クリスマス鍋

めでたくEliの熱も下がり、今日は予定通り友人一家と我が家で鍋パーティーをしました。
本当は友人宅でするはずだったのですが、Eliが風邪気味ってこともあって、我が家で行わせてもらいました。誰かが家に来ると部屋がすっきり片付いていいですね(笑)

いや、それにしても食べた食べた。お腹がパンパンです。

友人の息子(6歳)はサンタさんをまだ信じているらしいです。

うちの子はサンタを信じさせて育てるべきか、、、、決めかねています。
私がずぼらすぎてそんな手の込んだことできない(笑)

先日図書館の読み聞かせ会で、読み聞かせしてくれた人が「小学校くらいになって、友達にサンタなんかいないと言われても、家に帰ってお母さんに、そんなことないよね、ぜったいいるよね、って確認するくらいの子供であってほしいの」って言ってたんですが、サンタ信じる前にイエス様信じてって感じですよ(笑)

神の御子イエスが私たちの救い主として神でありながら人として、しかも赤子という無防備な形でこの世におくだりくださったという、神様からの最高のプレゼントであるイエスさまを覚えてクリスマスにプレゼントし合う習慣が根付いてきたわけで、サンタさんもそれがベースにあって子供たちにプレゼントを配ることを始めたのだから。

でももし我が家がサンタさんを信じさせずに育てた場合、信じてる子の夢を壊すようなことを言いかねないから、やっぱり信じさせるのは悪くはないかもしれません。今年は時すでに遅しだし、私たちからクリスマスのプレゼントってあげてないんですが、まあなんとか来年から出直せるでしょうか(笑)
でもサンタを信じるにしても、どうしてサンタさんが子供たちにプレンゼントを配るようになったのか、その意味を知ったうえで信じてくれたらうれしいな。
[PR]
by martha2nd | 2010-12-25 22:51 | 友達 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd