人気ブログランキング |

カテゴリ:息子の誕生後( 720 )

息子は最近バスケットボールに夢中。
バスケの監督もバスケの指導に人生捧げてる感じで(40代独身)、
世の中お盆休みの今週も、監督はどこに行くでもなく、
火曜から今日まで三日連続で練習試合や合同練習を組み、
私は毎日朝早く起きてお弁当作り。

昨日と一昨日は、集合場所の公園まで、夫が出勤かねて送って行ったのですが、
今日は会場が近場なので集合時間が遅めで、夫は仕事に行った後なので、
私が送っていきました。送っていくほど遠くでもないのですが、
息子は送って行ってほしいと言うもので。
その途中、今朝朝ご飯に出したお弁当のおかずの残りの味付けについてダメ出しされ、
短気な私は「もう弁当なんか作ってやらん」と言って、
家に引き返しました。
短気すぎたかな?
でも、バスケットボール自体、私の中では抵抗があるんですよね。
ピアノやバイオリンといった習い事に付き合うのは、全く苦痛じゃないけど、
バスケットボールは指をケガしやすいし、はっきりいって下手だし。。
活躍する子なら応援のし甲斐もあるけど。
ピアノやバイオリンは、息子は練習すれば練習するだけ上達するから、
聞いていて楽しいのです。
親の勝手なのかもしれません。

しかしなかなか受け入れられない私です。
4月から急に私の生活の中に息子のバスケットボールというものが入って来て、
親の当番があったり、土日はほぼ両日朝から夕方まで試合や練習。
土日は夫がバスケに同行してくれるので、私の時間は削られないけど、
家族全員で過ごす時間もかなり減っているし、夫と息子はまず教会に行けてない。

しかし、基本北風と太陽は太陽が勝つので、
無理やり辞めさせるのは逆効果です。

でも1学期の通知表がかなり悪かったので、2学期の通知表が1学期よりさらに下がったら、
3学期からはバスケットボールは辞めさせる、ということは家族で合意しています。

さあ、夕方息子が帰って来た時、
やさしく「お帰り」と言えるかな、私。

by martha2nd | 2019-08-15 16:41 | 息子の誕生後 | Comments(0)

明日は運動会

明日は小学校の運動会です。
猛暑になることを鑑みて、子どもたちは教室でお弁当を食べ、
親たちはお昼の時間は体育館でお弁当を食べるか、家に帰って食べるかしてください、
という小学校からお手紙が来ました。
でも明日は曇りで、涼しそうです。
私としては、お弁当を子ども用だけ作ればいいので、楽ですが。
やはり重箱にお弁当をつめるのは、周りの目も気になるし、プレッシャーです。笑
我が家は小学校に近いので、私たち親は、お昼は家で食べようかなと思ってます。

一昨日未明、友人のお母さまが亡くなりました。
同じ教会に通ってました。
ご主人を2年前に亡くされてからは、一気に認知症が進み、
脚も弱って、施設に入られてました。
その施設で、去年の11月から彼女が少しでも讃美歌に触れられるように、と、
牧師夫妻と私含む数人のボランティアで、讃美歌を歌う会を開いていました。
明日はその方の葬儀が重なってしまい、運動会があるので行けないので、
さきほど、明日行けない人数人で、短くお別れ会をしてきました。
眠っているうちに亡くなられた様子。
検死によると肺炎で亡くなったということなので、
もしかすると少し苦しまれたのかもしれないけど、
棺の中の彼女は穏やかな、眠っているようなお顔でした。
また会いましょう。

by martha2nd | 2019-05-31 15:29 | 息子の誕生後 | Comments(0)

ゴミ出しボランティア

5年生からゴミ出しボランティアという活動に参加でき、
息子はみずから手をあげてこの活動に参加することになりました。

息子の小学校の周りには築50年を超える団地が何十棟も立ち並んでいて、
少子高齢化の日本ですが、団地は特に高齢化しています。
5階建てですがエレベーターもありません。
週に2回の燃えるゴミの日は、上の階に住んでいる高齢者は大変です。
それで、ボランティアの小学生がごみを出してあげるのです。
おそらく一人暮らしのお年寄りの安否確認も兼ねていると思います。

昨日が息子のボランティア活動の初日でした。
小学生3人ずつ、特定のお宅に割り当てられています。
息子のグループは5階に住むKさんという男性を担当することになりました。

昨日息子が学校から帰って来て、
「Kさん、とっても優しいおじいさんだったよ。90歳くらいじゃないかな。腰が曲がってて大変そうだったよ」
と教えてくれました。
そんな人がエレベーターのない団地の5階に多分一人で住んでいるなんて大丈夫なんでしょうか。
子どもたちとの交流で活力を得て長生きしていただきたいです。

登校途中にする仕事ですが、お礼のお菓子などをどうしてもあげたいという高齢者もいるらしく、
本当は学校にお菓子を持って行ってはいけないけど、このボランティアの日に高齢者がお菓子をくれたら、
いただいていいことになっているそうです。拒否したらがっかりされてしまいますよね。

息子がこういう活動に参加してくれてうれしく思います。

by martha2nd | 2019-04-16 10:44 | 息子の誕生後 | Comments(0)

春休み真っ最中です。

春休み真っ最中です。
今月いっぱいは学童保育所に行きます。お弁当作りは大変だけど、昼間子供がいるのといないのでは仕事の捗りが違います。

今日のお弁当。
a0107924_15351563.jpg


4月になったら覚悟しなければいけません。笑
2日から5日は春期講習で午前中はかろうじて留守です。でも1日目は心配なので一緒に行って、お茶して暇つぶして、帰りも一緒に帰ってこようと思ってます。

by martha2nd | 2019-03-26 15:32 | 息子の誕生後 | Comments(0)

春期講習

先日某塾チェーンからDMが来て、
体験で春期講習が無料、って書いてあって、
4月から学童保育もないし、
春休みにダラダラうちにいてもらっても、
私も仕事に集中できないので、
春期講習に行ってもらうことにしました。
4日間だけのコースだし、
塾というところがどんなとこか、
他の小学校の子どもとも交流できるし、
経験にもなると思います。

先日レベルチェックのためのテストを受けたのですが、
平均点よりちょっと低くてちょっとがっかりです^^;
でもテストというものに慣れてないということもありますし、
このテストを受けている子たちは、受験を考えたり、レベルが高めの子だと思うので、
平均点が高めなんじゃないかと、良いほうに考えたり。。

塾の先生は教え方が上手いので、
これを機に勉強が楽しくなってくれるといいなと思ってます。

性格診断もあって、
うちの子は大胆活発、リーダーシップ型、周りのことを考えて行動するタイプ、とあり、
シャイな息子が大胆活発、リーダーシップ型、とは驚きでした。



by martha2nd | 2019-03-04 17:52 | 息子の誕生後 | Comments(0)

二分の一成人式

昨日、息子の小学校の授業参観と保護者会があり、
授業参観では、四年生は二分の一成人式を見せてくれました。
私のころにはこんなイベントなかったけど、
ここ最近はよく耳にする言葉ですね。

息子は「二分の一成人式実行委員」の一人で、
終わりの言葉を述べました。
式そのものは、体育館でダンスを見せてくれて、
その後教室に戻って一人ひとりが、
10年間生きてきて、自分のお気に入りの場所、
自分を成長させてくれた場所について、
原稿を見ずにスピーチしてくれました。

息子が選んだのは「体育館」。
人前でしゃべるのが苦手な息子ですが、
しっかりしゃべっていて感心しました。

小さかった子どもたちがみんなだいぶお兄さんお姉さんになって、
来年は高学年の仲間入りとは。感慨深いです。


by martha2nd | 2019-02-26 17:19 | 息子の誕生後 | Comments(2)

クロールで早く泳ぐコツ

息子は普段日曜日にスイミングに行ってますが、
この間の日曜は、コンサートに行ったので、
振り替えて昨日行きました。
スイミングは赤ちゃんのときから通ってますが、
あとから入ってくる友達がどんどん上達して、
息子は進級が遅いので、本人はスイミングを好きではありません。
いつも辞めたい辞めたいと言ってますが、
肺を強くするための薬と思っていきなさい、と
ずっと続けさせてきました。
でも辞めたいとあまり言うので、
では温かくなるまで休会してみる?と提案し、
昨日息子が泳いでいる間に、3~5月を休会する手続きをしました。

泳ぎ終わった息子を迎えに行くと、
「今日、クロールで早く泳ぐコツを習ったんだ。
あんまり息継ぎをしないほうが良いらしい。
俺、25mを1回も息継ぎなしで泳げたよ。
俺だけだったよ。
コツがわかったからプール辞めない!」
と言いました。
「3月だけ休んで様子見る」と言うので、
またカウンターに寄って、休会を3月だけにしてもらいました。

学んでいることを面白いと思えること、
上達が自分の目に見えて分かること、
そういうのって大事ですよね。


by martha2nd | 2019-02-14 11:46 | 息子の誕生後 | Comments(0)

超久しぶりに

息子が超久しぶりに発熱中です。
学校で3年生が学級閉鎖になっていましたが、
息子のクラスは1人、2人くらいしかインフルの子はいなくて、
そんな中でも息子はずっと病気をもらうことなく元気でしたが、
昨日の夕方から咳がひどく、
今朝熱を測ると39℃。

インフルエンザかなあ。
食事に気を付けているし、逃げ切れると思っていたけど、
さて検査結果はいかに。
発熱から24時間経たないと正確な検査ができないので、
明日病院に行くことになりました。

それにしても、2年生も3年生も皆勤賞で、
前回熱出したのいつだったかな。
小児科の先生に会うのも久しぶりです。
定年退職後に開業されている方なので、たまに先生のほうが元気か心配になりますが、
いつ行ってもお変わりなくダンディーな風貌です。蝶ネクタイで。


by martha2nd | 2019-02-01 09:52 | 息子の誕生後 | Comments(0)

誕生日と発表会

明日は息子の10歳の誕生日です。
そして明後日はピアノの発表会。
今週末はバタバタです。

10年前の今頃は早くから羊水がないから死産するだろうと言われながらも
まだお腹で元気に生きてる子どもの、そして私自身の運命がどうなるかも全く分からないまま、
それでも子どもを助けようとしてくれる病院に転院し、周産期センターのICUにいました。
何かしらの妊娠トラブルを抱えた妊婦がその部屋には7,8人いて、ベッドとベッドの間は薄い壁というか板というかで仕切られているだけ。
横には分娩室もあるので、産みの苦しみに叫ぶ人たちの声も聞こえてきました。
ドラマとかの出産シーンなんて大人しいものです。
もう本当の妊婦はものすごい叫び声でした。

ちょうど今頃のことです。私はなんとなくお腹が痛いなと思っていました。
便意かな??くらいでしたが。
それで、少しでも移動するときは車いすを使うように言われていたので、
ナースコールして車いすでトイレに行きましたが何も出ませんでした。
モニターを付けると定期的に張りが来ていて、
その日は日曜の夜だしスタッフが少ない日でした。
下っ端の若い医師が当直で、おそらく家に帰っている上司から
点滴でできるだけ張りを抑えて、月曜の朝まで持たせるように言われたようでした。
ところが、その若い医師が内診すると、もう赤ちゃんの足が出ているといって慌てて緊急帝王切開に切り替わりました。
その時はもう月曜の深夜2時とかだったかな。
こんな時にちゃんと手術してくれる医師はいるのかなとか心配になり、
看護師さんに、「お医者さんたち寝ぼけてないでしょうか」とか失礼なことを聞いてしまいました。
すると看護師さんは「昼間寝てるから大丈夫ですよ」と笑顔で即答でした。

そんなこんなで手術室に連れて行かれ、麻酔をして手術が始まりました。
手術室は晴天の昼間の屋外よりも明るかったです。
私を内診した医師が「急いでください!足が出てます」と言いました。
何か少し大きなものが取り出されたような感じがして、
「ギィ~、ギィ~、ギィ~」とドアがきしむような音が3回しました。
ん?あれは赤ちゃんの泣き声か?となんとなく思いました。
絶対泣かない(=死)と言われていたのに、泣きました。
頭の近くに立っていた麻酔医が「切ないなあ」と言いました。
4時くらいのことです。

子どもは保育器に入れられ急いでNICUに連れて行かれました。

傷を縫われているらしきとき、
助産師さんが耳元に来て
「赤ちゃんは男の子です。新生児科の先生を足で蹴るくらい元気だったから大丈夫よ」と言いました。

退院までは4か月かかりましたが、
うちの子の奇跡的な誕生を久々に振り返ってみました。


by martha2nd | 2018-09-07 23:51 | 息子の誕生後 | Comments(0)

ガールフレンド

うちの子は最近ある女の子ととても仲が良く、その子がよく遊びに来ます。
うちの子も2,3回、遊びに行きました。

その子は保育園も同じだったけど、その時はそんなに接点はありませんでした。
小学校に入ってから毎年クラス替えがあるにもかかわらず、
4年連続同じクラスで、席替えしても席が近くなることが多く、
意気投合したようです(笑)
2人とも身長体重、ほとんど同じくらいのサイズです。

まだ(たぶん)、お互いを異性として意識してなくて、なんかやり取りが面白い。

息子とその女の子の共通点はもう一つあって、
2人ともお母さんがガンサバイバーだということです。

その子のお母さんは私よりだいぶ若いので、他の若いお母さんたちと仲良くしていることが多く、
私はそんなに話したことはなかったんだけど、2年前、息子が骨折して大きな病院に通っていたとき、
病院の玄関でそのお母さんとばったり会ったことがあったんです。
「誰かのお見舞い?」って聞いたら、
「私、頸癌で」って教えてくれて。
「え~。大変だったね」って、その時は私は乳がんになってなかったから、
どう反応していいかわからないでいました。

その1年後くらいに下のお子さんを出産されたので、
頸癌後に妊娠出来て出産できたんだ、ほんとよかった~~、と思っていたんですが、
人目もあるので、「おめでとう」くらいしか伝えてなかったんです。

でも最近は子供同士が行き来するので、私たち母親もラインでメッセージをやりとりするようになりました。
それで、「実はずっと伝えたかったんだけど」って、下のお子さんのご出産のお祝いを伝え、
また、私も乳がんになったこと、お互い子供たちのために健康に気を付けていきましょう!ということを伝えました。

昨日も遊びに来ていたのですが、
「今日は妹を保育園に迎えに行くから」って、いつもより早く帰っていきました。
しっかりしています。

by martha2nd | 2018-08-21 12:05 | 息子の誕生後 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd