皮膚科デビュー

Eliの顔にいくつか赤いかぶれができていて、どれも直径5mmから1cmくらいの丸い形なのです。
ネットで調べたら「ぜにたむし」っていうのに似てて、小児の頬などにできるとあるから、これかなって思っていました。よだれがすごいので、いつも口の周りが湿った状態で、最近暖かくなってきたから菌が活動しやすくなって、抵抗力の弱い子どもの皮膚が餌食になっちゃったのかな、なんて思っていたのです。

で、今日皮膚科に連れて行きました。
皮膚科ってまだ行ったことなかったから、どこに行けばいいのかわからず、とりあえず駅に一番近いとこに。そこは一般の皮膚科もやってるのですが、シミとかにきび痕とか美容系の治療にも力入れてるみたいで、置いてある雑誌が20~30代女性向けのファッション誌、美容誌がほとんど。そして患者さんもその年代の女性・・・と書きたいところですが、けっこう若い男性もいてびっくり。最近男の人も外見気にしますからね^^;

ま、でも小児も診てくれるとこみたいで、「はたらくじどうしゃ」とか、子供向けの本もありました。

診察の結果、Eliの湿疹はたむしじゃないそうです。ネットで見てよく似ていたので、信じられず何回も「本当ですか??」と念を押してしまいました。皮膚をこそいで細胞を顕微鏡で見ての診断なのにそのドクターの説明になぜか納得できない高慢な私でした^^; お見立ては、皮脂や食べ物が酸化してかぶれたのだろうとのこと。。。 でもこのドクターが正しいなら、感染するものじゃなくてよかった=3

顔に塗るので強い薬は出せないとのことで、軽い塗り薬と炎症を抑えるための飲み薬をくれたのですが、飲み薬ってちょっと大げさではと思ってしまった私です。あ、そんなんでお昼ごはんの後に飲ませるの忘れました>< 夕食後はのませよう。。。
[PR]
by martha2nd | 2010-05-06 15:14 | 息子の誕生後 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd