カルビにぎり

私は病気をきっかけに、菜食を心がけています。
元々は身体のためでしたが、だんだん他の生き物の命を取るのが苦しい気持ちになり始めました。まだ生きられるのに無理やり殺されるなんて、私が牛や豚や鶏なら嫌だなと、今頃気づきました。私だってまだ40代なのに癌に命を奪われたくないですから。牛ならほんとは20年以上生きられるのに、雄牛ならある程度成長したらすぐ、雌牛なら無理やり妊娠させられて(妊娠しないと牛乳出ないので)、子牛を産んでもすぐに引き離され、人間のために搾乳され、これを何度も繰り返されて体がボロボロになって牛乳が出なくなったら、5歳とか6歳で屠殺されて安い肉になるらしいです。涙。

それでも御免なさい!という気持ちで妥協し、魚と卵と乳製品は少しなら良いことにしています。。。ほとんど息子と夫のためです。でも別々のものを作るのは大変なので、私も少し食べてます。よって、私はヴィーガン(倫理的な理由で動物性のものを食べたり身につけたりしない)でもベジタリアン(健康のために植物性のものしか食べない。卵、チーズはオーケー。)でもなく、ほぼ菜食だけど魚も卵も乳製品も食べる普通の人です。

しかし家庭の食卓に動物性のものがのぼるのは絶対的に減って来てるので、たまに息子が外食したがり、昨日は久しぶりに回転寿しに行きました。回転寿しでは鳥の唐揚げも食べられますしね。最近は、まぐろも赤身より中トロとかを食べたがる息子です。昨日は今までなかったメニュー、カルビにぎりが回って来て、結構作りたてだったので美味しくいただいたようです。その時の嬉しそうな写真。久々の肉(^◇^;)

a0107924_10283307.jpg


私は、カッパ巻き、茶碗蒸し、鰻にぎり、いなり寿司、納豆巻き、ゲソの唐揚げなどを食べました。鰻さん、イカさん、御免なさい。

野菜中心にしてから、それまでよく頭痛がして、頭痛薬を週に1回くらいはのんでましたが、頭痛薬をのむことがほとんどなくなりました。

私が魚や卵は食べるので、息子に、「お母さんはまだヴィーガンじゃないね」と言われ、「あなたはまだ救われてないね」と言われた求道者のような寂しい気持ちになりました(笑) 少しずつヴィーガンを目指したいと思います。今後は靴やベルト、バッグなど、革製品は買わないつもりでいます。

息子は、「俺はまだ子供だから肉が必要。19歳くらいでヴィーガンになる」と言ってます(笑) 毎日給食に肉が使ってあるので、彼に菜食を強いるのは酷ですし、信仰と同じで強いられるものではないなと思うので、自分で選択していってほしいと思います。


[PR]
# by martha2nd | 2017-06-12 09:54 | Comments(0)

10年前

10年前の今日の夕刻、母が天に旅立ちました。膵臓がんです。

当時、夫も東京からしょっちゅうお見舞いに来てくれて、この日の午後いったん東京に帰ったのですが、羽田に着いた頃、母が亡くなり、熊本にトンボ帰りでした。急なことで熊本行きの飛行機に乗れず、福岡に行って、そこから高速バスで熊本に来てくれました。

まだ母が生きていたこの日の午前中、もう衰弱してほとんど動きもなく、眠っていることが多かったのですが、夫がもう母に会えるのも最後と思ったのか、「お義母さん、marthaちゃんを生んでくれてありがとう」と私の母に言い、私が「お母さん、いい息子ができて良かったね」と言った時、とても力強く母が頷いたのを覚えています。

そして夕方、もう最期の息をしているとき、母の目はずっと窓の外の空の方を見ていました。天からのお迎えが見えるのだろうか、と思うほどに。私が「お母さん、先に天国に行ったら、イエス様によろしくね」と言うと、このときも力強くうなずきました。

母は本当に衰弱しきっていたので、最期の日のこの2回の力強いうなずきは、私の記憶に強く残っています。

今頃、天国で何してるのかな(笑)

10年後の今日、私は今の今までしんみりする暇もありませんでした。なにしろ土曜日で、息子や夫の相手したり、畑仕事したり。

そういえば、息子が先日ヤゴを持ち帰り、結局玄関で飼うことになりました。釣具屋さんで赤虫を買って来て、与えてます。1人3匹持ち帰りのはずが、なぜか6匹も入っていて、唖然としてます。
a0107924_17061217.jpg

わかりますか?赤虫を食べるヤゴです。



[PR]
# by martha2nd | 2017-06-10 16:45 | Comments(0)

ぬか漬けに

免疫力がガンと闘うためには重要です。
免疫細胞の8割が腸にあるらしい。
腸内が元気だと、免疫力も上がるということで、毎日何かしら乳酸菌をとることにしています。

ぬか漬けも乳酸菌が豊富ということで、ぬか漬け始めてみました。
a0107924_22411327.jpg


[PR]
# by martha2nd | 2017-06-08 22:35 | Comments(0)
今日はハーセプチン全18回のうち、3回目の投与でした。
化学療法室のカーテンで仕切られた隣の椅子の男性は、
看護師さんとの会話から、ジェムザールを点滴しているようでした。
ジェムザールというのは、すい臓がんに使う抗がん剤で、
私の母も使っていました。
あまり効かなかったけれど(涙)

もうすぐ母の召天記念日です。6月10日です。
私は今、乳癌治療中の人たちとインターネットでけっこうつながっていますが、
親をすい臓がんで亡くしたいう人が何人かいます。
すい臓がんと乳癌は遺伝的な関係があるようなので、不思議ではないですけど。

でも心の持ちようが遺伝子のオンオフに影響すると、本で読みました。
思い切りや思い込み、前向きな気持ち、感謝する気持ちがあれば、遺伝子は良いほうに働くと。
「治るんだ」と信じて治療していきたいと思います!



[PR]
# by martha2nd | 2017-06-06 16:58 | Breast Cancer | Comments(0)

鉄道研究部

先週のいつだったか、息子が突然
「俺、中学に行ったら、鉄道研究部に入りたい」
と言いました。
これまで中学校に行っても部活は帰りが遅くなるからやらない、と言っていたのに。

息子が行く公立中に鉄道研究部があるのか調べると、なさそう。
中学校はとりあえず我慢して、高校で入ればいいじゃん!と言って、
私が息子に行ってほしい高校(近場の都立高 笑)の部活一覧をいくつかみてみましたが、
鉄道研究部がある都立高校が近場にない!

それで「東京、鉄研、中学」などで調べると、
鉄道研究部のある学校は受験していくようなところばかりで、
しかもけっこう難しいところばかり^^;

リサーチしていて偶然知ったのが、隣の駅から徒歩で行ける私立中高一貫の男子校で、
そこの鉄道研究部がすごそうだということ。
しかも、その学校の学園祭がこの週末にある、ということ。

この学校に行くかどうかは別として、
模型だけでも見に行く価値はありそう、ということで、
週末、夫と息子で見に行きました。
私は用があっていけなかったのですが。。

息子はそこの中学校に行きたいと、当然思ったみたいですが、
授業料高いから地元の中学校に行くようにやんわり言っておきました。
それ以前に、そうとう勉強しないと入れないし。

伸びしろとか考えたら、小学校のときに中学受験のためにあまり詰め込むのはどうかなと、思います。
私自身中学受験しましたけど、高校の時に普通の公立中学校でのびのび育ってきた人たちのほうが、
断然成績がよかった(笑)

でも私学に行くと、学校が勉強をちゃんと見てくれるから、授業料は多少高いけど
高校受験のために行く塾代がいらないという話も。。

息子にとって、どういう教育ルートがいいのか、少し考え始めるきっかけとなりました。


[PR]
# by martha2nd | 2017-06-05 13:57 | 息子の誕生後 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd