おとなりさん

今日、隣のベッドの人は退院です。入院期間が短かったので、軽い切迫早産だったのだと思います。
看護師さんや介助の人にはいつも低い声で不機嫌そうに答えてるのですが、今朝若い男性の担当医が回診に来たとき、今まで聞いたことのないかわいい声で話してたのでビックリしました。

この人は毎日お母さんが見舞いに来てたのですが、ご主人やご主人の実家の愚痴とか言って、聞いてるこちらもあまり気分よくなかったです。唯一の救いは、お母さんが彼女に賛同するのでなく、「そんなこと言っちゃだめだよ」とたしなめていたことかな。

夜はだいたいご主人がいらっしゃるのですが、やはり嫌味っぽく、昨日は退院を前にして「私が仕事もしてるのに家事も一人で頑張ってたからこうなった」と言ってました(^_^;) でもご主人もけっこう嫌味っぽい人で、とにかく二人の会話が変化球ばかりなので、昨日はカーテン越しに夫と笑いをこらえてました。でも結婚前の私たちを見るようで、過去の自分を反省させられました。

でもお互いに意地悪できる余裕があるのは、入院理由がそこまで深刻じゃないこともあるかもしれませんね。私たちの場合は幸か不幸か夫婦一致団結するしかないですから~。神様が私たち夫婦に新しい創造を始められているような気がします。
[PR]
Commented by マシュウ at 2008-08-02 10:45 x
まるで自分のようだと思いました。
夫婦の一致ってほんとに大事なもんですね~反省です。
今日会いに行きますね!
by martha2nd | 2008-08-01 10:58 | Comments(1)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd