行商人

a0107924_133671.jpg

昨晩、ジムが終わって、夫と夜道を歩いていると「すみません」と声をかけてきた若い女の子がいた。段ボールをいくつかカートに載せて引いている。「私、八百屋なんです。今日はとてもいいデコポンが手にはいったのでいかがですか」と言う。聞けば、店舗があるわけではなく、卸し専門だけど、こうやってカートを引いてオフィスなどを回ることもあるのだとか。なんとなく狐につままれたような気もしたが、毒が注入されてたらどうしようと思いながらも何故か買ってしまった。家に帰って食べてみたら小ぶりながら濃厚な味。おいしかったです。文鳥たちも喜んで食べました。
[PR]
Commented by Chatty at 2008-04-01 14:47 x
マーサさんも人がいいナァ。。。以前こんな事がありました。
店に東北弁(もろ?青森弁?)をつかう前掛けをした、おじさんが上がってきて「青森さからぁ、りんご積んできたんだけんど、買ってくれねかなぁ、車さ下に止めてあるんで、商品さ見てくれんろ~」みたいな。。。情にもろい母はひと箱お買い上げ~。決して高くも、安くもなかったと思います。
買ってから車を見送る時に私は気が付きました。。。走り去る車のナンバーは青森ではなく所沢でした!!ちょうど、その頃、さくらんぼやりんごの農園荒らしが頻発していて、よくニュースに取り上げられていました。あの、おじさんは本当に青森から東京までりんごを売りに来たのかナァ。。。今でも疑問に感じています。
Commented by martha2nd at 2008-04-01 16:40
☆Chattyさんへ☆
やっぱり怪しいでしょうか・・・
私は情にもろいわけではないのだけど、やっぱりヤクルトレディーに感じるものを昨日の女の子に感じて、かわいそうに思って買ってしまったんですよね。
結果、毒もなく、おいしかったのですが。
品物といっしょに、その卸の会社のチラシもくれたので、本当に実態のある会社なのか、今度その住所の近くを通った時に見てみたいと思います(笑)
by martha2nd | 2008-04-01 13:03 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd