<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

息子語録

どの子も面白いことを言うものだと思うのですが、
うちの子も面白かったり、へ~と思うことや、
至極的を射ていることを言ったりします。
ちゃんとメモに残しておくべきだなあ。
さっきある記事を読んでいて、
先日息子が言ったことを思い出しました。
このことだけでも記録しておこう。

私が通院している大学病院には、
天皇陛下の心臓バイパス手術の執刀医がいます。
息子に、そのことを言うと、
「それは、そのお医者さんは、
すごく・・・」


この後、何と言ったと思いますか?
すごくの後に実際に少し間があって、
私は「優秀なんだね」とか言うのかなと思ったんですね。
でも、すごく・・・の後に

「度胸があるね」
と言ったんです。
それは確かに本当にその通りですよね。

[PR]
by martha2nd | 2018-04-27 14:16 | 息子の誕生後 | Comments(0)

つくしが来て5年

a0107924_14313543.jpg



























我が家につくしが来て4月22日で5年でした。
正確には、つくしが事故にあって5年。
我が家に来たのは、入院後の5月7日だからもう少し先ですね。
つくしは本当に美しい猫です。
仔猫の時なんてどんだけ可愛かったんだろう、と思います。
一日3回から4回、人間に膀胱をしぼってもらわないと自分でおしっこもできない身体ですが、
抵抗することもなく、自分の身体を人間に完全にゆだねている感じです。

しかしこの5年で、本当にいろんなことが私に起こったなあ。

流産2回。そのうち1回は手術しなければいけませんでした。
息子が脛の骨を骨折し全治3か月。毎日学校に送り迎え。
実家のある熊本に大地震。
そして乳がん告知に右乳房全摘手術。
抗がん剤。ハゲてカツラ生活。
乳房再建手術。
(5年で3回も全身麻酔。。。)
そして実家の父も大腸がんの診断。
それから私は健康診断で甲状腺の機能が低いかも、、って言われて6月に検査します。←いまここ

多分、つくしがいたからこの5年を過ごせたように思います。
つくしがいなかったらもっと問題にばかりに目を向けてしまって、
暗くすさんだ生活になっていたかもしれません。
つくしの世話をしなければいけないこと、
甘えん坊のつくしにかまってあげなければと思うこと、
そういうことが、いい具合に私の関心を問題から少し反らせてくれたように思います。

もちろん問題ばかりの5年ではありませんでした。
息子は保育園児から小学生に成長し、自分でできることも増えてきました。
息子の成長は何よりの楽しみですね。
学校の勉強も、ピアノもバイオリンも、公文もがんばっています。
癌になったことで癌友がたくさんできました。
野菜作りの楽しみをみつけました。
食べ物に気を付けるようになりました。
これは家族の健康と将来のためにも良かったともいます。

誰にとっても人生悲喜こもごもとは思いますが
まあ私のこの5年だけみると悲の割合がちょっぴり高すぎるような。。
神様、もうちょっとお手柔らかにとも思いますが、
問題がないと祈らなくなり、感謝を忘れるのも人間。

こんな状況だけど、一日一日守られていて、
おいしく食べられて、くすっと笑えるような出来事なんかもあって、
眠る場所があって、友達や家族がいる。
それで十分なのかもしれませんね。








[PR]
by martha2nd | 2018-04-24 14:31 | 動物植物 | Comments(2)

体操教室

息子は跳び箱が得意で、道端でも飛び越えるもの(工事のコーンとか)があれば、なんでも跳び箱風に跳び越えます。背の低い街灯とか柵まで(⌒-⌒; )

それで跳び箱とか習いに行けるところがないか探したのですが、なかなか近くになく、諦めていましたが、なんと先週から地元の中学校を会場に、地域スポーツ振興協会が体操教室を開いてくれることに!!息子が学校帰りにチラシをもらってきて、早速体験教室に行きました。

トランポリンがメインで、跳び箱と鉄棒とマットは週替わりです。体験の日は跳び箱とトランポリンで、息子も楽しかった様子。同じクラスの子も1人来てたし。

野球やサッカーのクラブのチラシをもらっても、全く興味を示さなかったけど、体操教室には行ってみたい、と言ったので、これは!と思い、申し込んだ次第です。

金曜はピアノと体操と習い事のハシゴですが、楽しく続けられるといいなー。
a0107924_14011975.jpg


[PR]
by martha2nd | 2018-04-20 13:49 | Comments(0)

四年生スタート

四年生スタートして2週間目。
息子は初の男の担任の先生です。
初日に帰宅した息子が、
「よし、このクラスなら1年間楽しくやれそうだぞ」と言ったのか印象的でした。

今年度から家庭訪問はなくなり、その代わりに個人面談です。私は明後日の午後、先生とお話ししてきます。

そして最近の息子、ディズニーの「リメンバー・ミー」という映画を2回観て、私もですがすっかりハマりました。そして毎日、映画の中で歌われた歌を歌ってます。息子が本気で歌ってるのを聞いたことがなかったですが、上手い!褒めすぎたせいか、「声優になりたい」と言いだし、複雑な心境の母です(笑)


[PR]
by martha2nd | 2018-04-17 17:59 | Comments(0)

ケガをしました

昨日、スライサーで指先を思い切りスライスしてしまいました。
思い出しただけでくらくらします。
大量に出血はしなかったけど、ちゃんと血が止まるまで3時間かかりました。
痛いし、まるいはずの指先が平らなのがショックで、
右胸全摘後の傷跡よりずっとショックは大きく、
ショック死とはいかないけど、ショック貧血みたいになって、
昨日の夜は抗がん剤投与当日くらい気分悪かったです。
注意していたつもりなのに。。
もうこれからスライサーはゴム手袋をはめてしか使わないぞ。。
私の指先の肉、これから細胞分裂で丸く戻るのでしょうか。
今、斜めにそぎ落とされています。
指先ごときのケガでも痛くて悲しくなります。
だから防げるケガは防ぎましょう。
皆さんもくれぐれも気を付けてくださいね。
痛い話でごめんなさい。

[PR]
by martha2nd | 2018-04-12 14:24 | Comments(2)

最後のハーセプチン

最後のハーセプチンを点滴しに行って来ました。学童保育所に今年度は入れなかったので、昨日から丸一日私と一緒に過ごしている息子も、病院に同行。
a0107924_15125892.jpg
主治医にも紹介しました。

化学療法室は子どもはアウトで、外の待合室でゲーム三昧で待ってました。

私は右側を手術しているので、注射も点滴も血圧測定も左でしかしてはいけないと言われていて、この一年余りで合計21回の点滴を指し、そのうち最初の4回は薬が通った血管が硬くなって使えなくなるほど強い薬なので、私の左手にはあまり使える血管が残ってなくて、手の甲から点滴をすることが多くなってましたが、今日のドクターは、血管探しがうまいのか、腕の裏側に一本使えるのがある、ということで、ラストの点滴はここに指しました。
a0107924_15190996.jpg

この後お昼ご飯を食べて、私の心臓エコーの検査。息子もエコー室に入れてもらえました。がんばって、と口を動かして言ってくれました。

長丁場に付き合わせてかわいそうだったけど、何かしらの刺激になったならと思います。抗がん剤か何かで髪の毛がない幼い子も見かけたし、息子なりに何か感じてくれて入ればいいな。

[PR]
by martha2nd | 2018-04-03 15:11 | Comments(2)

クリスチャン。在宅翻訳やってます。夫と文鳥との生活に奇跡的な誕生をした息子も加わり奮闘しています。


by martha2nd