2009年 02月 19日 ( 2 )

タクシードライバー

証くんを病院に私一人で連れて行くときはタクシーを利用しています。

前回も今回も、行きのタクシーの運転手さんに「赤ちゃんは何ヶ月ですか」と聞かれ、9月に生まれたけど、本当は12月が予定だったことを言うと、「僕も未熟児だったんですよ」という答え。
未熟児ってけっこういるのかな。前回の運転手さんはちょっと信憑性にかけたのだけど、今日の運転手さんは「お腹の子を出さないと母子ともに危ないといわれて、帝王切開で生まれたんですよ。1800グラムくらいだったかな。僕は産道を知らないんです」と言っていたので、多分本当でしょう。

そして「未熟児で生まれると大きくなりますよ~。小さく生まれたから体が大きくなろうとするみたいです。僕は今90Kgですよ」と励ましてくれました。うーん、その説は本当かどうかわからないけど、確かにこの運転手さんは大柄でした。背も高そうで。

この人のお母さん、この後2人娘を生んだそうなのですが、なんと普通分娩だったそうです。現代では一度帝王切開すると、次も帝王切開と決まっているのに、昔はそういう決まりはなかったのかな。お母さんが子宮破裂とかせずに、妹さんたちも無事に生まれてよかったですね。

この運転手さんはそんなに大変な思いをして自分を生んでくれたお母さんに深く感謝していると言っていました。お母さんはだいぶ前に脳出血で突然亡くなられたそうで、「あの時は辛かった」と言っていました。

おしゃべりな運転手さんだったけど、けっこう感じがいい人で、あっという間に病院に着きました。

沈黙が苦手な人なのか、ちょっと話題が途切れると、私の出身地まで聞いてきたり。
「ぼくね、眉毛がこんなでしょう?若い頃、よく、九州の人かと言われましたよ。九州の人ってみんな顔が濃いんですか?」と言われました。確かに石黒賢をもっと太らせたような顔立ちでした。

「うーん、そんなことないと思いますよ」と言うと、
「そうですよね、福山雅治だって九州だけど、さっぱりしてますよね。」と納得されてました。

料金支払うぎりぎりまでこんな話をしていました。

帰りのタクシーの人は、行きの運転手さんとは正反対で寡黙な方でした。ちょっと高齢者だったので高速乗ったりするの不安だったのですが、そんなことはない、かなりの安全運転で、冷房もちょうどいいくらいに入れてくれて、快適でした。私まで眠っちゃいそうになりました。

それにしても、我が家は落ち着きますね。帰ってきてほっとしています。
[PR]
by martha2nd | 2009-02-19 16:20 | 息子の誕生後 | Comments(5)

お風呂が楽に

整形外科の先生に診てもらいました。
今日は本当はギプスを巻かれる予定だったのだけど、
素人目ではだいぶ足が治ったように見えるし、
何よりギプスしているとお風呂が大変なので、
「ギプスしたほうがやっぱりいいですかね。。。お風呂が大変で」と
控えめに言ってみると、
「うーん、しなくてもいいかもしれないわね」
と、ギプスよりソフトで取り外しができるものを作ってくれました。
これを足にはめて上から包帯で巻くと、簡易ギプスのできあがり。
今日からお風呂が楽になります。
もうちょっと成長が落ち着いたら、本格的な装具を作ってもらいます。
これもいらないのでは?と思うけど、やっぱり少しは右足が内側に向いてしまうので、
骨の柔らかいうちに、徹底的にやっておいたほうがいいですよね。

診察が終わって、授乳室で私がおにぎりを食べている間、
ソファーの上で待っていた証君。
a0107924_15524179.jpg


高速に乗ると、眠くなるみたいで、もう家についたのにまだ寝ています。
昨日は心配したけど、今日の通院、楽勝でした^^
次回もよく寝てくれるといいな。
[PR]
by martha2nd | 2009-02-19 15:54 | 息子の誕生後 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd