なぜ私だけが

昨日チャプレンが来た後、教会の婦人方が二人、ばらばらにいらっしゃいました。でもあまり時間もずれず、三人での楽しいおしゃべりのひとときとなりました。先に来た方は、15年前にご主人を癌で亡くし、今70歳ですが、全く歳を感じさせず、他人のためにだけ時間を割いているような活動的な方です。ご主人の死後に運転免許を取って、多くの人の送り迎えや、小規模な引っ越しなどに、ご自身の車を用いています。その方が昨日差し入れてくださった本に「なぜ私だけが苦しむのか」というタイトルのものがあり、「これ、とても良かったわよ」とおっしゃいました。私は思わず、「え、○○さんでも苦しむことがあるんですか?いつも何事にも動じず、元気に動き回っていらっしゃるのに」と言うと、「そんなの表向きよ。」とさらっとおっしゃいました。そうかあ、苦しんでないように見える人も、苦しんでいるんだなあ、とその方の奥深さに感心しました。
[PR]
Commented at 2008-07-30 13:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-07-31 00:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by N at 2008-07-31 09:47 x
ママさん、しょうちゃん、おはようございます。
・・入院されてからの日々が、どのような長さに感じられていることか~ 肉体の管理者として親とされての困難さは、十字架にある真理を握っておられるとはいえ ことばにならないものだと思います。
寝られぬ時があるとすれば 秒針が動く一時 いっときの上に マーサさんが どのように針をご覧になっておられることか~
 セミが鳴いているこの7月最後の日も ひき続き お祈りしております。 +m(--)m+   窓から青い空が見えるとよいのですが
(あら^^今 雲ばかりになってきてますねぇ)(あの~そちらと駅の間のお豆腐屋さんの冷奴がおいしかったなぁ~夏の贈り物!情報だけですけど!!^0^)
by martha2nd | 2008-07-30 11:03 | Comments(3)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd