なんとかなりました

昨日はどうなることかと思いましたが、今、なんとか仕事を終えました。
昨日からイライライライラして、Eliにも何度も厳しい表情を見せたし、文鳥たちが新聞の下にもぐろうとガサガサ音を立てるのも耳障りに感じたり、かなり神経高ぶってました。
夫は9時過ぎに帰ってきて、それでも頑張って早く帰ってきたほうだし、本人もがんばったと思っているようだったけど、結局9時過ぎに帰られても大して育児参加できないんですよね。9時くらいまでにはその日の育児のすべてが終わっているので。そんなんでさらにイライラしてました。
非常に良くない精神状態だと分かっていながら抜けられませんでした。

私が夜中仕事をしていたら、夫も気遣って寝ないでいるようだったので、そんな無駄な気を使って無駄に睡眠不足になってる夫にさらに腹が立って「早く寝なよ」と迷惑そうに冷たく言ってしまいました。

高度成長期に、夜遅くまで働いて帰ってくる夫に感謝しながら、一人で何人もの子どもを育てたお母さんたちにはしかられそうですが、現代の世の中のお父さんたちがもっと育児参加できるように、毎日早く帰れるように、子どもたちと夕ごはんを食べられるように、強く願います。企業はそんなところまで気を回すわけがないので、政府の強制策が必要ではないでしょうか。
朝から晩まで母と子だけで過ごすのは、母親の精神状態に良くないし、ひいては子どもたちにも母親のピリピリ感が伝わって、良くないと思います。父親だって、早く帰って育児や家事に参加することが大事と思います。企業戦士だった人たちは、定年後、家に自分の居場所がみつからないという話をよく耳にしますよね。

政府にどのように働きかければいいのでしょうね。
[PR]
Commented by yoko at 2010-03-19 22:57 x
確かに日本の経営者って、社員の幸せを考えていない人がほとんどですよね。
忙しい時、大変な時は社員に無理をさせて
美味しい利益は、経営者がいただいて
会社の赤字が増えれば、こき使っていた社員をリストラする。。。
だから社員は強く物が言えない。
この悪循環ですよね。

私も「雇用されること」に限界を感じていました。
夫もたぶん同じでしょう。
だから自営を目指すことにしたわけなんですが・・・。

しかし政府も頼りなさすぎ・・・ですよね。
「夫にも育児休暇を」と言うなら
そういう義務にして子供が産まれて数カ月休む法律にしたら良いんですよね。
2年間残業なしとか。。。
今は昔と違って核家族なのだから
妻が全て抱え込むのは、時代に合わないと思います。
Commented by maki_sakura1217 at 2010-03-20 00:42
marthaさん、私も9時過ぎに旦那が帰ってくると本当にイライラしちゃうんです。
育児は全部終わってようやくホッとできるときに、旦那のご飯やらお世話があると悲しくなってしまうときがあります。
でもウチも頑張って帰ってきたよ、という空気を感じるのでどうしていいかわからなくなります。
Commented at 2010-03-20 07:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by martha2nd at 2010-03-23 11:32
☆yokoさんへ
そうですね。
被雇用者のことを一番に考えてくれる雇用主はほとんどいないですよね。経営と雇用のバランスってそんなに難しいのでしょうかね。人を大切にしたほうが、長い目で見て絶対に会社にも良いと思うのだけど。。。
Commented by martha2nd at 2010-03-23 11:34
☆makiさんへ
makiさんもそうなんですね(笑)
ちょっとほっとしました。
ほんと9時ごろ帰られても逆に疲れちゃいますよね。
「がんばって早く帰ってくれてありがとう」と心から言えないんです><
そんな自分にも嫌気がさして、精神的に疲れていくスパイラルにはまってる今日この頃です。
Commented by martha2nd at 2010-03-23 11:38
☆ayanoさんへ
私も祖母に育てられたようなものです^^
以前のように心から心配して育ててくれる親代わりの存在が今はあまりまわりに居ないし、やはり子どもにとって親の存在は大きいと思うので、「いのち」を強調する今の政権にどうにかしてほしいですね。。。いのちって、最低限の必要が満たされることではなく、子どもが健全に育つ環境、両親と朝ごはんや夕ごはんを食べられる環境を、整えて欲しいなと思います。
by martha2nd | 2010-03-19 14:26 | 仕事 | Comments(6)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd