高尾山に登ってきます

今日は癌友達4人で、高尾山に登ってきます。
あんまり天気良くないけど、雨降りませんように。
おにぎり作りました!
a0107924_10042888.jpg


[PR]
# by martha2nd | 2018-10-23 10:03 | Comments(0)

Anita Moorjani

今日アニータ・ムアジャニという人の奇跡的な話を聞きました。
彼女は2006年に悪性リンパ腫の末期で、昏睡状態、家族に囲まれていたそうです。
彼女は急に体に痛みを感じなくなって、病室や病室の外まで俯瞰していたそうです。
娘が死にそうになっている母親の悲しみがそのまま自分も感じられたそうです。
医者があと1時間くらいで息を引き取るだろうと病室の外で行っているのが聞こえたそうです。
強く、しかしあたたかい光に包まれ、「無条件の愛というプール」に浮かんでいるような感覚で、
先に亡くなっていて、生前関係が悪かったお父さんがそこにいるのが分かった。
そこでは声でコミュニケーションをとるのではなく、
人の本質と本質が直接つながってコミュニケーションをとるのだそうです。
お父さんは、お前はまだこっちに来てはいけいない、と伝えに来たそうです。
生前関係が悪かったけど本当はお互いを愛していたこともよくわかったそうです。
アニータさんはまた自分の身体に戻ったとしても、その体は死にかかっているし、
帰りたくない、と思ったそうですが、帰ればその体は治る、とお父さんは教えてくれたそうです。

そして昏睡状態だったアニータさんは目を覚まし、
それでも医者はよくあること、と言ったそうですが、
日に日に意識がはっきりし、元気になり、物が食べられるようになり、
レモンほどもあった腫瘍が消えていったのだそうです。

https://youtu.be/rhcJNJbRJ6U
彼女はこのような経験をしてから、やはり、この経験の前と後では違う人生を送っています。
前は、他人に気を使って、他人の期待に応えようという生き方だったけども、
この経験をして、本当の自分ではない部分をそぎ落とし、本当の自分になろうとしています。
また、その重要性を人々に伝えたいと活動しています。
本も書いてベストセラーになったそうです。

「自分で自分を殺そうとしていたところに、癌が私を救ってくれた」と彼女は言っていました。
確かに私たちは大きな病気でもしなければ大切なことに気づかないものです。
私も癌になる前と後では当たり前ですが生きることへの気持ちが違います。

アニータさんのような経験をした人は他にもいるようです。
癌ではないですが、絶対に治らない病気の女の子が木から落ちて昏睡状態になり、
同じような光の中に包まれて、帰りたくなかったけど、
帰ったら治るよ、と言われて意識を取り戻し、
本当にその病が治ったという話で、
これは2016年に映画(「天国からの奇跡」)になっています。


[PR]
# by martha2nd | 2018-10-22 17:48 | Breast Cancer | Comments(0)

生まれて初めての膀胱炎

膀胱炎になりました。
私がです。
昨日の夕方からどんなにトイレに行っても尿意が解消されない。
今朝はちょっと血尿ぽい。。
病院に行ってきました。
軽い膀胱炎ということで、薬も出なかったです。
水をたくさん飲んでと言われました。
女性は尿道が短いから膀胱炎になりやすいらしいです。
そして最近、夜中から朝方にかけてひんやりするので、
トイレに行きたくても朝まで布団のなかで我慢していたんですよね。
みなさんもトイレは我慢せずに行った方がいいですよ。

尿意がずっと続くってホント気持ち悪い。

今回私は婦人科に行ったんです。血尿なのか不正出血なのかわからなかったし。
今飲んでいるタモキシフェンという抗女性ホルモン剤は少しだけ子宮体癌のリスクを高めると言われていて、
婦人科の先生にすすめられるまま、体癌検査もしました。思わぬ出費になったけど。
でも子宮内膜も卵巣もきれいだと言われたので、ちょっとほっとしました。

[PR]
# by martha2nd | 2018-10-19 14:24 | 暮らし | Comments(0)

先日の投稿から1週間

時間の経過が早すぎる。
先週の土曜から、もう1週間。
1日1日、暗くなるのが早くなる。
息子が習い事から帰るときはもう真っ暗。
習い事に付き添ったり、怒涛のように日々が過ぎる!

今日は、丸一日何もない日のはずでしたが、息子が耳が痛いと言ってて、見たら巨大な耳垢が届かないほど奥に。

耳鼻科に行って、耳用の掃除機で吸い取ってもらいました。耳鼻科って混んでますよね。予約時間より30分以上遅れて呼ばれた。

午後は息子の友達が遊びに来たので、二人で勝手に遊ばせて、私は仕事したり、ガンについての栄養の勉強したりしました。ここ数日、そういう動画を見て勉強してます。英語だから、全部はわからないんだけど。

とにかく添加物、遺伝子組み換えは怖い、ということ。

除草剤耐性にするための遺伝子組み換え植物があることを知りました。つまり、そういった作物は、除草剤という毒をたくさん浴びて、吸い込んでるということです。それでも死なないように遺伝子が組み替えられている。でも私たちの体に入るときどういう影響があるかは、長期的には実験されてないのです。大豆、トウモロコシ、砂糖大根などに多いそうです。食品を買うとき、遺伝子組み換えでない、という表示を確認してから買いたいと思いました。

あと、ブロッコリーには抗がん作用があるのですが、ブロッコリーの芽は、普通のブロッコリーの100倍も抗がん作用があるそうです。カイワレとか売ってるあたりにブロッコリーの芽も売ってると思うので、買ってみてください。私は乳がんがわかってから手術まで1ヶ月ちょいありましたが、その間よくブロッコリーの芽とリンゴやキュウイなどの果物をミキサーでジュースにしたものを飲んでいました。そのおかげか画像診断の曖昧さのせいかわからないけど、ガンがわかったときには2.2センチと言われていた腫瘍が、実際摘出後の生検では1.3-1.5センチと言われました。

最近ちょっと油断して野菜の量が減っていたのですが、また心して野菜と果物を食べていこうと思いました。



[PR]
# by martha2nd | 2018-10-13 22:47 | Comments(0)

保育園の運動会

a0107924_08562857.jpg
昨日、近所の保育園の運動会でした。息子が行ったところではありません。でも、小学生(主に卒園児)のリレーに、息子も出させてもらいました。この保育園に妹が通うY君と息子は、学童保育所が同じで、とても仲良しですが、Yくん一家は、お父さんの仕事の都合で、先週近隣の県に引っ越して、転校したのです。でも、妹の保育園の計らいで、引っ越した後だけど運動会に参加できることになって、おとといの夜から、帰ってきていたのです。

1週間ぶりに親友に会えた息子はとても嬉しそうでした。運動会に一緒に出て、その後も夜七時までぶっ通しで遊び続けました。

[PR]
# by martha2nd | 2018-10-07 08:56 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd