若い力

乳癌になるまで、乳癌の細胞のタイプに何種類かあって、それぞれ治療法が違うことなんて全く知りませんでした。
私のはハーツー(HER2)というたんぱく質が陽性のタイプで、ハーセプチンという薬が登場するまではあまり予後が芳しくなかったようなのですが、
このハーセプチンという夢のお薬で、手術の前にがんを小さくしてから部分切除を受けることもできるそうです。
そして小さくなるだけでなく腫瘍が消滅する人もいるとか。。もちろん一部の人だけれど。
私は部分切除で乳房温存ということにこだわりがないし、部分切除だと同じ乳房内で局所再発する確率も高くなるので、
最初に一気にバッサリ全摘してもらい、今後の再発転移防止のために術後に抗がん剤とハーセプチンで治療します。

それで、本題ですが、HER2陽性の人のブログなどを探していて、
私は2人の若い乳がんサバイバーの存在を知りました。日本人です。
一人は鈴木美穂さん。日本テレビの政治記者2年目だった24歳のときに乳癌がわかりました。

そして今、乳がん患者の人たちのために、記者の傍ら多くの活動をされていて、今年マギーズ東京という施設をオープンしました。

そしてMIYUKIさんという方は31歳のときにHER2陽性の乳癌になり、現在33歳でまだ治療後間もないのに、乳癌の人たちが情報をたくさん得られるようなコミュニティサイトをインターネット上に作ってくださっています。

そして市川海老蔵さんの奥さんの小林麻央さんもブログで情報を発信してくださってますね。

若くして乳癌になってしまった方々ですが、若さゆえのパワーなのか、持前の前向きさなのか、どちらもかもしれないけど、自分もまだ治療後間もなかったり治療中だったりする中で、後に続く人たちのために道を整えてくださって、私も参考になる情報をたくさん得ることができています。

彼女たちの活動に心から感謝したいです。そしてこれからも末永く活躍されてほしいです。
その様子を私も末永く見守りたいです!!!





[PR]
by martha2nd | 2016-11-25 14:21 | Breast Cancer | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd