<   2018年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お花見

陶芸の仲間と軽くお花見しました。
夜桜で花見するのは何十年ぶりな気がします。
今日は満月!
それにしても、この間雪かきをしたところに今では桜の花が積もっていて、時の流れの速さを感じ、切なくなりますね。。

人間は死を恐れるというか、地上の命が終わることに抵抗するというか、本質的に皆そうなんだと思います。達観しているような人だって、本当は老いや病や衰えや死は怖いものだと思います。なぜなら、人間が最初に造られた時は、そんなものはなかったのだからです。アダムとエバの罪によって、病と死が入ってきてしまい、それでも何百年かの寿命は与えられていたのに、さらにノアの時代の堕落した人間たちを見て、神様は、人間の齢は120年としよう、とおっしゃり、その通りになりました。現代の遺伝子研究で、人間の寿命は途中病気などにかからず全うできた場合、120年くらいまで生きられることがわかっていて、聖書と一致するのですごいなーと思います。世界のどんなに長寿な人も110歳から120歳くらいまでに亡くなりますよね。

だから、人間は永遠を懐かしむようにできているんだなーと、思います。

明日はキリストの復活を祝うイースター。
「わたしはよみがえりです。
わたしを信じる人は死んでも生きるのです。」
と言ってくださったイエスさまの約束に感謝。

桜の花と満月の写真をどうぞ。
a0107924_21161007.gif


[PR]
by martha2nd | 2018-03-31 20:59 | Comments(0)

十字のパワー

今日はキリスト教暦でいう受難日です。
キリストが十字架にかけられた日を世界中の信者が覚えて過ごします。カトリックとか正教会では、この時期は肉なしで過ごす人たちも多いようです。
3日後の日曜日が、キリストの復活を祝うイースターです。

さて、十字架刑にすることをcrucifyクルーシファイと言いますが、十字形の花をつけるアブラナ科の植物のことを英語では同じ語源からクルーシフェロス科の植物、と呼ぶようです。このクルーシフェロス科の植物の抗がん作用は他の植物より強い!さすが十字のパワー!日本語ではアブラナ科、って至って平凡な名前ですが。

うちのベランダにもアブラナ科の十字の花が今咲いてます。
ダイコン
a0107924_10121500.gif
ルッコラ
a0107924_10123643.gif
うーん、ルッコラの花の周りにはアブラムシがいっぱいですね。アブラムシがつきやすいからアブラナ科というわけではないですよね、アブラナの種から油が取れるからですよね。

他にもベランダでアブラナ科のミズナとナバナが蕾をつけてますが、蕾は菜の花として収穫しようと思ってます。

他にもアブラナ科の植物として、室内でブロッコリースプラウト、ベランダではキャベツとケールと小蕪の成長待ちです。

[PR]
by martha2nd | 2018-03-30 10:05 | Comments(2)

桜満開

今日、祈祷会に行った帰りに自転車を小川沿いに走らせ、上を見上げた時の風景。
a0107924_15222317.jpg
a0107924_15223941.gif


[PR]
by martha2nd | 2018-03-28 15:21 | Comments(0)

たまにはこんな写真も。

たまにはこんな写真も。
a0107924_19564140.jpg


[PR]
by martha2nd | 2018-03-27 19:56 | Comments(0)

スミレとサクラと患者会

今朝の散歩で、スミレとサクラが咲いてました。

a0107924_10592393.jpg

a0107924_10592895.jpg

今日はこれからインターネット上の乳がん患者会で知り合った方々と集まります。北海道から出張で東京に来るという方がいて、すごく段取り良く、この集まりを企画、設定してくださいました。初めて会う方がほとんどで少し緊張しますが、やはり同じ病気の人でないと話せないこともあるから、情報交換してきます^_^

[PR]
by martha2nd | 2018-03-24 10:58 | Comments(0)

健康診断

昨日、10年近くぶりに全身の健康診断を受けました。市で無料で受けられる身体測定的なものは、2、3年前に受けたのですが、胃のバリウムや大腸の検査まで含まれるのは、本当に久々でした。これは、個人事業主として加盟している商工会議所の会員が割安で受けられる健康診断です。

オプションで子宮ガンの検査も付けました。実は子宮の検査が1番受けたくて、ついでに胃や大腸も含む全身を、と思ったのです。子宮をどうして調べたかったかというと、今のんでいる乳がんの薬が、子宮体がんのリスクを少しだけ上げてしまうものだからです。結果的には超音波で見た結果、子宮も卵巣もきれいと言われました。子宮頸部の細胞を取って調べる頸がん検査の結果は、そのうち送られてくるでしょう。若い人に多いがんだから、私は大丈夫かなと思っていますが。

子宮は大丈夫なようでひと安心ですが、内科の先生に、甲状腺が腫れてるようだと触診で言われました(>_<) 数年前に手指が痛いことでリウマチや甲状腺や腎臓を調べたことがありますが、特に問題ないと言われたんですよね。でも、甲状腺機能低下で、手指のむくみなどの症状はあるらしく、最近朝目覚めた時の手指のむくみがほんとに酷くて、甲状腺と関係あるのか、心配になってきました。その内科医に教えてもらった、内分泌系のクリニックに行ってみようかなと思ってます。

それからびっくりしたのが、視力がかなり落ちて両目で0.3しかなかったこと。今時裸眼の人も珍しいので、0.3もあればすごいと言う人もいるかもしれないけど、私史上では1番視力が低く、最近遠くが見えないなーと思っていたのでした。しかも、近くも見えないという。。。遠近両用眼鏡って、46歳手前で作るの、早すぎですかね(^◇^;)

私としては、手のむくみを一番早く解消したいです。とても不快な症状です。顔や足はむくまないのに、手の指だけがパンパンになります。涙。

[PR]
by martha2nd | 2018-03-21 22:30 | Comments(0)

生前整理

3,4年前になるでしょうか。
ここにも書いたと思いますが、私が通う教会の近くに
都内から引っ越してこられたクリスチャンの老婦人が、
教会に来られるようになりました。
私の後ろの席に座っていらっしゃることが多かったり、
歌がお上手で、私も入っていた聖歌隊に加わられたこともあって、
よく話すようになりました。
娘さんが獣医さんで、鳥が大好き、
特にインコやオウムなどのくちばしが丸い鳥が好き、とのことで、
我が家がお世話になっている動物病院の副院長(院長夫人)に似ているなと思い、
確認したら、やはりそうで、そこからはさらに仲良くさせていただいてきました。
年齢も私の父と同じで、とても親しみが湧きました。
病院にお世話になっていたうちの文鳥、ウタが死んだとき、
それまでの治療のお礼のお手紙を娘さんに渡してもらったりもしました。
お孫さんの結婚式の写真をうれしそうにスマホで見せてくれたりもしました。

そのT姉がしばらくいらっしゃっていなくて、
教会の他の姉妹が動物病院に電話をして娘さんに確認されたところ、
1月に脳梗塞で倒れられて、現在意識のない状態で入院中ということが分かりました。
そして、脳の半分が機能していないので、おそらく意識はもうもどらないだろうと。。
T姉は、ご主人亡きあと、娘さん夫婦の住むマンションの別の階に引っ越しされてきましたが、
動物病院は入院中の動物なども多いので夜勤もあったり、動物病院の近くにもう一つ家があったりで、
脳梗塞で倒れてから娘さんが発見するまで、3日ほどあっただろうとのこと。。

T姉は、乳がんの先輩でもあり、私が乳がんを告知されて、
大きな病院に移るための紹介状を持って帰っているときに、
ばったり道端でお会いしたのです。
その時に、乳がんサバイバーだと知っていたT姉に、
お祈りしてください~と頼んだのを思い出します。
「気持ちをしっかり持つことが大事よ。絶対負けないと思って頑張って」と言われました。
動物病院の副院長からは、私の身体を気遣って、
冷え取りソックスと、心のこもったお手紙をいただきました。

そんなわけで、T姉との出会いとご縁は私にとって宝の一つです。
もうお話できないのかと思うと寂しいです。
去年のクリスマスごろのお元気そうな様子を思い出すと悲しいです。

一昨日、娘さんから電話があって、
T姉はいつも私のことを気にかけていて、
体格も同じくらいだから洋服を譲りたい、とお元気なときにおっしゃっていたそうです。
「病院からはお休みを多めにもらって、母の部屋を片付けています。
もう母はこの部屋に戻ることはないだろうから」と
娘さんが涙声でおっしゃいました。
それで、趣味に合うかわからないけど、母の服を見に来ませんか?と。

T姉はとてもオシャレで、いつも素敵でした。
私が着れそうなもの、あるかな。
T姉の思い出に、譲っていただいた服を大切にしたいと思います。
来週、T姉のマンションにお邪魔する予定です。
まだお母さんが生きているのに、部屋を片付けなければならない娘さんの気持ちを思うと切ないですけれど。

[PR]
by martha2nd | 2018-03-16 11:28 | 友達 | Comments(2)

ラスト一回

昨日は通院でした。
ハーセプチンの点滴は合計18回しなければならないと思っていましたが、
1年間という期間が大事ということで、次回の17回で最後となりました。
昨日は久しぶりに血液検査もしました。
私はもともと白血球が低めですが、抗がん剤で骨髄が弱ったのがまだ回復せず、
まだだいぶ低い(2300)です。。でも風邪をひきやすいとかでもないし、
体内に炎症があるときに白血球は上がるものだから、炎症がない証拠だと思ってます。
実際血液検査の炎症反応を示すCRP値は0。
また、腫瘍マーカー2種も全く問題なし。
ほっとしました。



[PR]
by martha2nd | 2018-03-14 15:17 | Breast Cancer | Comments(0)

たまちゃんです。

a0107924_20405097.gif
たまちゃんです。
ゴールデンウィークに実家に帰るので、前の飼い主さんに預かってもらえないか聞いたところ、無理みたいです。家が売れて、再婚も予定してるとのことで、夫と私の実家にそれぞれ年2回帰省する間、たまちゃんはつまり、年に4回は住み慣れた家に里帰りできていたのですが、もう帰る家がなくなってしまいました。これまでにも増して可愛がってあげなきゃ、と思います。ゴールデンウィークは、つくしと一緒にペットホテルだね、たま。

[PR]
by martha2nd | 2018-03-10 20:40 | Comments(0)

中学受験

息子はもうすぐ小学3年生が終わります。
小学校6年のうち半分がもうすぐ終わり。
早いものですね。

今中学受験の準備は、新四年の春休みからしないと間に合わないとか言われていて、
我が家にも塾や通信教育からダイレクトメールが届いたりしています。

中学受験をすると決めてる家庭もちらほら、というか結構あるのか、
塾に行き始めた子たちもいるみたいです。
それで学校でも中学受験の話が友達同士で出るみたいで、
うちの子も「俺もXXXに行きたい!」
と一昨日言っていたので、びっくりしました。
XXXというのはこの辺で人気の都立の中高一貫校です。
俺の班の5人のうち4人がXXXを目指している、俺も含めて、
とか今朝も言ってました(笑)

親としては悩ましいところだな。
徒歩圏内の地元の中学校に行って、そこで頑張って、
近辺の優秀な都立高校(XXXよりも伝統も偏差値もある)に入ってくれたほうが、
安上がりということ以前に、進学実績もいいしねえ。
と、取らぬ狸の皮算用的なことを考えたりしています。
動物愛護の菜食主義者としては「取らぬ狸の皮算用」ということわざも
あまり使うべきではないですね。

息子がどうしてもXXXに行きたいと言うなら、
塾に行かせてみてもいいですけどね。
どうなることやら。

[PR]
by martha2nd | 2018-03-09 11:43 | 息子の誕生後 | Comments(0)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd