?」

「いや、そんなんじゃなくて」

「じゃあ、お医者さん?」

「だから、そういうんじゃなくて、本当には何になると思う?」

「あ、夢が叶わなかったときに、結果的に何になるかということ?」

「そう、俺が夢を忘れたときに、何になるか」

「なんだろ。わかんない」

「俺は、普通の社会人になると思うな。普通に会社で働くと思う」

息子はどうも、会社員のことを社会人と思ってたみたいですね(笑)

しかし、「夢を忘れたときに本当になるもの」を意識しているって、なんと現実的な9歳!(笑)
夢、忘れないでほしいけど。

でも、ピアニストだって医者だって普通の社会人。
会社員も普通の社会人。
何になってもいいから、普通の社会人として自立してくれればそれでいいよ。
自分の生活が成り立ち、困っている人に少し分けてあげられるくらいの余裕がある社会人になれれば、うれしく思います。

[PR]
by martha2nd | 2017-12-01 09:11 | 息子の誕生後 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd